元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更年期障害の漢方薬について②

皆さん、こんにちは。

マイドゥーコラム第19弾は2005年12月号の「女性のトラブル ―更年期障害について②―」を加筆訂正したものです。

更年期障害は一般に45歳から55歳前後のほぼ10年間をさします。生理不順や無月経の方、婦人科でホルモン剤や排卵誘発剤を長く使った方は、閉経を早く迎えることが多く見られます。またストレスが多い方は、更年期症状が強く現れることが多いようです。ですから、このような方は早い段階からの予防が必要です。
更年期障害の最大の要因は女性ホルモンの低下です。ですから病院では女性ホルモンの補充療法を行います。しかしホルモン剤は長期投与すると、乳癌、心血管疾患、脳卒中などのリスクが高まることが知られており、予防には向かない治療法です。その点漢方薬は副作用が少なく、治療だけでなく予防にも最適です。

更年期障害は「血の道症」といわれるように、予防するためには生理不順を改善することが大切です。気血を補い血行を良くして生理不順を改善する、婦宝当帰膠弓帰調血飲第一加減などが効果的です。
また、ストレスが多い方も更年期障害の不定愁訴を多く訴えることになりますので、ストレスを和らげることも大切です。肝気の巡りを良くしてストレスを和らげる、加味逍遥散星火逍遥丸、柴胡桂枝干姜湯などが効果的です。

さて、漢方医学では更年期障害の本質は「腎虚」と考えています。「腎虚」になると、腎とつながりが深い骨、生殖、排尿、耳、歯、髪などに症状が現れます。骨が弱る、ホルモン分泌が低下する、排尿障害(頻尿、排尿困難、夜間尿)になる、耳が遠い、歯や髪が抜けるという老化症状が現れるわけです。「腎虚」は加齢とともに誰もがなりますので、早めに腎虚を改善する補腎薬を服用すると効果的です。補腎薬は、女性ホルモンの分泌を高め、骨粗鬆症を防ぎ、排尿障害を改善し、老化を防止することができます。
更年期障害は腎陰虚タイプが多いですが、腎陽虚タイプや腎陰陽両虚タイプもいます。
腎陰虚タイプは六味丸、杞菊地黄丸瀉火補腎丸二至丸などが効果的です。腎陽虚タイプは八味地黄丸参馬補腎丸胎盤エキスなどが効果的です。腎陰陽両虚タイプは、腎陰虚と腎陽虚の漢方薬を適切に組み合わせます。体質に合わせて適切に服用すると大変効果的です。

食品では大豆製品に含まれるイソフラボンが穏やかに女性ホルモンの分泌を高めることが知られています。黒豆を黒焼きにした、ブラックジンガー黒大豆は更年期障害の予防に最適な飲み物です。
漢方薬は副作用がなく、症状改善だけでなく予防にも効果的であるといえます。更年期を乗り切り、生き生きとした人生を歩むためにも、漢方薬をご利用されることをお勧めいたします。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。