元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊症新製品の紹介

皆さん、こんにちは。

マイドゥーコラム第36弾は、2012年3月号の「不妊症新製品の紹介」を加筆訂正したものです。

今回は不妊症専門の新製品を紹介します。この不妊症の新製品は私のアドバイスも取り入れられおり、本当に素晴らしい製品になりました。
周期療法とは、生理周期(生理期、低温期、排卵期、高温期)にあわせて漢方薬を使い分けて、妊娠の確率を高める方法です。周期療法では低温期を「陰」の時期、高温期を「陽」の時期と考えて漢方薬を使い分けています。
今回の新製品は、低温期には陰を補う「益陰」、高温期には陽を補う「益陽」という分かりやすい名称にして、周期療法専用に開発されています。

益陰・益陽

益陰(えきいん):陰を養う効果に優れた、亀板・女貞子・旱蓮草・阿膠などに胎盤エキスを配合しています。卵子を成熟させる枸杞子・山茱萸も配合していて、周期療法の低温期に最適な配合です。
益陽(えきよう):陽を養う効果に優れた、鹿角・仙茅・肉従容・人参などに胎盤エキスを配合しています。流産防止効果のある補骨脂・続断も配合していて、周期療法の高温期に最適な配合です。
益精(えきせい):精を養う効果に優れた、鹿角・亀板・黒蟻・肉従容などに牡蠣肉エキスを配合しています。精力増強作用のあるマカも配合していて、男性不妊に最適な配合です。
麦芽錠(ばくがじょう):ストレスを和らげてプロラクチンを下げる効果のある麦芽・代々花に消化を助ける山査子・神曲を配合しています。麦芽の粉薬は飲みにくかったのですが、錠剤になって飲みやすくなりました。

いずれもとても特長があり、従来の周期療法をさらにグレードアップすることが期待できます。
女性の体は生理周期によって女性ホルモンの分泌が異なりますので、周期療法は大変効果的です。小島薬局漢方堂では、この周期療法で毎年約50人の方が妊娠しています。

不妊症でお悩みの方は、信頼と実績の当店にご相談ください。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。