元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステロイドについて

皆さん、こんにちは。マイドゥーコラム第11弾は2003年12月号の「ステロイド軟膏について」を加筆訂正したものです。

ステロイドには解熱消炎鎮痛の効果があり、アレルギー疾患には主に外用薬や吸入薬としてアトピーや喘息に良く使われています。近年アトピーにおいてステロイドの外用薬による副作用が問題になっています。ステロイドを皮膚に塗ると比較的早く炎症や浸出液が抑えられます。上手に使って徐々に離脱できると大変良い薬なのですが、漠然と長期に使うと皮膚が萎縮して色素沈着がおこり、この副作用を恐れて急に中止するとリバウンド現象がおきて以前より悪化するという悪循環に陥ることがあります。
これを漢方医学からみると、ステロイドが皮膚の表面の熱毒や浸出液を皮膚の内側に押し込めていると考えることができます。ステロイドはあくまで熱毒や浸出液を中に押し込めて見た目をきれいにしているだけなので、急に中止すると内部に押し込められた熱毒や浸出液が外に出てきてリバウンド現象がおきると思われます。最初に熱毒や浸出液がひどい状態であればよりリバウンドは激しくなり、熱毒や浸出液の程度が軽かったり、ある程度体内に吸収されればリバウンドは比較的軽いと考えられます。
このことより、症状がひどい時にステロイド軟膏を使うと症状は和らぎますが、対症療法でしかないことがわかると思います。最も大切なことは、体内の熱毒や浸出液などの老廃物を解毒して排泄して体質改善を行うことです。
このような体質改善は、私の経験からすると、漢方医学による治療が効果的だと思います。前回紹介した、一貫堂医学と中国医学による体質改善が、現時点では最も有効な方法であると感じております。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。