元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮内膜症について

皆さん、こんにちは今回は子宮内膜症についてお話します。
子宮内膜症とはもともと子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜が、それ以外の場所に発生しそこで増殖する疾患です。子宮筋層に発生したものは、子宮腺筋症と呼ばれています。
子宮内膜症の症状としては生理痛が有名ですが、実際に生理痛がある方は20%~30%といわれています。無症状の方も多く、検査をして初めて子宮内膜症がわかったというケースも多く見られます。自覚症状がなく子宮内膜症が進行しているケースもあり、重度になると卵巣嚢腫、卵管癒着による狭窄、子宮腺筋症による着床障害などの症状が問題となります。近年子宮内膜症は不妊症の原因として重視されてきており、原因不明な不妊症の方の約50%が子宮内膜症を合併しているという報告もあります。
漢方医学では子宮内膜症を淤血と考えており、重度のケースを除けば漢方治療は大変有効です。
軽度の子宮内膜症は弓帰調血飲第一加減冠元顆粒桂枝茯苓丸などの駆血薬で十分な効果があります。症状が進行している場合は血府逐淤丸折衝飲爽月宝水快宝などの作用の強い駆血薬やシベリア霊芝などを配合する必要があります。
子宮内膜症自体は局所の淤血(離経の血)といえますが、淤血を作る原因もあります。冷え、ストレス、食生活の乱れ、肥満、運動不足、睡眠不足などは淤血を作る原因となります。淤血の原因を判断して、体質を正しく弁証して、上記の駆淤血薬に体質に合った漢方薬を適切に配合する必要があります。
なお、卵巣嚢腫が大きい場合やひどい癒着があるような重度のケースは、手術などの治療と漢方薬の併用を行うこともあります。
上記のように、不妊症は子宮内膜症が関係することが多いので、周期療法を行う際も生理期~排卵期に淤血の改善を行うと効果が上がることが多く見られます。
生理期に生理痛が強い、経血に塊が混ざる、体温の下がりが悪いという症状があるときは作用の強い駆淤血薬を使い十分な排泄を行うと、低温期に子宮内膜が増殖する準備ができます。低温期~排卵期に駆淤血薬を使うと、骨盤内の血流が良くなり、卵子の発育が良くなることが多く見られます。
このように不妊症治療と子宮内膜症、淤血の関係は切り離すことができないといえます。自覚症状、舌診、病院の検査、基礎体温などをきちんと判断して、適切な駆淤血薬を配合すると周期療法の効果をより高めることができます。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。