元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲南皮膚病研修①

皆さん、こんにちは。

先週の10月31日~11月4日まで、雲南省の昆明と西双版納に行っていました。
今回の目的は雲南省中医医院での皮膚病研修と西双版納の中国科学院熱帯植物園の見学及び観光です。
10月31日の夜に昆明に着いて、11月1日が雲南省中医医院での皮膚病研修でした。

雲南省中医医院
〈雲南省中医医院の正門、皮膚科は別棟にあります〉

今回は雲南中医学院出身でイスクラ産業中医学講師の楊 達先生に案内していただいたおかげで、雲南省中医医院副院長で皮膚科教授の葉 建州先生の臨床見学と講義を聞くことができました。楊 達先生は雲南中医学院の第1期を首席で卒業した天才で、皮膚病を専門としています。来日していなければ現在は確実に教授として偉い立場にいた先生で、今回研修を受けた葉 建州先生の先輩にあたります。
実は私は12年前に楊 達先生の皮膚病講義を受けて、その後にアトピー性皮膚炎や慢性蕁麻疹、ニキビ、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症などの皮膚疾患の治療効果が劇的に上がった経験があります。それ以来、楊 達先生とは深い交流を続けていましたが、今回初めて一緒に昆明に行く機会に恵まれました。

葉 建州先生と楊 達先生
〈真ん中が葉 建州先生、左側が楊 達先生〉

さて、葉 建州先生は非常に有名な中医師なので、雲南省全域から様々な皮膚疾患が来るそうです。私たちが臨床見学した2時間弱に間に約20名の患者を診察しました。疾患としては、尋常性乾癬、慢性湿疹、ニキビ、老人性皮膚掻痒症、ジベルバラ色粃糠疹、円形脱毛症、帯状疱疹後遺症などが見られました。今回はアトピー性皮膚炎の患者は来ませんでしたが、私たちの見学が終わった後に2名のアトピー性性皮膚炎の患者が来たそうです。非常に手際よく診断して、約束処方をベースに自在に加減していました。外用煎じ薬も良く使っており、患者ごとに加減した処方を煎じて皮膚にシップするそうです。この外用療法も効果を高める秘訣だと言っていました。

葉 建州先生の診察風景
〈葉 建州先生の診察風景〉

処方内容を見ると、日本で楊 達先生から教わった処方と非常に類似しており、日本ですぐに応用できる内容が多かったです。良く使っていたのは、湿熱に竜胆湯竜胆瀉肝湯の加減)、血熱に涼血止痒合剤涼血清営顆粒五涼華の加減)や消1号(犀角地黄湯と五涼華の加減)、熱毒に皮4号(黄連解毒湯)などがありました。尋常性乾癬は解毒の薬草をさらに強化していました。慢性化した場合は、建脾養血滋陰の薬草を配合していました。ニキビは座瘡合剤(枇杷清肺飲の加減)や五涼華を良く使っており、女性には加味逍遥散二至丹などの自律神経とホルモンを調整する漢方薬を併用することが多かったです。
外用煎じ薬は潤風止痒散(霍香、香需、茵陳、透骨草)をベースに、皮膚症状で苦参、黄連、馬歯見、丹参、我朮、玄参などを加減していました。
外用法ですが、①外用煎じ薬を1~2時間水に漬ける、②10分くらい煎じる、③器に移してシップ或は入浴剤にする、という方法を指示していました。

今回の研修によって、私の今までの皮膚病の治療方針が間違っていないことを改めて確認することができました。さらに外用煎じ薬のシップ法という新しい知見を得ることができ、非常に充実した研修となりました。

次回は西双版納の熱帯植物園についてアップします。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。