元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靴ずれ悪化に紫雲膏

紫雲膏レポ

紫雲膏レポ2枚目


漢方相談員の峯崎です!
実家に帰省したときに、大変貴重な経験をしました。
靴ずれを悪化させてしまい、そこから紫雲膏の凄さを実感しました。
あまり目立たない存在の紫雲膏ですが、使い方によってはパワーを
発揮するようです。
みなさまにご報告しようと思い、まとめてみました。
ぜひご意見や、また違う発見などを教えていただけたらと思います。
もちろん異論や例外もありがたいです。大変勉強になります。


紫雲膏~靴ずれによる痒み・赤みへの応用~

2007年8月6日~12日まで鹿児島へ帰省。
7、8、10日のあわせて3日間、実家の店で勤務。
業務内容はカウンターで立ち接客販売が主。
8日と10日、立ち仕事に楽なサンダルを履く。(写真①)
甲の部分に3本ベルト。姉のもので履き古してある。
サイズがやや小さいが、ベルトをゆるめて使用。
靴下も履く。

<治療経過を追って考察>
■7日夜ごろ
右足内側の側面中央部分に小さな丘疹4つ。わずかな痒みを伴う。(イラスト①)
■8日
痒みがすこし強い。湿疹箇所がちょうどサンダルのベルトと同位置のため、
サンダルのベルトがこすれて湿疹が出たものと判断。
特に漢方は使用せず、
治療A)消毒後、液体ムヒS(又はムヒアルファEX)を使用。
サンダルを履き続けたため、湿疹がやや増える。が、痒みはやや緩和。
■10日まで同処置。10日以降、靴を替えたため、あまりひどくなることはなかった。
■12日沼津へ戻る。
夕食後一度湿疹に触れると痒みが始まる。かくと痒みが増し、かなりの強さでかく。
かくのを止めてわずかな時間後、紫に近い赤み、熱感、腫れ。
以前の湿疹のまわりに新たに細かな湿疹が3つほど出る。
新しい湿疹のほうが痒みが強い。
治療B)消毒、消炎、清熱に瑞花露ローション
   +液体ムヒS(痒いとき頻繁に)
■13日~15日
赤みはわずかにひいたものの触れるとかゆみが発生。
同処置。
赤みが落ち着いたものの暗い紫っぽい赤みが強く
裸足になるとかなり目立つ。

■15日
林建豫先生に相談。
瑞花露ローションではなく、紫雲膏がいいとのこと。
治療C)きれいに洗った後、紫雲膏を多めに塗る。
   ガーゼ無いためティッシュで被い、サポーターで固定。
   15日夜就寝時~16日朝まで着用。

■16日朝
かなり赤みがひき、まわりの皮膚とほぼ色が変わらない状態まで回復。(写真②・③)
紫雲膏をたっぷり塗り16日は一日中装着。(写真④)
ガーゼとネット包帯使用。仕事のため靴下を重ねた。
ガーゼにかなり浸透するよう。
ガーゼで被った場合も、色の薄い衣類は避けたほうがよさそう。
■16日夜~現在は塗っていないが赤みがひいているもよう。(写真⑤)

<組成・生薬別効能>
全量1605gから得られる紫雲膏は約1300g。

当帰  甘辛苦温 心肝脾  補血調経、活血行気、止痛、潤腸通便   100g
紫根  甘鹹 寒 心肝   涼血活血、解毒透疹、利小便滑腸     100g
胡麻油 甘  平 脾肺肝腎 滋養肝腎、補益精血、潤燥滑腸     1000g
蜜蝋  保湿、殺菌、被覆、保香、角質をやわらかくする、消炎     380g
    ミツバチが巣を作るときに分泌するワックス。
    ミツバチは体内に入れた花の蜜の一部をロウとして分泌。
    それを口の中で20分くらいかみつづけたもの。巣を作る材料。
    ミツバチの巣を煮て抽出。成分中にプロポリスも含まれるらしい。
    (プロポリス→殺菌、抗菌、免疫力アップなど)
    >露鋒房に近いとしたら、、、
    微甘 平 肝腎胃  解毒療瘡、散腫止痛、キョ風除痺、益腎
      (有毒)
豚脂     平  豚の脂肪(ラード)                25g

<総合的な効能> 
清熱解毒、透疹潤肌、涼血活血、キョ風止痒  と予測。
外用薬なので潤腸はやや考えにくい。
webページで紹介されている効能としては止血、消炎、細胞の代謝促進など。
今回使用したことにより、透疹、潤肌、清熱、涼血、解毒、活血
が考えられた。
湿疹の湿、赤み、痒みをとるが、乾かさず潤す感じである。
性> 消炎ということで温よりは涼に傾いているよう。
味> 甘味が主。補、和、緩。
   やや鹹辛苦あり。軟堅、清熱、燥湿も作用として考えられる。
   外用薬としての効果は早いと思われるが、薬効は穏やか。

<主治>
風湿熱、血熱、オ血内停
紅斑、丘疹、色素沈着、患部の熱感、痒みを伴うものに。

<今回の注目点>
●色素沈着
ムヒを治療薬として大量に使用している途中、赤みが徐々に暗く紫色に変化。
ステロイドが含まれているかきちんと把握しておらず安易に使用ため、
色素沈着したと考えられる。
※液体ムヒSとムヒアルファEXはステロイドが配合されている。
 液体ムヒS → 酢酸デキサメタゾン(5群)
 ムヒアルファEX → 吉草酸酢酸プレドニゾロン(PVA)(3~4群)
紫雲膏を一晩塗って翌日朝、かなりの改善がみられた。
●痒みについて
紫雲膏をつけている間、患部にわりと強い熱感と痒みが
数秒間起こることが数回あった。数秒なので我慢できる。
紫雲膏を塗りなおすとき痒みはだいぶやわらいだ感じがあるが、
触るとぶり返す感じも残っている。
痒みは紫雲膏だけで治まりきれるかは疑問。

<使用中の注意>
紫雲膏を塗り、歩いたとき床などに着かないようガーゼで保護した。
4時間ほどでガーゼに油分が浸透し、紫雲膏は固まりになるので
取り替える必要あり。
ガーゼが紫色になるので、重ねて服を着る場合は注意。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。