元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高プロラクチン血症について

皆さん、こんにちは。今回は高プロラクチン血症についてお話します。

プロラクチンは乳腺を刺激して乳汁を分泌させるように働く催乳ホルモンです。授乳時は母乳を分泌するために、たくさん分泌されます。授乳時に必要なホルモンですが、妊娠・出産の経験がなく、授乳時でないのに高くなる方がいます。

高プロラクチン血症が不妊症の問題となるのは、視床下部の刺激ホルモン(FSHやLH)を抑制して、排卵障害や黄体機能不全を招くためです。つまりプロラクチンは排卵や妊娠を順調にする視床下部-脳下垂体-卵巣-子宮の反応のブレーキとなるわけです。
ですから、プロラクチンが特に高い授乳中は、排卵がなく生理も来ないのです。授乳中は生理がなくても問題ないですが、妊娠を希望している方には、大きな問題です。授乳中のように生理が止まるところまでは行かなくても、生理不順や排卵障害の原因になるからです。

授乳中でないのに、プロラクチンが特に高くなるケースとして、脳下垂体の腫瘍(プロラクチノーマ)があります。そのほかに強いストレスなどが原因になることもあるようです。プロラクチンが特に高い方は、授乳期でもないのに母乳が出ることがあります。
一方、通常の血液検査で異常がなく、母乳の分泌もないのですが、ストレスがあったときや夜間などにプロラクチンが高くなる潜在性高プロラクチン血症という疾患もあり、やはり不妊症の原因となります。このような方は後述しますが基礎体温に失調が見られたり、生理前の胸の張りが強くなります。なお、潜在性高プロラクチン血症はTRHテストという負荷テストでわかります。

高プロラクチン血症を治療する西洋薬(テルロン、カバサール、パーロデルなど)もありますが、副作用が多いことが問題になります。漢方薬では麦芽がプロラクチンを下げる作用があることが知られています。麦芽は授乳期の乳汁分泌を抑制して退乳させる時に使われていましたが、これが応用されて高プロラクチン血症に有効であることが中国で報告されております。生の麦芽より炒めた麦芽のほうが効果が高く、飲みやすいエキス顆粒も発売されています。

基礎体温では低温期から高温期への上がりが悪い方全体的に凹凸が多い方は高プロラクチン血症や潜在性高プロラクチン血症が多いといわれております。このような基礎体温の方に周期療法を行う際、炒めた麦芽を他の漢方薬と併用して使うと良い効果を得られることが多くみられます。

潜在性高プロラクチン血症の方は意外と多いといわれていますが、適切な西洋薬がないため、十分に検査をされていないケースもあるようです。
基礎体温の状況(排卵障害)や生理前の胸の張りなどから潜在性高プロラクチン血症の疑いがある方は、副作用が少ない「炒麦芽」を積極的に飲んでいくと、妊娠する可能性が高まります。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。