元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生薬栽培日記(真打編)

こんにちは!漢方相談員の深谷です。
梅雨らしく雨が続く空模様ですが、元気にお過ごしでしょうか?


前回お伝えした、誰もが「生薬!」と思っていただける苗を入手しましたので
ご報告します。
一切無駄が無い生薬。

最近はテレビでも薬膳料理や健康酒の材料としても紹介され、
身近な所では杏仁豆腐の彩りや付け合せにも使われる「枸杞(クコ)」
谷中滋養農園様から送っていただきました。)


中国では、3千年以上も前から利用されていたという記載が有る程、
歴史の長い生薬です。
歴代の宮廷料理人も、料理の素材として欠かさなかったとか。


中国古代の薬学書「神農本草経」には、クコは「命をやしなう薬」と紹介されています。


「宋時代、ある使者が寧夏の銀川で不思議な光景を見ました。
 若い娘が竿竹を持って老人を追い駆けています。
 使者が「なぜ尊敬すべき老人を殴るんですか?」と聞くと、
 「私の曾孫は家代々伝わってきた薬を食べないから、こんなに年老いてしまいました」
  と、娘は言いました。
 使者が戸惑して「あなたは何歳ですか」と尋ねると、娘は「百五歳です」と答えました。
 使者が驚きました。「どのようにしたら貴女のようになれますか?」使者は尋ねます。
 「クコの実を食べ続けるだけですよ」娘は笑いながら言いました。」


このような言い伝えが残るほど、クコには強い滋養強壮の力があるとされています。


また、強精の効果も有るとして、
「家を去ること三千里、羅摩(ガガイモ)、枸杞を食うことなかれ」
と言われています。
ようするに、「精がついて浮気しちゃうから止めておきなさい」という事らしいです(;><)


現代医学でも、枸杞子は血圧や血糖の低下作用、抗脂肪肝作用、
精神が萎えているのを強壮する作用、視力回復、抗癌剤や放射線の副作用を抑制する効果が有るとされています。


また、クコは実だけでなく、根や葉までも生薬として活用されます。
クコの根は地骨皮(じこっぴ)、葉は枸杞葉(くこよう)と呼ばれ、
それぞれ別の作用があります。
(その話はまたいずれ…)


前置きが長くなりましたが、これからはクコも畑に植え、
栽培日記をつけていきたいと思います!
温かく見守ってやってくださいね(´∀`)

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。