元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西安手診研修④

皆さん、こんにちは。

9月21日は午前中に兵馬俑、始皇帝陵、華清池を観光したあと、午後は西安市内に向かいました。
まず最初に青龍寺に行きました。青龍寺は弘法大師・空海が修行した寺として有名です。唐の首都・長安に渡り、恵果阿闍梨から1年間という短期間で密教を学び取り、帰国後に真言宗を興しました。その歴史ある青龍寺に行くことができるのは楽しみでした。
青龍寺に入ると、日本語ができるガイドさんがいて、説明を受けながら歩いていきました。しばらく歩くと、ガイドブックでも見た空海記念碑が見えてきました。

青龍寺①

その正面に本堂があり、恵果阿闍梨と空海を祭っています。

青龍寺②

お祈りを済ますと、ガイドさんが隣の部屋に案内してくれました。そこには空海グッズがたくさんあって、びっくりしました。その中でもご朱印帳は魅力的でした。300元かかりましたが、ガイドさんによると、あくまでも寄付ということです。

青龍寺③

よく見ると「第0番礼所」と記載されています。ガイドさんによると、空海が真言密教の教えを受けた始まりの場所ということで、四国八十八箇所めぐりのスタートということです。うーん、本当だろうか・・・ それはさておき、このご朱印帳はとてもきれいで、すばらしいです。

青龍寺の次は、三蔵法師玄奘ゆかりの大雁塔の行きました。大雁塔は三蔵法師がインドから持ち帰った仏教の経典を中国語に翻訳して保存した場所として有名です。とても雄大で立派な塔です。

大雁塔①

せっかくですから、大雁塔を上ることにしました。少し疲れましたが、頂上からの眺めはなかなかよかったです。

大雁塔②

大雁塔に続いて、薦福寺の境内にある小雁塔を見に行きました。小雁塔は大雁塔が建立された半世紀後の707年に建立され、大雁塔より小ぶりなことから小雁塔と呼ばれています。小雁塔も唐の名僧・義浄がインドから持ち帰った仏教の経典を中国語に翻訳して保存した場所になります。

小雁塔

小雁塔を見終わると、もう午後5時を過ぎていました。最後の夕食は、「陝西歌舞大劇院」で演劇を見ながら食べることにしました。10種類の舞台があり、演奏や踊り、演劇などを織り交ぜた、優雅な舞台でした。食事は西安名物の数種類の餃子です。

演劇①

演劇②
演劇③

今回は3泊4日の短期間の研修旅行でしたが、趙理明先生の掌紋医学、西安の名所観光ととても充実して楽しい旅行となりました。
パンダグッズもしっかり購入してきました。パンダグッズは改めてアップします。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。