元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掌紋医学について

皆さん、こんにちは。今回は掌紋医学の概略についてお話します。

掌紋医学は名前のとおり手の平の掌紋を見て、診断することです。掌紋というと手相を思い浮かべる方が多いと思いますが、現在中国で行われている掌紋医学は手相とは一線を画しています。手相は運勢を見る占いで、掌紋医学は病気を診断する医学と考えています。
掌紋を見ることは共通していますので、線の名前や解釈も共通しているとことがありますが、手相では仕事運や財運を見る線が掌紋医学では病気を見る線になっているケースもあります。
現在中国で掌紋医学を行っている中医師は増えてきているようですが、王晨霞先生趙理明先生が著書も多く、第一人者と思われます。私は幸運にも今年の5月と9月に両先生から直接教えてもらう機会に恵まれました。教えを受けた中で、掌紋医学と手相の共通点を多く感じましたが、両先生とも手相と掌紋医学が違うことを強調していました。
私が思うに、現在の中国は政府が占いを禁止しているため、占いを迷信として考えている人も多くいます。そのため、占いと掌紋医学が違うことを必要以上に強調しなくては世間に認められないのではないかと感じました。
日本では手相は肯定的に考えている方が多く、手相の本も多く出版されています。手相教室で学んだ知識は掌紋医学を学ぶ際に大いに役立ちましたし、両者のよい部分を融合させた方がよい判断ができると思います。ですから、私は掌紋医学ではなく、手相漢方として広めたいと思っています。

さて、掌紋医学と東洋手相は易や形相学からの発展ですので、源は同じといえます。漢方医学の古典の〈黄帝内経〉にも手と経絡、疾病に関する記載がみられ、宋代には〈麻衣神相〉という掌紋医学の専門書が書かれています。また、清代の名医、葉天士は〈杏林玉掌歌〉という掌紋医学の著書を残しています。(杏林玉掌歌は葉天士の弟子が書いたといわれています)
このように中国での掌紋医学は歴史がありますが、中医学の診断としては脈診や舌診と比べると発展しませんでした。やはり占いと医学の狭間にあって、中医学の診断としては正式に認められなかったのではないかと想像しています。実際に王晨霞先生も趙理明先生もそのようなことを言っていました。両先生とも掌紋医学の診断に誇りを持っていましたし、実際によく当たっています。占いとの狭間で発展が遅れたことを残念に思っているようでした。

私が掌紋医学を学んだ感想は、とても実践的で実用価値が高いということです。中医学の診断でスタンダードの脈診や舌診と比べても、遜色がない(むしろ勝るとも劣らない)診断法だと思います。掌紋医学の特徴は①目で見れること、②臓腑定位ができること、③過去の病歴や将来の予測ができること、などがあります。
舌診は大雑把な臓腑定位と寒熱・虚実の判断はできますが、細かい臓腑定位が難しく、病歴や予後の予測も難しいところがあります。
脈診は名人になりますと、臓腑定位や病歴や予後の予測も正確にできるといわれています。しかし、目で見ることができませんので、優れた師匠についての長い修行と天性の素質が必要になります。

以上のことを考えると、掌紋医学こそ日本の環境に最適で、大きな可能性を秘めていると思っています。私も日々薬局店頭で掌紋医学の研鑽をして、手相漢方として発展させるように努力したいと思っています。今後、少しずつ連載して行きますので、ご期待ください。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。