元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方薬解説「涼血清営顆粒」

皆さん、こんにちは。漢方薬解説第38弾は「涼血清営顆粒」です。

涼血清営顆粒は、イスクラ産業で開発・製造・販売されています。名前のとおり血熱を冷ます漢方薬です。

涼血清営顆粒

涼血清営顆粒の効能効果は「便秘。便秘に伴う次の症状の緩和:頭重、のぼせ、肌あれ、吹出物、食欲不振、腹部膨満、腸内異常醗酵、痔」です。
涼血清営顆粒は地黄、牡丹皮、芍薬、黄芩、山梔子、大黄の6種類を配合した、イスクラ産業のオリジナルの配合です。中国では有名な「犀角地黄湯」という血熱を冷ます処方に準じています。
清熱涼血、瀉下通便の効果がありますが、大黄の量が少ないので、便秘に対する効果はマイルドです。これは便秘薬としては物足りないですが、その他の疾患には使いやすいことになります。
特に皮膚病に効果的で、肌荒れ、吹出物、ニキビのほかに、慢性湿疹やアトピー性皮膚炎の血熱タイプにも応用できます。
血熱とは中国・清の時代に広まった「温病学」の概念です。温病学では、血熱は感染症が進行して営血分まで深く入った病態のことですが、現代では皮膚病の病態として使われることが多いです。
皮膚病での血熱の症状としては、皮膚が「赤い」腫脹」「触って熱い」、自覚症状が「口渇」「イライラ」「便秘」などがあります。
このような病態があれば、清営涼血顆粒は幅広く応用できます。便秘があれば使いやすいですが、瀉下通便の効果はマイルドですので、便秘がなくても胃腸虚弱でなければ応用することができます。
逆に便秘がひどければ、瀉下通便作用の強い製剤をさらに加える必要があります。
さて、皮膚病は直接皮膚を見ることが大切です。皮膚の色や触った感じなどで清営涼血顆粒の量を調整して、配合する漢方薬も決めます。皮膚病は漢方薬を飲むと変化しますので、赤みや炎症が軽くなれば、清営涼血顆粒の量を減量したり、配合する漢方薬を変化させます。
このように皮膚の状態によって漢方薬を変えていくことで、難しいアトピー性皮膚炎もかなり改善します。私の経験では、多くの皮膚病は漢方薬が大変効果的です。

さて、清営涼血顆粒は便秘や皮膚病のほかに、のぼせを伴う更年期障害や自律神経失調症、頭痛などにも応用することができます。

清営涼血顆粒は「血熱による便秘、皮膚病、更年期障害などに幅広く応用できる漢方薬」です。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。