元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方薬解説「五味消毒飲」

皆さん、こんにちは。漢方薬解説第59弾は「五味消毒飲」です。

五味消毒飲は「医宋金鑑」を出典とする漢方薬です。名前のとおり5種類の薬草を配合しています。
配合されている薬草は金銀花、野菊花、蒲公英、紫花地丁、紫背天葵子の5種類です。いずれも清熱解毒薬に分類されています。
主薬は金銀花で、清熱解毒して邪熱を発散します。残りの蒲公英、紫花地丁、紫背天葵子が金銀花の効果を補佐します。

五味消毒飲は清熱解毒の効果で炎症を抑えるため、ニキビ、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎、手湿疹、掌跡膿胞症、ヘルペスなどの皮膚科疾患に汎用されています。花を中心とした気味が軽い薬草が多いため、頭面部や上半身の湿疹に効果的です。
その他に紅皮症や尋常性乾癬などの自己免疫疾患の炎症、卵巣嚢腫や膣炎などの婦人科疾患の炎症などにも応用されます。

さて、中国では昔から夏場や、体に熱がこもった時に五味消毒飲と似た成分の「涼茶」を飲む習慣があるそうです。体に熱がこもった時の症状としては、口が渇く、咽喉痛、口内炎、口臭、便秘、目の充血、目やにが多いなどがあります。
熱と湿気が多く海の近い広東省や香港などの華南エリアを中心に、体を冷やす「涼茶」はブームになっています。最近では上海などの華東エリアなどでも見られるようになっています。老涼茶、王老吉涼茶、黄振龍涼茶などが人気のブランドで、その売上はコカコーラよりも多いそうです。

日本でも「五涼華」という細粒タイプの薬草茶が発売されています。

五涼華

五涼華は五味消毒飲から日本で入手しにくい紫背天葵子を除き、龍葵を加えた5種類の薬草を配合しています。成分や効能は五味消毒飲に準じています。ですから、皮膚科疾患や自己免疫疾患、アレルギー疾患に効果的です。
また、少し苦いですが夏場の熱を冷ます「涼茶」としても飲むことができます。
五涼華は60包入で5250円です。

五涼華は清熱解毒のエースといえる漢方薬です。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。