元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国製やせ薬の副作用について

皆さん、こんにちは。マイドゥーコラム第14弾は2002年7月号の「中国製やせ薬の副作用について」を加筆訂正したものです。

去る7月18日~19日の新聞紙上で中国製やせ薬による副作用が報道されました。主な副作用は肝機能障害で一部因果関係は不明ながらも死亡例があるとの報道に驚かれた方も多いと思います。いずれも個人輸入の業者や健康食品の販売業者が取り扱っていたようです。今回の事件は以前報道された小柴胡湯事件(コラム「漢方薬の安全性」を参照してください)と形は違いながらも同じような問題を含んでいると感じています。漢方薬を薦める場合はやはり漢方医学による診察と証の決定が重要であるということです。小柴胡湯事件の場合は医師が西洋医学の診察のみで漢方医学の見立てを行わなかったことが問題になりましたが、今回は間に入った業者が漢方医学の専門家でなかったところに大きな問題があります。
 中国においては漢方薬と西洋薬の配合剤は違反ではなく、また全ての成分を記載していないこともめずらしくないのです。例えば以前大変人気のあった消渇丸とういう糖尿病の中国の薬はグリミクロンという血糖降下剤と同じ成分が含まれていました。それを知らずに服用した多くの方が低血糖症状を起こしたことがありました。
今回の痩せ薬もフェンフルラミンという食欲抑制剤が含まれていました。このような成分が記載されていないため取り扱い業者もわからなかったようですが、漢方医学の専門家が間に入らない個人輸入などの方法は非常に危険であると認識していただいたほうが良いと思います。
われわれ漢方医学の専門家では上記のような中国の漢方事情は十分理解していますし、取り扱う中国輸入薬も日本のメーカが技術提携したり日本国内で製品のチェックをして、日本の厚生省で許可された製品のみを扱いようにしております。品質の熟知と正しい漢方医学による見立てがあれば、上記のような副作用はまず考えられません。
自然の薬草を配合した漢方薬は、化学薬品に比べると体にやさしく効果も確実です。体質(証)に合った漢方薬では長く飲むと徐々に体質を改善して、病気の治療や予防に大変有効であることは多くの経験が実証しています。漢方薬を正しく理解して、病気の治療や予防、健康維持に大いに活用していただきたいと心より願っています。

以前に書いたこのコラムを読み返すと、先日よりマスコミを騒がせている「中国製冷凍ギョーザ」の農薬問題と共通の問題があると思います。
以前から私が主張しているように、中国の製品は「玉石混交」といえます。漢方薬は中国が本場ですので、安全で効果の高い製品も多くあるのですが、一部に問題のある製品もあります。私の店ではメーカー及び製品を吟味しておりますので、ご安心ください。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。