元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南京・厦門婦人科研修⑤

皆さん、こんにちは。

11月24日は世界遺産の「華安土楼」の観光をしました。華安土楼は、厦門からバスで3時間くらいで着きます。福建の土楼は中国南部に移住した客家人が建てた「防御的な」とりで式の住宅で、2008年には世界遺産にも認定されました。山間部にある大規模土レンガ建築としては世界唯一で、精巧な建築構造は独特の風格があります。
福建の土楼は華安、南靖、永安の3県に集中していますが、今回は華安の土楼を観光しました。駐車場に着くと、大きな門が見えます。

土楼入口

門から土楼までは歩くと少し距離があるそうで、電気自動車で土楼に向かいます。環境保護のためガソリン車は走っていないそうです。
まず最初に「土楼博物館」に行きました。博物館といっても、以前は人が住んでいた土楼の内部を改修したものです。建物に近づくと、思ったより大きな建物で驚きました。土楼博物館の内部は撮影禁止になっています。

土楼博物館

博物館を見学後に華安土楼の代表作で「円楼の宝」とたたえられる「二宣楼」を見学しました。「二宣楼」は1770年の建築で、約230年の歴史があります。敷地面積は7000平方メートル、直径は73.4メートル、高さは16メートルもあります。内側の建物は一階建てで、外側の建物は四階建てです。

二宣楼外観

二宣楼内側

二宣楼は現在も人が住んでおり、栽培した高品質の鉄観音茶を売っています。試飲して購入しましたが、とても美味しかったです。子供たちも観光客に慣れていて、写真撮影に入り込んできたりと、人懐っこい印象した。
近くの山に登ると、土楼の全景が見えて壮観のようですが、今回は時間がなくて登れませんでした。

土楼観光を楽しんだ後に厦門に戻り、5時発の飛行機で上海に飛びました。夜には上海に着いて、上海蟹の夕食です。

上海蟹

今回の研修旅行で最後の夕食になるので、全員が研修の感想を述べて、とても盛り上がりました。
夜は上海のホテルに宿泊して、翌日に南京路で買い物をした後に、浦東空港を出発して、夜の8時くらいに成田空港に着きました。

とても充実した、楽しい研修旅行でした。

テーマ:中国旅行 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。