元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬局店頭で役立つ実践ロールプレイング

皆さん、こんにちは。
一昨日水曜日(1月21日)に「イスクラ中医薬研修塾」で、第9回目の講義を行なってきました。
今回は「薬局店頭で役立つ実践ロールプレイング」がテーマです。
現在学んでいる22期生も3月で卒業です。4月からはそれぞれ薬局で漢方相談を行なうので、今回は薬局での漢方相談を想定したロールプレイングを行なうことにしました。

3つの疾患のお客さんを想定して、問診のとり方、見立てのポイント、漢方薬の選び方、漢方薬の効能効果をわかりやすく説明するコツなどを教えました。
ロールプレイングですので、研修生がお客さん役と先生役になり、実際の薬局での相談と同じように問診を取っていきます。研修生は5月より学んでおり、週の半分は講義ですが、残りの半分は薬局実習を行なっていますので、なかなか上手に問診を取ることができていました。
問診のポイントは、ますは主訴を聞くこと、さらに主訴が発症した時期ときっかけ、その後の経過、どのような条件で悪化するかなどをしっかりと聞くことです。病院にかかっていたら、診断名や処方箋薬についても聞きます。上記の主訴に関係する問診をきちんと聞いた後に、全身症状や既往歴、女性の場合は生理の状況などを聞いていきます。名前や身長、体重、住所、職業などは事前に聞いておくとスムーズに問診が進みます。

漢方薬の選び方は、全員方向性は正しかったのですが、実践経験がまだ少ないので、今後さらに研鑽が必要です。それでも、研修を始めて9ヶ月でだいぶ実力がつきました。

イスクラ中医薬研修塾猪越恭也先生をはじめ、多くの優秀な中医師が講義をしているので、短期間で集中的に学び、実力をつけることができるのです。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。