元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方薬解説「独歩丸」

皆さん、こんにちは。漢方薬解説第10弾は「独歩丸」です。
独歩丸は商品名で、正式な名称は「独活寄生湯」といいます。

20071130160750.jpg


独歩丸の効能効果は「疲れやすく、下肢が冷えやすいものの次の諸症:
腰痛、関節痛、下肢のしびれ・痛み」です。
独活寄生湯の名前の通り、独活と桑寄生という、風湿を除き痛みしびれ
を和らげる薬草が主薬です。痛みを和らげて筋肉や骨を丈夫にするため
に、牛膝、杜仲という腎を補い筋骨を丈夫にする薬草、秦艽、防風という
風湿を除く薬草、桂皮、細辛という温めて経絡を通じさせる薬草を配合
して効果を高めています。
さらに、党参、茯苓、地黄、当帰、川弓などの気血を補い、体力を強化
する薬草を配合しています。

以上の配合により、独歩丸は慢性腰痛、関節痛、リウマチ、手足の痺れ
などの各種の痛みに効果的です。特に冷えると痛みが悪化する方、雨天
前などの湿気が多いときに悪化する方、疲れると痛みが悪化する方に
良い効果があります。
また、長く服用すると骨を丈夫にすることができますので、骨粗鬆症の
予防にも効果的です。

価格は270丸入(15日~22日分)で4589円、540丸入(30日~45日分)
で8663円、1080丸入(60日~90日分)で15225円になります。

独歩丸は「骨を丈夫にして、痛みを和らげる漢方薬」です。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。