元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトピー性皮膚炎と漢方薬①

皆さん、こんにちは。

小島薬局漢方堂でお渡ししている「疾患別漢方解説」の第16回テーマは、「アトピー性皮膚炎と漢方薬」です。

1、アトピー性皮膚炎とは
アトピー性皮膚炎の定義は、「増悪・寛解を繰り返す、掻痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くがアトピー素因を持つ」となっています。アトピー性皮膚炎の診断基準は以下になります。
①かゆみがある
②湿疹の状態と広がり
ⅰ)皮疹は湿疹病変
•急性病変としては、紅斑、湿潤性紅斑、丘疹、漿液性丘疹、鱗屑、痂疲になる。
•慢性病変としては、湿潤性紅斑、苔癬化病変、痒疹、鱗屑、痂疲になる。
ⅱ)分布
•左右対称性であり、好発部位としては前額、眼囲、口囲、口唇、耳介周囲、頸部、四肢関節部、体幹になる。
年齢による特徴としては、下記になります。
乳児期:頭、顔にはじまりしばしば体幹、四肢に下降。
幼少時期:頸部、四肢屈曲部の病変。
春思期・成人:上半身(顔・頸・胸・背)に皮疹が強い傾向。
③慢性・反復性の経過
乳児期(1歳未満)では2ヶ月以上、その他では6ヶ月以上を慢性化とする。
このうち、①、②および③の項目を満たすものを、症状の軽重を問わずアトピー性皮膚炎と診断します。
★重症度のめやす
軽 症:面積にかかわらず、軽度の皮疹のみみられる。
中等症:強い炎症を伴う皮疹が体表面積の10%未満にみられる。
重 症:強い炎症を伴う皮疹が体表面積の10%以上、30%未満にみられる。
最重症:強い炎症を伴う皮疹が体表面積の30%以上にみられる。
★また、診断の際に参考にするものとしては、次のようなものがあります。
家族歴 (気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎)
合併症 (気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎・結膜炎)
アトピー皮膚 (鳥肌のように、毛穴に一致してブツブツができている)
血清IgE値の上昇 (血液検査による)

2、アトピー性皮膚炎の原因
アトピー性皮膚炎は、一般に「アレルゲン」によって肌がアレルギーを起こしているためと
いわれています。アレルゲンなどの刺激により肌がかゆくなり、肌をかきむしると肌があれ、またかゆみがおきます。このような悪循環によって、かきむしられた肌が再生する前に再びかきむしられ、肌が像の皮膚のように硬くごわごわした皮膚へと変質してしまいます。
遺伝的素因、食生活の乱れと農薬・食品添加物、腸管免疫能の低下、ストレスなど様々な要因が複雑に関係しますので、一つの理由に特定することは難しいようです。

3、西洋医学と漢方医学のアトピー性皮膚炎の考え方の違い
西洋医学ではアトピー性皮膚炎を皮膚の病気と考えています。ですから、ステロイド軟膏やワセリンを皮膚に塗ることを治療の中心とします。一方、漢方医学では「皮膚は内臓の鏡」と考えます。
確かにステロイド軟膏を塗ると、短期的には皮膚がきれいになります。しかし、ステロイド軟膏を長期に使うと皮膚が萎縮して色素沈着がおこりかえって治りにくくなります。また、副作用を恐れて急に中止するとリバウンド現象がおきて以前より悪化するという悪循環に陥ることがあります。
私たちの皮膚はカバンではないので、油やクリームを塗ってもきれいにはならないのです。漢方医学では五臓六腑のひずみを改善して、肝臓の解毒能を高め、血液を浄化することで、根本から体質改善することを重視しています。

次回は具体的な漢方治療についてアップします。
スポンサーサイト

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

第3回漢方薬膳教室

皆さん、こんにちは。

今日は小島薬局漢方堂の2階で、第3回漢方薬膳教室を行いました。
今回は2回シリーズの1回目で、テーマは「免疫を高める漢方と薬膳」です。
今回は7名の参加者で行いました。

