元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政権交代と不妊症

皆さん、こんにちは。

昨日の選挙結果はすごかったですね。政権交代は日本では実質的に初めてですので、無血革命と言ってもよいような歴史的な選挙でした。
民主党の政策の目玉に子育て支援があります。同時に不妊治療の保険適応の拡大も謳っています。さらに医師不足の解消(特に産科と小児科)も重要課題に挙げています。誠実に政策を実行していただければ、安心して子供を生んで子育てもできる環境になっていくと思います。弱者に優しく、お互いが助け合える世の中になるとよいですね。

さて、不妊症の漢方薬についていえば、現在薬事法の改悪で漢方薬を含む医薬品の郵送が禁止されています。現在もメールで全国から相談をいただいていますが、6月以前の購入履歴がない方に漢方薬の郵送を行うことができない状況で、ご希望にこたえることができずに心苦しく思っています。民主党は医薬品の郵送禁止が消費者の利便性を損ない憲法違反になると明確に言っています。もちろんカタログ販売のような安全性の担保がない医薬品の郵送は問題がありますが、メールによる相談や副作用歴のチェックなどの安全面の担保があれば郵送を認めるような方向になることを期待しています。

ところで、一昨日に不妊治療で全国的に有名な新宿の加藤レディースクリニックの副院長、竹原祐志先生の講演を聴いてきました。自然周期採卵法による最先端の不妊治療を推進するクリニックと妊娠しやすい体質作りりを基本とする私たち漢方薬局は一見水と油のようですが、多くの点で共鳴できることがありました。
特に印象的だったことは、加藤レディースクリニックはできるだけ薬を使わない不妊治療を目指していることを強調していたことです。薬とはhMGやhCGのような西洋薬のことで、例え使ってもクロミフェンを中心に最小限にしているということでした。自然周期での採卵のほうが採卵数が少なくても質のよい卵子が取れるそうです。自然周期法は採卵のタイミングや技術が難しいそうですが、24時間対応と培養士の教育で対応しており、圧倒的な妊娠数を誇っています。
さらに驚いたことは加藤レディースクリニックで統計を取ったところ、hMGを使った刺激周期の採卵よりも自然周期の採卵のほうが妊娠率が良かったということです。自然周期に近いほうが妊娠率が高かったという結果は、体質改善を行う私たちにとって勇気付けられることでした。
加藤レディースクリニックは、質のよい卵子と質のよい精子の出会いこそが妊娠に繋がるという信念があるということです。手法こそ違えども私たち漢方薬局の考え方と共通していると思いました。

今回の講演を聞いて大いに啓発され、やる気が湧いてきました。今後とも多くの方の役に立てるように研鑽していきたいと思っています。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。