元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方薬解説「弓帰膠艾湯」

皆さん、こんにちは。漢方薬解説第47弾は「弓帰膠艾湯」です。

弓帰膠艾湯は約2000年前の中国・漢時代に書かれた「金匱要略」という有名な古典を出典としています。ツムラ、コタロー、クラシエの3大メーカーをはじめ、多くの漢方メーカーがエキス剤や錠剤などの剤型で発売しています。
私の経験では、このブログではお馴染みの東洋薬行から発売されているエキス散、「弓帰膠艾湯」が効果が良いです。生薬の品質の良さもありますが、使われている阿膠に決定的な違いがあります。阿膠は止血作用があり、腎陰と肝血を養う「血肉友情」の生薬で、本物はロバの皮を水で煮て精製したニカワ塊です。山東省産の山東阿膠が最上品とされています。ところが、入手しにくいためか、ほとんどの日本の製品はゼラチンで代用しています。しかし、東洋薬行の弓帰膠艾湯は本物の山東阿膠を使っています。ですから、効果が良いのです。

弓帰膠艾湯

弓帰膠艾湯の効能効果は「痔出血」です。
弓帰膠艾湯は養血の基本薬である「四物湯」に阿膠と艾葉(ヨモギ)を加えた処方です。止血すると同時に、失われた血液を補う効果もあります。
日本での効能効果は痔出血ですが、実際は過多月経、不正性器出血、尿路出血、便血、またそれらに伴う貧血症状に効果があります。上半身の出血よりも、肛門や子宮、泌尿器などの下半身の出血に効果的です。

私は弓帰膠艾湯は不正性器出血に良く使っています。不正性器出血は器質性と機能性の出血に分けられます。器質性出血には良性と悪性があり、良性は子宮筋腫、子宮膣部びらん、子宮ポリープなどで、悪性は子宮頸ガン、子宮体ガンなどです。悪性の可能性があるときは、まず検査を勧めます。一方、機能性出血はホルモンバランスの乱れや切迫流産などがあります。
不正性器出血は漢方医学では血熱型、気虚型、腎虚型、淤血型に分けられます。弓帰膠艾湯は血熱型以外は応用できますが、気虚型には帰脾錠を、淤血型には田七を併用します。腎虚型は腎陰虚であれば六味丸や瀉火補腎丸を、腎陽虚であれば参茸栄衛丸参馬補腎丸などを併用します。
なお、切迫流産は帰脾錠や参馬補腎丸、田七などを併用します。

弓帰膠艾湯は「下半身の不正出血を改善して、同時に失われた血を養う」漢方薬です。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。