まずは、私が免疫を強化する漢方の考え方について30分ほどお話させていただきました。

第3回漢方薬膳教室①

その後は、国際薬膳師の三輪百合の指導による薬膳実習になります。
参加者全員で協力して調理を行います。

第3回漢方薬膳教室②

でき上がった薬膳レシピです。
レシピは「豆腐ハンバーグきのこあんかけ」と「リブレフラワー入り玄米炊き込みご飯」です。

第3回漢方薬膳教室③

最後は楽しい試食タイムです。3回とも参加されている方もいますので、和気藹々と雑談しながらの試食となりました。

第3回漢方薬膳教室④

次回は来月22日に「肌を美しくする漢方と薬膳」というテーマで行います。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

漢方薬解説「亀鹿参」

皆さん、こんにちは。

漢方薬解説第71弾は「亀鹿参」です。

「亀鹿参」は新日本漢方株式会社が開発したオリジナル配合の漢方製剤(保健食品)です。新日本漢方株式会社は、古くからの漢方の友人である宋靖鋼先生が今年創業した会社です。

「亀鹿参」は優れた補腎薬である「亀鹿二仙膠」をベースにして、改良を加えています。

亀鹿参

優れた補腎薬である鹿角・亀板・羊胎盤を主薬に、佐薬として補腎薬の黒蟻・枸杞子のを配合し、使薬として活血薬の紅花、鶏血藤、田七を配合しています。

鹿角・亀板・羊胎盤などの動物性の補腎薬は「血肉有情之品」といわれ、腎精を補う効果が非常に優れています。
ホルモン活性、アンチエイジング、骨の強化に優れますので、不妊症・更年期障害・骨粗鬆症・耳鳴り・認知症などに効果が期待できます。また、不妊症に使った手応えでは、卵子の質を良くする効果があるようです。

亀鹿参は180錠入(20日~60日分)で12390円になります。

亀鹿参は「腎精を強力に補い、ホルモン活性化に優れた」漢方製剤です。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

横浜薬科大学ランチョンセミナー

皆さん、こんにちは。

昨日は横浜薬科大学でランチョンセミナーを開催しました。
キャリアセンター主催の大学生への会社説明会です。
横浜薬科大学は横浜市戸塚区のドリームランド跡地に作られた薬科大学です。
静岡県出身の学生も比較的多く、漢方薬学科もあることから、弊社の会社コンセプトとマッチしている薬科大学だと思います。また、卒業後に調剤薬局や漢方薬局を希望する学生も多いことから、今年の大学生の求人活動は横浜薬科大学を中心にしています。

立派な正門からキャリアセンターに向かいます。

横浜薬科大学①

正面に立派な建物には図書館や各部長室などがあります。
まずは辻邦郎学部長を表敬訪問して、いろいろお話させていただきました。
その後、図書館に寄って私の著書を贈呈させていただきました。

横浜薬科大学②

12時50分から1時間ほど時間をいただき、ランチョンセミナーを開催しました。
キャリアセンターのご協力で当初の予定より人数が増えて、40名以上の5年~6年の大学生が聞きにきてくれました。

前半は弊社常務の大石森一郎が沼津の特長、会社概要、会社理念などについて話をして、後半は私が漢方堂や漢方医学、弊社の将来性などについて話をしました。

横浜薬科大学④

横浜薬科大学③

キャリアセンターの方からは、真剣に聞いた学生が多く良い内容でしたとお褒めいただきました。
来春は漢方堂・調剤薬局ともに薬剤師を募集していますので、1人でも入社してくれると嬉しく思います。

ブログの読者の方も、弊社で働く希望がある方がいましたら、下記のメールにいつでも連絡をください。

panda@kojima-y.com

どうぞよろしくお願いいたします。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

お客様の声(不妊症)

皆さん、こんにちは。

10月も中旬になり、朝夕は涼しくなってきました。
だいぶ過ごしやすくなってきましたね。

さて、今回はT・M様(20代前半・女性)の喜びの声を紹介します。

★ご来店されたころの気になる症状

赤ちゃんを授かりたかった。

★良くなった・楽になった症状

周期療法をはじめて、わりとすぐに妊娠できました。

★漢方薬を飲んでいかがでしたか?

