元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方薬解説「槐角丸」

皆さん、こんにちは。漢方薬解説第29弾は「槐角丸」です。

槐角丸は飲みやすい小粒の丸薬で、中国では痔の漢方薬として有名です。
中国には「十人九痔」という諺があるくらい痔が多く、槐角丸は良く使われて
きました。

槐角丸


槐角丸の効能効果は「内痔核、外痔核、裂肛、痔出血、痔の痛み」です。
痔の痛みや出血に効果のよい槐角、地楡を主薬として、血流を良くする当帰、
炎症を抑える黄苓、胃腸を整え湿を除く枳穀、防風を配合しています。
痔の原因はいろいろありますが、漢方では一般的に湿熱や淤血と考えてい
ます。食べ過ぎ、飲み過ぎ、栄養過剰などによって大腸、肛門の周辺に湿熱
がたまり、気血の流れが悪くなり淤血となり、痔核となって痛んだり、出血した
りします。
槐角丸は上記の配合により、清熱利湿、消炎止血、活血化淤の効果がある
ので、様々な痔に効果的です。
また、槐角丸は大腸の湿熱を除き、止血作用もありますので、潰瘍性大腸炎
やクローン病にも使うことができます。このような難病には、槐角丸だけでは
効果が十分ではないので、体質に合わせた漢方薬と併用する必要があります。
また、アトピーの炎症や痒み、皮膚出血にも使うことがあります。

槐角丸は300丸入(15~25日分)で4284円、600丸入(30~50日分)で7949円
になります。

槐角丸は「肛門や大腸の炎症や出血を改善して、痔に効果的な漢方薬」です。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。