元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロビオティックの食養生

小島薬局が勧める食養生は、「マクロビオティック」を基本にしています。「マクロビオティック」の良い部分を取り入れ、実践しにくい部分をアレンジしています。食養生は大切ですので、実践できるところから始めてみてください。

1、よく噛んで腹八分目

昔から「腹八分目に医者いらず」といわれます。人間は数百万年以上飢餓の時代を経て、飽食になったのは最近のわずか数十年です。そのため過食に対する生体防御力は不十分で、食べ過ぎはあらゆる病気の原因になります。

2、正しい食事バランス

・歯の作りを考える
人間の歯の構造からみると、合計32本のうち、穀物や豆、芋をすりつぶす臼歯は20本 (62.5%)野菜や果物を噛む門歯は8本(25%)肉や魚を噛み切る犬歯は4本(12.5%)になります。これからみると人間は雑食ですが、草食に近いといえます。欧米食、肉食が増えると食べ違いとなり、血液が汚れて様々な病気の原因になります。

・伝統的な日本食にする
漢方医学には「身土不二」という考えがあります。身体と環境は切り離せないものという意味です。いま自分が暮らしている土地、その季節に自生する食物をとることが大切です。伝統的な日本食は、主食+副菜+汁物という組み合わせです。歯の作りから考えても、主食5割~6割、副菜3割、汁物1割の比率で食べることが望ましいです。

・季節に合わせ陰陽バランスのとれた食事をする
漢方医学では食事の栄養素より食べ物の性質を重視します。食べ物には陰性食、中性食、陽性食があると考えており、このバランスをとり、中庸にすることが大切です。

*陰性食(白、青色の食べ物、葉菜類、熱帯性の食物、多くの飲み物など)  
  白色の食物:白砂糖、白米、精白小麦粉、牛乳、ケーキ、アイスクリームなど
  青物・葉菜類:レタス、キャベツ、白菜、ほうれん草、小松菜、なす、春菊など
  熱帯性の食物:バナナ、パイナップル、キウイ、オレンジ、レモン、トマトなど
  多くの飲物:ビール、清涼飲料水、コーヒー、緑茶、など
*中性食(黄色の食べ物、全粒穀物、豆類など)
  全粒穀物(玄米、アワ、キビ、小麦、大麦、ライ麦、全粒粉パン、全粒粉パスタなど)
  豆類(大豆、あずき、ひよこ豆、レンズ豆など)
*陽性食(赤、橙、黒色の食べ物、根菜類、発酵食品、動物性食品など)
  黒色の食物:黒ゴマ、黒豆、のり、ひじき、コンブ、ワカメなど
  根菜類:ごぼう、レンコン、やまいも、かぼちゃ、大根など
  発酵食品:天然醸造の味噌、天然醸造のしょうゆ、たくあん、梅ぼし、漬物など
  多くの薬味:しょうが、ねぎ、玉ねぎ、ニンニク、にら、しそ、天然塩など
  動物性食品:魚介類、肉、卵、チーズなど
  一部の飲物:紅茶、昆布茶、日本酒、梅酒、甘酒など

3、三食の正しい食べ方
 ・朝食: 朝は「排泄」の時間です。朝食は和食が良いです。薄味で軽めのものにしましょう。動物性食品(肉や卵、チーズなど)は避けましょう。
 ・昼食: 昼は「栄養補給と消化」の時間です。一日のうちでいちばん活動的な時間帯ですので、昼食はエネルギーとなる穀物を中心にしましょう。蕎麦などの麺類もよいです。
 ・夕食: 夜は「吸収と代謝」の時間です。夕食は、一日の疲れをねぎらうため、ゆっくりと食事を食べましょう。陰陽のバランスをとり、和食を中心に好きな食べ物を楽しみましょう。ただし、あまり遅い時間にならないように注意してください。

4、お勧めの食材
 ・主食:主食は玄米が良いです。良く噛んで、ゆっくり食べましょう。もし、様々な事情で玄米食ができない方は、玄米粉「リブレフラワー」をお勧めします。白米2合~3合に「リブレフラワー」を大さじ1杯~2杯入れて炊くだけです。雑穀を混ぜるとなお良いです。これだけで白米が玄米に近づきます。
・副菜: 豆類、野菜、海藻類、芋類などの植物性食品を中心にします。
 きんぴらごぼう、ふろふき大根、切り干し大根、ひじきの煮物、かぼちゃの煮物、野菜サラダ、海藻サラダ、とける緑、豆腐料理全般、納豆、白菜の漬物、タクアン、のりや昆布の佃煮、ごま塩などがお勧めできます。
・汁物: 昆布と干ししいたけでだしをとった味噌汁が最適です。野菜や海藻、豆腐などの具をたくさん入れましょう。
・調味料: 天然の調味料を使い、薄味にしましょう。食卓塩と白砂糖は避けましょう。
自然塩、天然熟成の味噌、天然醸造のしょうゆ、もろみ酢、玄米酢、麦芽水あめ、 黒砂糖、メープルシロップなどを使いましょう。
・飲み物: 3年番茶、玄米茶、麦茶などがお勧めできます。コーヒーは控えましょう。
毒素が溜まりやすい方は、玄米香琲が最適です。
ミネラル豊富な良い水は適量を補給しましょう。飲みすぎは禁物です。

いかがでしょうか?家庭の事情に合わせて、できるところから始めてみましょう。
調理については、マクロビオティックのレシピ本を読んだり、お近くのマクロビオティック教室に通うと良いと思います。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。