元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学術シンポジウム

皆さん、こんにちは。

一昨日は日本中医薬研究会とイスクラ産業が共催する学術シンポジウムがありました。私は今年から日本中医薬研究会の学術委員長に4年ぶりに復帰したため、今回のシンポジウムの責任者となりました。
日本中医薬研究会としては東日本大震災後の最初の大きなイベントになりますので、少しプレッシャーもありました。今年の3月頃からは、このシンポジウムのために大きなエネルギーを注いできました。

今回は「活血と補腎の全てを知り、お店で活かそう!」という大きなテーマで、縦軸に”淤血の歴史と補腎薬の歴史”、横軸に”活血薬と補腎薬の使い分け”を発表して、全貌をつかんでもらいました。さらに活血薬の代表である”冠元顆粒”と動物性補腎薬の代表である”参茸補血丸”の最新の薬理研究と過去の薬理研究の総まとめの発表を行いました。とても中身の濃い4時間半のシンポジウムとなりました。

今回は私は基調講演の”淤血の歴史と臨床応用”とパネルディスカッションの座長を引き受けました。

2011学術シンポジウム①
基調講演

2011学術シンポジウム②
パネルディスカッション

当日は台風が近づいてきて悪天候だったのですが、多くの会員の先生方が参加してくれました。
学術委員のメンバーやイスクラ産業の中医学講師やスタッフの協力のおかげで、大盛況の学術シンポジウムとなりました。今回のような大きなイベントを行う時に、「中医学の普及による健康への貢献」、「病気で悩んでいる方の救済」という、同じ志を持った会員の大きな力を感じます。

翌日は不妊症の勉強会、大阪と名古屋の漢方薬局の見学を行い、大きな英気を養ってきました。
最近はとにかく忙しいので、ブログの更新が遅れがちですが、時間を見つけて良い情報を提供できるようにいたします。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。