元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

排尿障害と漢方薬②

皆さん、こんにちは。

今回は「排尿障害と漢方薬」の続きです。

4、排尿障害の漢方治療
腎機能の低下や抗利尿ホルモンの異常、前立腺肥大症、尿失禁、過活動膀胱などの排尿障害は、すべて老化現象と関係がありますので、漢方医学では腎虚と考えています。腎を補うことが排尿障害を改善する基本といえます。ただし、前立腺肥大は腎虚の上に瘀血や痰湿が前立腺に溜まっていると考えます。
一部の尿失禁は筋力不足により中気が下陥している方もいます。また、心因性の排尿困難は肝気の鬱滞や心腎のバランスの乱れが関係しています。
腎虚には、腎陰虚、腎陽虚、陰陽両虚の3つのタイプがあります。
腎陰虚:老化によって体内の水分が減って、乾燥するタイプです。やせ気味の方が多く、頬に赤みがあります。排尿障害でも尿量は少なく、尿の色は黄色で濃いことが多いです。六味丸、杞菊地黄丸、瀉火補腎丸などが効果的です。
腎陽虚:老化によって体内の陽気が消耗して、冷え性になるタイプです。やせ気味の方も太り気味の方もいますが、色白の方が多いです。排尿障害でも尿量が多く、尿の色は透明で薄いことが多いです。八味地黄丸や牛車腎気丸、参馬補腎丸などが効果的です。
陰陽両虚:腎陰虚や腎陽虚が進行したもので、腎陰虚と腎陽虚の症状が混ざって現れます。ですから、腎陰を補う漢方薬と腎陽を補う漢方薬を併用します。ただし、腎陰虚と腎陽虚の症状の度合いや舌の色などを診て、補腎陰と補腎陽の漢方薬の比率を調整する必要があります。
さて、前立腺肥大は上記の腎虚の上に淤血や痰湿が溜まっています。体質に合った補腎薬に、淤血を改善して痰湿を除く桂枝茯苓丸水快宝を併用すると効果的です。また、ノコギリヤシは前立腺を小さくする効果があります。
筋力不足による尿失禁は、腎虚の上に中気下陥もありますので、体質に合った補腎薬に、中気下陥を改善する補中益気湯を併用すると効果的です。
心因性の排尿障害は、肝気の鬱滞や心腎の不交が関係します。肝気鬱滞には四逆散柴胡桂枝干姜湯が効果的です。心腎不交には清心蓮子飲天王補心丹が効果的です。
体質や原因に合わせて漢方薬を服用すると、排尿障害が徐々に改善していくと同時に、様々な老化現象も同時に改善していきます。

5、排尿障害の予防に効果的な漢方製剤
排尿障害の予防は、老化による腎機能の低下を防止することにあります。ですから、補腎薬によるアンチエイジングがとても効果的です。排尿障害は「予防に勝る治療はなし」といえます。
補腎薬は上記の漢方治療と共通するところがあります。補腎薬は予防にも治療にも使うことができます。

6、日常生活の注意
・良く噛んで腹八分目:ゆっくり噛んで食べることで過食を防止して、腹八分目で肥満を予防します。
・ストレスをためずによく笑う:「笑う門には福来る」、つまらないことに腹を立てないようにしましょう。
・適度の運動を心がける:適度な運動で血行を良くして、イキイキとした血液を作りましょう!

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。