元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武漢と湖北中医薬大学の旅④

皆さん、こんにちは。

今回は3月22日の湖北中医薬大学での客員教授授与式と講演会の話をします。

当日の朝は、ホテルまで湖北中医薬大学の車が迎えに来てくださり、20分くらいで大学に着きました。5年前にも訪問していますが、とても広く立派なキャンパスです。

湖北中医薬大学正門
王 華学長がデザインした正門

傅 萍海外教育学院院長が迎えてくださり、午前中に客員教授授与式、午後から講演会となりました。王 華学長は大変忙しく、この日も午後から会議が入っているということで、午前中が授与式となった訳です。
広い応接室で王 華学長から湖北中医薬大学の歴史や教育システム、臨床成果などの説明をしていただき、授与式となりました。

客員教授授与式
王 華学長から客員教授の証書をいただきました。

客員教授証書
客員教授証書

客員教授授与式が終わってから、中薬標本館を見学して、留学生会館の食堂で昼食を食べました。午後からはいよいよ大学生及び大学院生を対象とした講演会です。
テーマは「一貫堂医学による体質改善とアレルギー疾患の治療」で、寇 華勝先生に通訳をお願いしました。
講演前に傅 萍院長から丁寧に略歴を紹介していただきました。

湖北中医薬大学講演会①
最初だけ中国語で挨拶しました。

湖北中医薬大学講演会②
会場は満員です。

湖北中医薬大学講演会③
寇 華勝先生のスムーズな通訳にも助けられ、順調に進行しました。

講演会は予定通り1時間10分で終了して、質疑応答に入りました。ところが、学生の質問が予想外に多く、結局2時間半に及ぶ大盛況の講演会となりました。いろいろな質問がありましたが、今回のテーマと関係ない2つのユニークな質問が印象的でした。

学生 : 中国語で“晃”は揺れ動くという意味がありますが、小島 晃は小島が揺れ動くとなり地震みたいです。なぜそのような名前なのですか?
私 : 小島は先祖から頂いた名字で変えようがなく、晃は揺れ動くではなく、日(太陽)の光なので、皆を明るく照らすという意味です。


学生 : 日本での地震は中国でも大きく報道されています。日本人は忍耐強くパニックになっていません。そのような国民性はどうしてですか?
私 : 日本人は伝統的に感謝と助け合いの精神があります。それは、良いことがあったから感謝するのでなく、今あることに感謝する気持ちです。目があって感謝、空気があって感謝、太陽があって感謝など、天の恵みに感謝する気持ちです。ですから、地震があっても生きていることに感謝して、お互いに助け合う国民性があるのです。


この2つの回答は中国の学生さんにも受け入れられ、大きな拍手をいただきました。
武漢は去年に日本人へのデモがあった地域でしたが、そのような印象はなく、熱心な学生たちと良い交流ができました。

今回の客員教授は、私が今までいただいた多くの賞や資格の中でも、最も光栄な受賞となりました。このような機会をいただけたことに感謝するとともに、この受賞に恥じないように今後も中医学を研鑽していきます!

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。