漢方薬によって飲みやすいものと飲みにくいものがありましたが、楽しみながら飲んでいました。
続けていくうちに基礎体温のメリハリが出てきました。

〔薬局から一言〕
T・M様は結婚して5年経ち、不妊治療で流産も経験されていましたが、年齢が若かったため卵巣機能は大きな問題がありませんでした。ですから、約2ヶ月の服用で妊娠することができました。とても早く妊娠できたので、大変喜んでいただけました。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

ぱんだUSBメモリ

皆さん、こんにちは。

今回はパンダコレクション102弾「ぱんだUSBメモリ」を紹介します。

いつもお世話になっている「ぱんだや」さんで購入しました。
以前より購入したかったのですが、いつも売り切れの人気商品で、やっと入手できました。

ぱんだUSBメモリ①

見た目は普通のパンダフィギュアです。ところが・・・

ぱんだUSBメモリ②

何と真ん中からUSBメモリが出てきました!

ぱんだUSBメモリ③

パソコンにつけると、↑ こんな感じです。お尻が愛らしいです(^-^)/
容量は8GBあります。

使うことがもったいない感じですが、1個は使って、1個は保管しておきます。

テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

パンダご神体の化粧直し

皆さん、こんにちは。

パンダ神社のご神体は昨年9月末に完成しましたので、完成してから1年以上が経過しました。

昨年に水抜きを行っていますが、夏場を越えたこともあり、一部にヒビが入ってしまいました。クスノキの一刀彫なので、まさに生き物ですね。

そこで約2週間ほど化粧直しに旅に出ることになりました。

パンダご神体化粧直し

現在はご神体がありませんが、妻が自作した愛情のあるパンダが置いてあります。
越前焼きの狛犬ならぬ狛パンダも健在ですので、ご来店の際はご鑑賞ください。

パンダご神体がきれいになって帰ってくることを首を長くして待っています。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

腰痛・関節痛と漢方薬②

皆さん、こんにちは。

今回は「腰痛・関節痛と漢方薬」の続きです。

5、腰痛・関節痛の漢方治療
漢方医学では腰痛・関節痛などの痛みの疾患を痺証と言っています。痺証の外的な要因は、風邪・寒邪・湿邪・熱邪があり、体内の要因は気血不足・肝腎不足・脾虚・淤血・痰湿などがあります。体質の失調に外的な邪気が侵入して、痛みが生じると考えています。急性期は外的な邪気を除く漢方薬を重視して、慢性化した場合は体内の失調を整えて体質を強化する漢方薬を重視します。
痺証は、急性期は風寒証(ふうかんしょう)、風湿証(ふうしつしょう)、湿熱証(しつねつしょう)、慢性期は肝腎両虚(かんじんりょうきょ)、脾腎陽虚(ひじんようきょ)、気滞淤血(きたいおけつ)などのタイプが多く見られます。
風寒証は寒邪を受けて痛みがおきるタイプで、痛痺とも言われます。温めて痛みを和らげる桂枝加朮附湯五積散加附子などの附子を含む漢方薬が効果的です。
風湿証は湿気の多い環境で湿邪を受けて重だるい痛みや腫れがおきるタイプで、着痺とも言われます。温めて湿邪を除いて痛みを和らげる薏苡仁湯苓姜朮甘湯などが効果的です。
湿熱証は関節が熱を持って赤く腫れており、炎症によって痛みがおきるタイプです。熱を冷まして炎症を抑える白虎加桂枝湯桂枝加芍薬知母湯などが効果的です。
肝腎両虚は痛みが慢性化して、筋肉や骨が弱ったり、変形したりすことで痛みがおきるタイプです。肝腎を補い、筋骨を丈夫にする独活寄生湯健歩丸などが効果的です。
脾腎陽虚は痛みが慢性化して、筋肉や骨が弱り、体力も低下して冷えを伴うことで痛みがおきるタイプです。脾腎を補い、体を温めて免疫力を強化する牛車腎気丸海馬補腎丸などが効果的です。
気滞淤血は血行が悪くなり、経絡が滞ることで痛みがおきるタイプです。急性期にも慢性期にも淤血は現れることがあります。淤血を改善して痛みを和らげる疎経活血湯通導散などが効果的です。
体質や原因に合わせて漢方薬を服用すると、徐々に痛みが和らぎ、再発を防止することができます。

