元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方薬解説「勝湿顆粒」

皆さん、こんにちは。漢方薬解説第23弾は「勝湿顆粒」です。
「勝湿顆粒」は商品名で、正式な名称は「藿香正気散」といいます。「勝湿」の名前の
とおり、体内の不要な痰湿(水毒)を体外に排泄する効果があります。

勝湿顆粒


勝湿顆粒の効能効果は「夏の感冒、暑さによる食欲不振・下痢・全身倦怠感」です。
「藿香正気散」は名前の通り、香りがよく体内の湿邪を乾燥させる藿香が主薬です。
香りがよい薬草は胃腸を整えて、体内の湿邪を排泄する効果があり、「藿香正気散」
には、藿香のほかに半夏、紫蘇葉、陳皮、厚朴、大腹皮、白芷などの湿邪を除く薬草
が多く配合されています。さらに胃腸を丈夫にする白朮、茯苓、甘草を配合して効果
を高めています。
「藿香正気散」は中国では大変有名な漢方薬でどこの薬局でも扱っています。
夏場の胃腸風邪にはファーストチョイスの漢方薬で、ノロウイルスやロタウイルスに
よる胃腸炎にも効果的です。中国では食あたりによる吐き下しにも良く使われます。

さて、風邪の初期症状には、ゾクゾク寒気がする「青い風邪」、のどが痛み発熱する
「赤い風邪」、吐き気や下痢を伴う「黄色い風邪」があります。
「青い風邪」には、有名な「葛根湯」を飲んで発汗させると改善します。
「赤い風邪」には、漢方の抗菌薬である「銀翹散」(商品名:天津感冒片、涼解楽)
を飲んで殺菌消炎すると改善します。
「黄色い風邪」は、上記のように湿邪が胃腸を犯すことで発病しますので、湿邪を
乾燥排泄する「勝湿顆粒」が良い効果があるわけです。

「勝湿顆粒」は胃腸風邪に効果的ですが、食べ過ぎ飲みすぎによる下痢や吐き気、
妊娠中のつわり、湿気が多いときに悪化する頭痛・頭重感や全身倦怠感などにも
効果的です。

勝湿顆粒は「湿邪を乾燥させて排泄し、胃腸風邪や食あたりを治す漢方薬」です。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。