元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

周期療法の第一人者、夏桂成先生を訪ねて

皆さん、こんにちは。不妊症・周期療法コラム第3弾は「周期療法の第一人者、夏桂成先生を訪ねて」です。

前回の周期療法のコラムで、私の家内が周期療法で2人目の子供を妊娠したことで周期療法の効果を確信できたことをお話しました。その後も数多くの方から妊娠のご報告をいただき、周期療法のすばらしさを実感しております。
特に印象に残っている方としては、46歳で無事出産されたIさん、4度の流産を乗り越えて出産されたHさん、同じく3度の流産を乗り越えて出産されたMさん、アトピーの治療をしながら妊娠されたWさん、ひどい冷え性を1年かけて体質改善しながら39歳で妊娠されたUさんなどがおります。
漢方薬の服用により新しい生命が誕生することは、私にとっても非常に嬉しいことで、この仕事を続けていく活力にもなります。このすばらしい周期療法の効果を高め、漢方的な知識をより深めるために、平成15年11月19日~11月24日の期間に周期療法の第1人者といわれる南京中医薬大学教授・夏桂成先生の研修を受けてきました。

事前に夏桂成先生の最新書籍を読み込んでいたことと、薬局での実践による基礎知識があったため、処方や講義の内容をより深く理解することができました。夏桂成先生の理論と実践は中国第1人者といわれるだけに非常に奥深く、大変勉強になりました。
夏桂成先生によると、周期療法の特徴は婦人病の予防にあると言っております。通常の漢方治療は病気の症状が出てから治療を始めますが、夏桂成先生は症状が出る前に発病を予防する方法がないかと考えていたそうです。
1960年代に北京の婦人科の西洋医から初めて基礎体温を紹介されたときに、生理周期のリズムが漢方医学の陰陽のリズムと共通していることを見出したそうです。そこで基礎体温の変化を見て、病気が発生する前に漢方薬を服用して予防する方法を研究しました。周期療法は多くの婦人病に有効ですが、その中でも不妊症に最も適応すると考えて、長年の試行錯誤の末に現在の理論と治療法を確立したそうです。
理論の面ではエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の変化を陰陽の変化と重ね合わせています。以下の表を見てください。

周期療法と陰陽


エストロゲンは低温期に高くなり排卵前後にピークになります。一方プロゲステロンは低温期に低く高温期に高くなります。周期療法の理論ではエストロゲンを陰と考え、プロゲステロンを陽と考えます。つまり低温期は陰が長じて、陰がピークになると排卵して陽に転化し、高温期になります。高温期は陽が長じて、陽がピークになると陰に転化して生理になります。このようにして生理周期は陰陽のリズムにより説明することができます。
生理周期は4つの周期を一定のリズムで繰り返しますが、妊娠のためには低温期に質の良い受精卵と子宮内膜が作られることが大切です。低温期に陰が長じてエストロゲンが十分に分泌されると、質の良い受精卵と子宮内膜を作ることができます。よって、周期療法の核心は、低温期にしっかりと滋陰養血することにあるわけです。
日本に帰ってきてから夏桂成先生から学んだ処方内容や問診のポイント、基礎体温の見方などを様々な角度からまとめて検討しておりますが、中国のスタイルを日本の事情に合うようにアレンジすることが大切なポイントになると感じています。今までの経験に今回学んだことを加味して、より優れた周期療法を実践できるように研鑚を積んでいく所存です。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。