元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルテイン&アントシアニン

皆さん、こんにちは。

”ファーマシーズサプリ”紹介の第2弾は「ルテイン&アントシアニン」です。

ルテイン&アントシアニン

ルテインとは強い抗酸化作用を持つカロノドの一種で、ほうれん草やブロッコリーなど緑黄色野菜に多く含まれる成分です。特に眼の水晶体と黄斑部存在する主要なカロテノイドはルテインとゼアキサンチンであため、目が正常に機能するために重要な働きをしています。

人に対して害を与える光線としては紫外線が有名ですが、青い光は光線の中で最も高いエネルギーを持つもので、細胞に与えるダメージも強力です。紫外線は太陽から照射されますが、青い光はテレビ、パソコン、携帯電話など多くの家電から発せられています。特に省エネで注目されている青色LEDは、白熱灯よりも55倍の青色光が発せられているそうです。このような社会環境が加齢黄班変性症などの目の難病を増やしているといわれています。ルテインは青色光を吸収する働きもありますので、抗酸化作用と相まって目を保護する効果があるわけです。

さて、水晶体や黄斑部の変性はいったん進行すると完璧に元の状態には戻らないため、予防することが非常に重要で、ルテインをはじめとした抗酸化物質の摂取が有用とされています。ルテインは体内で合成できないため一定量を継続して摂取することが重要になります。ルテインの1日の推奨量は6㎎です。これを食べ物に換算するとほうれん草で1.5~2束、ブロッコリーだと2~3株ですが、継続的に摂取するのは簡単なことではありません。ですから、サプリメントの有効活用がおすすめです。

”ファーマシーズサプリ”「ルテイン&アントシアニン」は、ルテインを1粒中に15mgと高濃度に含み、野生のビルベリー由来のアントシアニンも125mg含んでいます。

眼精疲労から白内障、緑内障、加齢黄班変性症などの目の難病まで、あらゆる目の不調に「ルテイン&アントシアニン」をお勧めします。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。