元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方薬解説「大柴胡湯」

皆さん、こんにちは。漢方薬解説第58弾は「大柴胡湯」です。

大柴胡湯は小柴胡湯と対照的な名称で、約2000年前の中国・漢時代に書かれた「傷寒論」という有名な古典を出典としています。ツムラ、コタロー、クラシエの3大メーカーをはじめ、多くの漢方メーカーが発売しています。
私の店では、切れ味の良い東洋薬行のエキス細粒を良く使っています。

大柴胡湯

大柴胡湯の効能効果は「がっしりとした体格で比較的体力があり、便秘の傾向にあるものの次の諸症:胃炎、常習便秘、高血圧に伴う肩こり・頭痛・便秘、肩こり、肥満症」です。
大柴胡湯は名前のとおり柴胡を主薬として、黄苓を臣薬としています。この柴胡+黄苓の組み合わせは、傷寒論では少陽期の鬱熱を和解するときに常用する配合です。大黄と枳実で陽明大腸の熱を瀉下し、半夏、生姜で和胃止嘔し、芍薬と大棗の”酸甘化陰”で熱結による津液の消耗を防ぎます。傷寒論らしい深く考えられた素晴らしい配合です。
原典の傷寒論では、発熱性疾患の経過にみられる少陽陽明合病に使われています。典型的な症状としては、往来寒熱(寒気と発熱を繰り返す)・心下部のつかえ・悪心嘔吐・いらいら・口が苦いなどの少陽証に、腹部膨満感・便秘などの陽明証をともなうものです。
しかし、現在は慢性病にもよく使われています。例えば、慢性肝炎・脂肪肝・胆嚢炎・胆石症・自律神経失調症・胃十二指腸潰瘍・高血圧症・動脈硬化・肩こり・頭痛などがあります。慢性病の場合は、いらいら・怒りっぽい・不眠・目の充血・脇部の脹り・口が苦い・悪心嘔吐・腹部膨満感・便秘などの肝欝化火の症状が見られることが特徴です。
また、一貫堂医学では臓毒証体質にも使います。臓毒証体質には基本的には防風通聖散が使われますが、ストレスが多く肝欝化火を伴うときは大柴胡湯が適応となります。ですから、大柴胡湯は内臓脂肪が多く脂肪肝の人(太鼓腹の人)のダイエットにも効果的です。

大柴胡湯は「肝胆の気の流れを改善し、内臓脂肪を排泄する」漢方薬です。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。