元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方薬解説「竜胆瀉肝湯」

皆さん、こんにちは。漢方薬解説第14弾は「竜胆瀉肝湯」です。

竜胆瀉肝湯は、中国では数種類の内容があり、日本でも2種類の竜胆瀉肝湯が
あります。
1つは中国の教科書に近い内容の「竜胆瀉肝湯」で日本でも数社から発売されて
います。下記の写真はイスクラ産業より発売されている「瀉火利湿顆粒」です。
効能効果は「比較的体力があり、下腹部の筋肉が緊張する傾向があるものの
次の諸症:排尿痛、残尿感、尿の濁り、こしけ」です。

瀉火利湿顆粒

もう一つは日本の一貫堂という流派が創作した「一貫堂竜胆瀉肝湯」です。これは
コタロー漢方製薬のみが製造販売しています。効能効果は「比較的体力があるもの
の次の諸症:尿道炎、膀胱カタル、膣炎、陰部湿疹、こしけ、陰部痒痛、子宮内膜炎」
です。

一貫堂竜胆瀉肝湯


通常の竜胆瀉肝湯は、竜胆草を主薬として、黄苓、山梔子の配合で肝火を瀉すこと
を補助し、車前子、木通、沢瀉の配合で湿熱を尿から出すことを補助します。生地黄、
当帰の配合で肝陰の消耗を予防して、甘草で全体を調和する構成になっています。
以上の配合により、肝火による”激しい頭痛、めまい、目の充血、目痛、耳鳴、口苦”
など、湿熱による”尿道炎、膀胱カタル、膣炎、陰部湿疹、こしけ、陰部痒痛”などに
効果があります。また、皮膚病にも湿熱タイプが多く見られ、皮膚に”紅斑、丘疹、
びらん、浸出液、耳切れ”などが見られるときに良い効果があります。

一方、一貫堂竜胆瀉肝湯は上記の構成の一つ一つの薬草を減量して、「温清飲」を
配合した内容になっています。一貫堂では、竜胆瀉肝湯は成人の「解毒証体質」の
体質改善に使っています。体質改善に使いますので、清熱の薬草を減量して、肝血
を養う薬草を配合して、長く使いやすいように工夫したわけです。一貫堂の体質改善
については、以下を参照してください。

アレルギーの漢方治療(総論)

アレルギーの漢方治療(治療経験)

通常の竜胆瀉肝湯も一貫堂竜胆瀉肝湯も、共通した薬草が多いので、適応症も
共通している部分がありますが、上記のように本来の目的には異なりがあります。
急性病や症状が強いときは通常の竜胆瀉肝湯を使い、慢性的な解毒証体質には
一貫堂竜胆瀉肝湯を使うと良いと思います。

竜胆瀉肝湯は「清熱、利湿、解毒を併せ持つ代表漢方」です。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。