元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卵巣性不妊について

今回は卵巣性不妊についてお話します。
卵巣性不妊は卵巣嚢腫や多嚢胞性卵巣などの卵巣の器質的な病気によるものと、卵巣の機能低下によるホルモンの分泌不足によるものがあります。いずれも排卵障害の原因となり、不妊症の最も大きな要因となります。漢方医学は機能低下による不妊症を得意としていますが、卵巣嚢腫や多嚢胞性卵巣にも一定の効果があります。

卵巣嚢腫はチョコレート嚢腫や皮様嚢腫など様々なタイプがあります。チョコレート嚢腫は子宮内膜症が原因で発症しますが、漢方薬は一定の効果が期待できます。子宮内膜症については、別のコラムで詳しく書きます。皮様嚢腫は油、毛髪、歯などが混ざることもあり、漢方薬で十分な効果が得られないこともあります。ひどい場合は手術を考慮する必要があります。
多嚢胞性卵巣は、病院で超音波検査を受けると、卵巣の表面に直径5~10ミリほどの小さな嚢胞が複数連なって見えます。これが真珠のネックレスのようにみえるので、ネックレスサインと呼ぶこともあります。多嚢胞性卵巣は状態が悪化すると、卵巣の中にある卵胞は成長するものの、卵巣の皮膜が固いため排卵しづらいという症状がでます。重度になると、排卵障害の中でも難治性の疾患になります。
血液検査では、LHの高値、男性ホルモンの高値、インスリン抵抗性などが見られます。その中でも特徴的なのはLHの高値です。生理直後は普通LHはFSHより低いのですが、多嚢胞性卵巣になると逆転してLHの方が高くなります。また、男性ホルモンの数値が高くなると、声が低くなったり、胸や顔、脛などの部位に毛が生えてくるなど、男性化と呼ばれる症状が見られます。
中医学では、多嚢胞性卵巣は卵巣の周りに瘀血や痰湿がこびり付き、卵巣膜が硬くなった病態と考えます。軽度の場合と重度の場合では対応が異なりますが、軽度の場合は活血薬と化痰薬を配合した周期療法が効果的です。中国で周期療法により最初に妊娠した方が多嚢胞性卵巣であったという逸話もあります。
中度~重度になると排卵障害が顕著になり、ひどい場合は無排卵になります。このようなケースは生理期~低温期に協力に活血化痰しながら、必要に応じて補腎を行いますが、クロミッドなどの排卵誘発剤を併用するほうが効果的なこともあります。

一方、ホルモンの分泌不足による排卵障害には漢方薬がとても有効です。卵が成熟するのは低温期ですので、周期療法を行う際には低温期での治療を大切にしています。低温期は長すぎても短すぎても好ましくありません。だいたい7~10日くらいで卵が成熟して、20mm~25mm位になり排卵すると妊娠しやすいといわれております。長すぎると排卵日が特定しにくく、短すぎると卵が十分成熟しないうちに排卵することになり妊娠しにくくなります。このようなホルモンの分泌は〈視床下部-脳下垂体-卵巣-子宮〉の生殖軸で調節されていますが、漢方医学では腎の範疇になります。よって、通常の卵巣機能低下による排卵障害は、低温期に補腎養血活血することにより、よい卵と厚い子宮内膜を作ることができます。
卵巣機能の低下が著しく、早期閉経(POF)になると、漢方医学でも難治となってきます。加齢によりPOFになるケースもありますが、不妊治療で排卵誘発剤やホルモン剤を使いすぎたことによるPOFも良く見られます。この場合はより強力に補腎する必要があります。補腎薬としては、海馬補腎丸参茸補血丸などの鹿茸製剤や海精宝胎盤エキス杞菊地黄丸の蝋皮丸などが良く使われています。そのほか婦宝当帰膠のような養血薬や爽月宝、水快宝、血府逐淤丸、折衝飲、温経湯などの活血薬、紅沙棘などを適宜組み合わせます。
卵巣機能低下には、病院ではカウフマン療法で卵巣を休める方法をとりますが、十分な効果を得られないことも多いようです。ですから、じっくりと体質改善を行い卵巣機能を高める漢方薬のほうが、良い効果を得られるケースが多くあります。卵巣機能の低下のレベルや卵巣機能が低下した原因をきちんと調べて、必要十分な漢方薬を服用することが大切になります。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。