元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎体温表について⑤

皆さん、こんにちは。不妊症・周期療法コラム第8弾は「基礎体温表について⑤」です。

今回は体温の凹凸が多く、波動が激しい基礎体温表の見方についてお話します。
正常な基礎体温は、低温期と高温期の体温の温度差が0.3℃~0.5℃ありますが、
それぞれの時期の体温は0.1℃~0.2℃の幅に収まっています。
しかし、下記のように凹凸が多く、0.2℃以上の幅で不安定な方もいます。

基礎体温表⑤


このような基礎体温の方の多くは、ストレスが多く、自律神経が不安定です。
漢方医学では、ストレスにより肝気が鬱滞し、体温が不安定になると考えます。
西洋医学では、高プロラクチン血症、月経前緊張症候群、自律神経失調症などと診断
されることが多いようです。

凹凸が多くても、排卵がきちんと来て2相性になっており、生理周期が安定している方
は妊娠のチャンスは十分にあります。周期療法を行う際に、肝気の巡りを良くしてスト
レスを和らげる星火逍遥丸加味逍遥散柴胡桂枝湯など配合すると効果的です。

一方、凹凸が多い上に、低温期が長く高温期が短い方低温期から高温期への移行
がダラダラしている方
は、妊娠しにくいようです。
このような場合は、肝気の巡りを良くする漢方薬の上に、腎を温める漢方薬、気血を補
う漢方薬、淤血を改善する漢方薬、プロラクチンを下げる漢方薬などを体質に合わせて
配合する必要があります。
適宜配合すると、凹凸が少なくなって、正常な基礎体温に近づいていき、妊娠しやすい
体質に変わっていきます。

さて、凹凸が激しい基礎体温には、上記のようにストレスが原因のことや高プロラクチン
血症の方が多いのですが、多嚢胞性卵巣や子宮内膜症の方にも時々見られます。

多嚢胞性卵巣(PCOS)の方は、未熟な卵子がネックレス状に多くできますが、卵巣の
膜が硬いためなかなか排卵出来ません。そのため、排卵しようとして凹凸が出来るよう
です。一方、子宮内膜症は生理痛がひどい方が多く、生理になっても体温が下がらなか
ったり、凹凸になる方が多いようです。
多嚢胞性卵巣と子宮内膜症については、別のコラムで改めて紹介します。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。