元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方薬解説「牛車腎気丸」

皆さん、こんにちは。漢方薬解説第36弾は「牛車腎気丸」です。

牛車腎気丸は八味地黄丸に牛膝と車前子を加えた漢方薬で、10種類の薬草が配合されています。中国・宋時代の「済生方」という漢方書を出典としており、別名「済生腎気丸」と言われます。

牛車腎気丸

牛車腎気丸の効能効果は「疲れやすくて、四肢が冷えやすく尿量減少または多尿で時に口渇がある次の諸症:下肢痛、腰痛、しびれ、老人のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ」です。
八味地黄丸に牛膝と車前子を加えた漢方薬ですので、効能効果は八味地黄丸と同じですが、牛車腎気丸のほうが利尿効果が優れています。ですから、排尿困難や尿量減少がひどい方、下肢の浮腫のひどい方に効果的です。また、牛膝は薬効を腰や下肢に導きますので、腰痛や膝痛、足の痺れなどがある方にも効果的です。
臨床的には、慢性腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病、疲れ目、かすみ目、白内障の予防、腰痛、変形性膝関節症、各種浮腫などに良く使われています。
牛車腎気丸は八味地黄丸と同様に「腎陽虚」に適応します。ですから、「腎陰虚」による口渇、のぼせ、ほてり、寝汗、微熱などの内熱症状がある証には禁忌です。

牛車腎気丸は360丸入(15日分)で4200円、720丸入(30日分)で7875円になります。

牛車腎気丸は「腎陽を補い、老化に伴う冷え、排尿障害、浮腫、痛みに効果的な漢方薬」です。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。