元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭痛と漢方薬②

皆さん、こんにちは。

今回は「頭痛と漢方薬」の続きです。

4、頭痛の漢方治療
漢方医学では、頭痛を老廃物といえる邪気が滞っている「実証」と気血などの栄養が不足している「虚証」に分けて、頭痛がおきにくい体質に改善することを重視します。
慢性頭痛は、肝鬱化火型(かんうつかかがた)、気滞淤血型(きたいおけつがた)、痰濁中阻型(たんだくちゅうそがた)、気血不足型(きけつふそくがた)、肝陽上亢型(かんようじょうこうがた)の5つのタイプが多く見られます。
・肝鬱化火型は慢性のストレスにより肝気が滞り、化火した実証タイプです。怒りっぽく高血圧傾向で、ズキンズキンという拍動性の頭痛の方に多く見られます。竜胆瀉肝湯、柴胡加竜骨牡蠣湯、釣藤散などが効果的です。
・気滞淤血型はストレスや冷えにより血液循環が悪くなり、淤血を生じる実証タイプです。肩こりを伴うことが多く、刺すような痛みが特徴です。冠元顆粒、血府逐淤丸などが効果的です。
・痰濁中阻型は水分の取りすぎや湿気が多い環境、胃腸虚弱の体質などにより、痰湿が生じる実証タイプです。雨天前に悪化し、締め付けられるような痛みが特徴です。半夏白朮天麻湯、温胆湯などが効果的です。
・気血不足型は胃腸虚弱や過労、出血などにより気血が不足する虚証タイプです。疲れやすく、貧血気味でシクシクと痛むことが特徴です。補中益気湯、帰脾湯、婦宝当帰膠などが効果的です。
・肝陽上亢型はパソコンの使いすぎや加齢により、肝腎の陰血が不足し、肝陽が上昇する虚実挟雑したタイプです。更年期に良く見られ、頭が張ったように痛むことが特徴です。杞菊地黄丸、降圧丸などが効果的です。
また上記以外にも、冷えや吐き気を伴う頭痛には呉茱萸湯が効果的です。
体質に合わせた漢方薬を服用すると、長年の頑固な頭痛も、いつの間にか忘れることができます。

5、肩こりに効果的な漢方製剤
慢性化した肩こりは、ストレス・冷え・不自然な姿勢などで筋肉の緊張が続き、血流が停滞して乳酸などの疲労物質がたまることで起きます。よって、緊張を和らげて血流を改善することが大切です。
血流を良くして肩こりを改善する漢方薬としては、冠元顆粒が良く使われています。冷えが原因となる場合は、婦宝当帰膠を併用すると効果的です。ストレスが多い場合は、加味逍遥散を併用すると効果的です。
漢方薬は血行を良くする効果が優れていますので、肩こりの解消にぜひ漢方薬をお試しください。

5、日常生活の注意
・良く噛んで腹八分目:ゆっくり噛んで食べることで過食を防止して、腹八分目で肥満を予防します。
・玄米や雑穀を主食にした和食にする:日本人には和食が合っています。主食は未精白の穀物にしましょう!
・規則正しい生活を心がける:同じ時間に起床するように心掛け、十分な睡眠をとりましょう。
・ストレスをためずによく笑う:「笑う門には福来る」、つまらないことに腹を立てないようにしましょう。
・適度の運動を心がける:適度な運動で血行を良くして、イキイキとした血液を作りましょう!

慢性の頭痛や肩こりに漢方薬は大変有効です。西洋薬は痛み止めを中心とした対症療法なのに対し、漢方薬は体質改善を中心とした根本療法になります。お困りの方は、ぜひ漢方薬をお試しください。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。