元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方薬解説「通楽」

皆さん、こんにちは。

漢方薬解説第73弾は「通楽」です。
「通楽」は新日本漢方株式会社が開発したオリジナル配合の漢方製剤(保健食品)で、【金匱要略】を出典とする淤血を改善する漢方薬「大黄ジャ虫丸」を現代の病気に合わせてかなり改良を加えた製品といえます。

通楽

成分は、水蛭、シャチュウ、田七人参、野牡丹、刘寄奴、三棱、莪术、路路通、白桦茸、鸡内金、佛手、大枣になります。
主薬の水蛭は性味は鹹・苦・平、帰経は肝で、”破血逐淤”の効果があります。血液をサラサラにして淤血を改善する効果ですが、現在市販されている活血薬の中では最も強力な作用があります。さらに、シャチュウ、野牡丹、刘寄奴、三棱、莪术を加えて、淤血を改善する効果を強化しています。
三棱、莪术、白桦茸、鸡内金には軟堅散結という筋腫や嚢腫などの固まりを柔らかくする効果が期待できます。佛手、路路通は気の流れを良くします。
田七人参、大枣の配合は気血の消耗を防ぎ、出血を予防しますので、活血薬による副作用を防止する意味があります。
主薬の水蛭の量が比較的多く配合のバランスも優れているため、子宮内膜症、慢性頭痛、心臓病、糖尿病、脳梗塞後遺症、肝硬変、リウマチ、関節痛などの慢性化した陳久淤血によい効果が期待できます。

水蛭は長い歴史があり、主成分のヒルディンは世界で最も有効・安全な凝血酵素制御剤だと言われています。「通絡」は、慢性化した陳久淤血による様々な疾患、通常の活血薬で効果が得られない疾患などに福音となる漢方製剤です。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。