元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卵管性不妊について

今回は卵管性不妊についてお話します。
卵管は子宮の左右に1つずつあり長さは約10㎝、直径は狭いところで1mm程度しかありません。この卵管が詰まっている或いは癒着している状態を「卵管性不妊」といいます。「卵管性不妊」は不妊症の30%ともいわれており、近年増えてきています。
「卵管性不妊」の問題は、精子や受精卵が移動できずに受精・着床しにくいということがあります。それだけでなく、受精卵が卵管に着床してしまう「子宮外妊娠」を引き起こす可能性が高いことも大きな問題です。
原因として近年とくに増え続けているのが、クラミジア感染症です。クラミジア感染症は最も頻繁に見られる性感染症(STD)です。その他には子宮内膜症やお腹の手術による癒着などがあります。このような卵管の閉塞は、子宮卵管造影検査 、卵管通気検査 、卵管通水検査、腹腔鏡検査などでわかります。

卵管が癒着して完全に詰まっている場合は、漢方薬で通すことは難しいです。この場合は卵管形成術を行なうか、体外受精しか方法がありません。漢方薬については、体外受精と周期療法を参照してください。

さて、排卵された卵子を卵管采が拾い上げる動きを「ピックアップ」といい、このときに卵管采が正常に機能しないことを「ピックアップ障害」といいます。「ピックアップ障害」の一番の原因は卵管采の癒着ですが、体質的に卵管が狭い方やストレスや緊張で卵管の動きが悪い方も考えられます。原因不明の不妊症では「ピックアップ障害」も多いのではないかといわれており、広い意味では「卵管性不妊」といえると思います。

卵管が完全に詰まっていないが通りが悪い、或いは動きが悪いという「ピックアップ障害」は漢方薬が効果的です。軽度の癒着は「淤血」と関係があり、ストレスや緊張などで動きが悪い方は「肝気の鬱滞」と関係があります。
ですから、肝気の巡りを良くして、淤血を改善し、通絡という方法で卵管の通りを良くしていきます。
肝気の巡りを良くして卵管の動きを良くする「疎肝柔肝」の漢方薬は、星火逍遥丸加味逍遥散、四逆散、芍薬甘草湯などがあります。
淤血を改善して卵管の通りを良くする「活血通絡」の漢方薬は、冠元顆粒血府逐淤丸桂枝茯苓丸、爽月宝、水快宝などがあります。
周期療法で妊娠しやすい体質作りを行ないながら、排卵前後に上記の漢方薬を使うことで、「卵管性不妊」や「ピックアップ障害」に一定の効果があります。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。