元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AMHについて

皆さん、こんにちは。

今回はAMHについてお話します。
最近1~2年、漢方相談のお客様からAMHについての質問を多く受けるようになりました。
先日、日本不妊カウンセリング学会・前理事長の佐藤孝道先生の講演を聞く機会があり、ちょうどAMHのお話がありました。

AMHとは、抗ミュラー管ホルモンの略で、発育過程にある卵胞(1次卵胞、2次卵胞、小さい胞状卵胞)から分泌されるホルモンです。FSHの影響をあまり受けないため、一般に卵巣内にどれぐらい卵の数が残っているか(卵巣の予備能がどれほどか)を反映するといわれています。
病院の検査でAMHが低いと言われショックを受けているお客様も見られますが、AMHは妊娠率とはほとんど関係がないそうです。また、AMHの数値がとても低い方でも自然妊娠している人はたくさんいるようです。

ところで、原始卵胞は思春期に20万~30万個あり、その後は1ヵ月に約1000個の原始卵胞がなくなるといわれています。そして、閉経になった時は1000個になるそうです。つまり、閉経しても原始卵胞がゼロになるわけではないのです!

ではAMHを測定する意味ですが、AMHが低い場合は卵子の残りが少ないので、体外受精などの不妊治療ができる期間が限られてくるということを意味しています。特にロング法など卵巣に負担のかかる高刺激の採卵法は避けたほうが良いということです。

病院は忙しいためかAMHの検査値を伝えた後の説明が不十分のようで、このようなことをお話すると安心するお客様が多くおられます。

ただ、AMHは卵巣機能の目安にはなりますので、数値が低い場合は強力に補腎する必要があります。
漢方医学では加齢による卵巣機能の低下を「腎虚」と考えています。「腎は精を蔵し、生殖を主る」といわれており、腎を補うことで加齢による卵巣機能の低下を防止して、改善することができます。特に鹿角・亀板・羊胎盤などの動物性の補腎薬は「血肉有情之品」といわれ、腎精を補う効果が非常に優れています。

このような「補腎薬」や卵巣の血流を良くする「活血薬」、質の良い血を作る「養血薬」などを体質や生理周期にに合わせて適切に服用することで、AMHが低い方でも自然妊娠することができます。また、体外受精される時に質の良い卵子が取れたという方もいます。

AMHが低いと言われても心配し過ぎずに、ぜひ漢方薬をお試しください!

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。