元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱中症にご注意ください!

皆さん、こんにちは。

今週に入って本格的な暑さになってきましたね。
今朝のニュースでは、昨日に熱中症で倒れた方が全国各地で848人に上り、静岡県でも19人が熱中症とみられる症状で救急搬送されたそうです。

熱中症とは、体温の上昇によって体内の水分や塩分が低下し、脳への血流も不足してその機能まで低下してしまう状態です。漢方医学では熱中症を「中暑」といいます。
対策としては冷却と水分補給が基本ですが、昨日のニュースを見ると気をつけていても熱中症の症状になる方も多いようですね。特に高齢者は命の危険もありますので、注意が必要です。

熱中症は暑さによる発汗などで脱水状態になるのですが、ただ水を飲めばよいのかというと、そう単純な話ではありません。よく1日2リットル以上の水分補給という方がいますが、、ふつうはそんなに水ばかり飲めるものではありません。特にお年寄りやもともと胃腸が弱い方が水だけを摂り過ぎると、胃酸を薄めてしまうので消化不良になったり、胃腸の働き自体を悪くしてしまう事もあります。 また、身体が冷えやすい人やむくみやすい人は水分代謝が悪いので、たくさん水を飲むとかえって具合が悪くなってしまいます。

このようなときに、漢方薬は予防にも熱中症の症状改善にも大変効果的です。

予防法は体質により異なりますが、気と潤いを補う「麦味参顆粒」「西洋人参」などが効果的です。胃腸が弱く体力がない方は「清暑益気湯」「参苓白朮散」などがお勧めできます。
当店のお客様には、暑い夏にゴルフや登山、ランニングをする方に、スポーツドリンクに「麦味参顆粒」を溶かして、適宜補給することを勧めています。
一方、熱中症の症状改善には「白虎加人参湯」が有名です。意識が弱い場合は「牛黄」を含む漢方薬が効果的です。特に「牛黄清心丸」は牛黄の量も多く効果的ですので、1丸をお守りのように持参しておくことを勧めています。

暑い夏を乗り切るために、漢方薬を上手に利用することをお勧めします。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。