元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体を潤すと老化を防止できる②

皆さん、こんにちは。

マイドゥーコラム第28弾は、2008年8月号の「体を潤すと老化を防止できる②」を加筆訂正したものです。

皆さんご存知のように、老化すると体の水分が減って、皮膚はしわやしみが増え、目は乾燥してきます。それだけでなく、様々な臓器が潤いと栄養を失い、記憶力の低下、更年期障害、歯槽膿漏、骨粗鬆症、耳鳴り、脱毛、白髪などの老化現象が見られるようになります。
体を潤し老化を防ぐためには、陰性で体を冷やす「水」を大量に飲んでも効果はなく(むしろ逆効果になることも多い)、「補腎薬」が効果的であることを前回お話しました。漢方医学では、腎は排尿、生殖器、骨(歯)、骨髄、脳、耳、髪と関係が深いと考えています。ですから、腎を補うことで様々な老化現象を防止できるわけです。
さて、腎には「腎精」が蓄えられており、「腎陰」と「腎陽」があると考えています。「腎精」は人体にとってもっとも大切な生命力の源で、血液や元気の元となり、生殖や発育成長に大切な物質と考えています。そして「腎精」の基礎の上に、人体を潤しホルモン様作用を持つ「腎陰」と人体を温め生命活動を活発にする「腎陽」が効果を発揮すると考えています。
お風呂で例えるなら、「腎陰」は水で、「腎陽」は火力です。「腎陰」が衰えると、お風呂でいえば水が減少するので、水分が皮膚や臓器を潤すことができなくなり、様々な老化現象が現れます。一方、「腎陽」が衰えると、お風呂でいえば火力が減少するので、新陳代謝が低下して全身に水を行き渡らせることができなくなり、やはり様々な老化現象が現れます。
上記のように、腎の衰えによる老化現象は「腎陰虚」と「腎陽虚」があるので、体質によって「腎陰」を補う補腎薬と「腎陽」を補う補腎薬を使い分けます。
「腎陰」を補う補腎薬としては、杞菊地黄丸瀉火補腎丸八仙丸二至丹瓊玉膏などがあります。
「腎陽」を補う補腎薬としては、八味地黄丸参馬補腎丸海馬補腎丸参茸補血丸海精宝などがあります。
老化が進行すると、「腎陰」「腎陽」ともに衰える「陰陽両虚」になることもあり、そのような方は腎陰を補う漢方薬と腎陽を補う漢方薬を併用します。

体質にあった補腎薬を長く服用すると、体の「保水力」が高まり、アンチエイジングに最適です。アンチエイジングというと、ビタミンやサプリメントをイメージする方が多いようですが、その効力は「補腎薬」の足元にも及びません。

いつまでも若々しく元気でいるために、ぜひ体質にあった「補腎薬」をお試しください。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。