元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月経前症候群(PMS)について

皆さん、こんにちは。今回は月経前症候群(PMS)の漢方治療についてお話します。

月経前症候群は多くの女性にみられ、ときに生活に支障をきたすことがあります。黄体期である生理1週間~2週間前から始まり、生理の開始とともに消失することが特徴です。症状が軽ければ生理現象ですが、症状を強く感じる場合は積極的に改善するほうが望ましいです。
代表的な症状としては、頭痛、むくみ、下腹部や乳房の張りや痛み、にきびや肌荒れ、便秘や下痢などの身体症状があります。また、イライラする、落ち込む、涙もろくなるといった精神症状もよく見られます。月経前症候群の症状は個人差が激しく、精神的なストレスや疲れがたまっていると、症状が悪化するといわれています。
漢方医学では、月経前症候群は肝の働きと関係が深いと考えています。肝は気血のめぐりを調節する働きがあり、ストレスがかかると肝の働きがオーバーヒートになり、様々な症状がおきるわけです。「病は気から」といわれるように、まずは気のめぐりが悪くなります。気のめぐりが悪くなると、下腹部や乳房の張り、イライラ、落ち込むなどの張る症状と精神症状が出てきます。
この段階で改善できると、大きな病気につながることはありません。しかし慢性化して、血の流れに影響がでると、いわゆる「淤血」となります。淤血になると、生理痛、子宮内膜症、子宮筋腫など様々な婦人科の病気の原因になることもあります。ですから、早い段階から漢方薬で症状を改善することをお勧めします。
ストレスが多く肝気のめぐりが悪く、下腹部や乳房の張りやイライラが強い方は、星火逍遥丸加味逍遥散、抑肝散、柴胡加竜骨牡蠣湯などが効果的です。
イライラが強く慢性化すると、肝熱が腎陰が消耗して、のぼせやほてり、吹き出物などが悪化します。加味逍遥散、柴胡加竜骨牡蠣湯などに知柏地黄丸二至丹などを併用すると効果的です。
慢性化して肝熱が心に影響を与えると、不眠や動悸が発症します。加味逍遥散、柴胡加竜骨牡蠣湯などに天王補心丹や黄連解毒湯などを併用すると効果的です。
月経前症候群が淤血の状態に進行すると、肩こり、頭痛、生理痛などの症状が見られるようになります。。加味逍遥散、柴胡加竜骨牡蠣湯などに冠元顆粒血府逐淤丸、爽月宝などの活血化淤の漢方薬を併用すると効果的です。
不妊症の方でも月経前緊張症候群が強い方が時々見られます。このような方はストレスが多く、基礎体温が凹凸が多いことが特徴です。胸の張りが強い方は、プロラクチンが高いことがあり、排卵障害や着床障害の原因になることもあります。炒麦芽を服用すると効果的です。
周期療法を行っている場合は、高温期の漢方薬に加味逍遥散や抑肝散を併用すると効果的です。

月経前症候群の改善にはセルフコントロールも大切です。休養と睡眠をとり、好きな音楽を聴いたり、ゆっくりお風呂に入ったり、リラックスすることを心がけると症状の改善に繋がります。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。