6、腰痛・関節痛の予防に効果的な漢方製剤
痛みの予防には、軟骨を補う、筋肉や筋を強化する、血行改善をする、温めるなどの方法があります。軟骨を補うためにはコンドロイチンが最適です。筋肉や筋を強化するためにはアリ製剤が効果的です。アリが主薬のイーパオ、コンドロイチンを含む活楽宝は、痛みを和らげる効果も優れています。血行改善して温めるためには田七や爽月宝などが効果的です。

7、日常生活の注意
・温める食材を多く食べる:生姜、ねぎ、ニンニク、にら、根菜類、発酵食品などを多く食べましょう。
・黒く粘る食材を多く食べる:黒ゴマ、黒豆、ヤマイモ、昆布などの黒くて粘る食材を多く食べましょう。
・体を温める:冷えは慢性の痛みには大敵です。温泉や温灸など体を温めましょう!
・ストレスをためずによく笑う:「笑う門には福来る」リラックスすることで、血行が良くなります。
・適度の運動を心がける:適度な運動を心がけて、末梢血流を良くしましょう!

腰痛・関節痛と漢方薬①

皆さん、こんにちは。

小島薬局漢方堂でお渡ししている「疾患別漢方解説」の第15回テーマは、「排尿障害と漢方薬」です。

1、腰痛・関節痛について
腰痛・関節痛を伴う疾患は、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、脊椎すべり症、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、変形性膝関節症、関節リウマチ、頸椎ヘルニア、肩関節周囲炎、骨粗鬆症、打撲など数多くあります。特に腰痛は「人間が2本足で歩くようになったために背負う宿命」といわれます。人間は2本足なので、他の動物に比べ腰へかかる重荷は大きくなるからです。
肩関節は作りが複雑な上に疲労しやすく、足や腰は体を支えているので、かなりの負荷がかかってきます。ですから、腰痛や関節痛は誰にでも起こる可能性があります。また、関節炎や関節痛などは軽い症状を含めると、ほとんどの方が経験されたことがあると思います。

2、腰痛・関節痛の原因
関節は歩く・走る・座るなどの行動をするために必要不可欠な仕組みの一つです。関節の作りは非常に複雑なため、腰痛や関節痛などが起こりやすいのです。関節炎の原因は多岐にわたり、姿勢の悪さ、激しい運動や労働、関節の老化、関節の変形、軟骨の摩耗、骨粗鬆症、打撲、ウイルスによる炎症、自己免疫異常による炎症などがあります。それ以外にも、ストレスなどによる神経的な痛みや原因不明の痛みも見られます。

3、腰痛・関節痛治療の問題点
現代医学はX線やMRI検査で目に見える構造の異常を診断して、その構造の異常を修正して、病気を押さえ込むことを重視しています。原因がはっきりしているときは、手術療法、薬物療法、物理療法(牽引・低周波など)、神経ブロック療法などの画一的な治療を行います。一方、目に見える明らかな構造異常が認められない場合は、痛みがあれば消炎鎮痛剤、筋肉がこっていれば筋弛緩剤、しびれがあればビタミン剤や血行促進剤といった対症療法となってしまいます。
診断技術や人工関節、手術などは進歩していますが、治療については対症療法の域を出ていません。ですから、慢性化した痛みに良い方法が少ないのです。

4、西洋薬と漢方薬の違い
西洋医学は局部の治療を重視しており、肩関節、肘関節、股関節、膝関節、脊椎などと身体の主要な部位ごとに専門領域が分かれています。一方、漢方医学は人間の身体はこれらの部分の単なる集まりではなく、有機的なつながりを持っていると考えています。
漢方医学では痛みの原因は大きく二つあると考えています。一つは痛む部位の流れが悪く気血が通じないため(不通則痛)、もう一つは痛む部位に栄養が足りないため(不栄則痛)と考えています。
不通則痛は、湿気や冷えが気血の流れを悪くして、通じることができずに痛みをおこすと考えます。不栄則痛は、慢性疾患などで気血が消耗し、栄養が不足して痛みをおこすと考えています。
以上のように、漢方医学では痛みの原因を重視しており、痛みが起きないような体質作りを行うようにしています。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。