元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しみの漢方治療について

皆さん、こんにちは。

マイドゥーコラム第31弾は、2005年6月号の「しみの漢方治療について」を加筆訂正したものです。

しみは顔面、とくに目や口の周囲にできる、褐色から黒褐色の色素沈着です。一般に中年以後の女性に多いといわれていますが、日焼けサロンの影響やホルモンバランスの乱れにより若い女性にも見られるようになっています。しみができる原因は、日光に含まれる紫外線や、化粧品による刺激、ストレス、加齢、長期間にわたって塗り続けた医薬品の影響、またアトピー性皮膚炎や脂漏性角化症などがあります。また妊娠で生じたり、子宮や卵巣の病気とともに発生したり、また経口避妊薬ピルの連用によっても生じたりしますので、ホルモンバランスの変調によってもしみができると考えられています。
しみは肝斑といわれるように、肝の働きと関係が深く、血液の汚れ(淤血)とも関係が深いと考えています。漢方医学では肝には気血の流れを調節しスムーズにする大切な役目があると考えています。ストレスが多くホルモンが失調すると肝の働きが鈍くなり、気血を巡りが悪くなり、淤血が生じてしみになります。よって肝の働きを良くして血液をきれいにすることが漢方治療のポイントになります。肝の働きをよくして気血の流れを改善し、ストレスを和らげる「加味逍遥散(かみしょうようさん)」や「芎帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)」が良く使われます。

色素沈着が強く頑固な淤血があるときは「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」や「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」を併用します。便秘があるときは「通導散(つうどうさん)」や「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」を併用します。老化現象で皮膚の張りがないときは「胎盤エキス」や「瓊玉膏(けいぎょくこう)」を併用します。

最近ではチベットで採れる「紅沙棘(ほんさーじ)」という薬草のオイルが美容や美肌によいとされ、お肌の老化予防に効果的です。

当店は女性スタッフもおりますので、美容についても安心してご相談ください。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。