元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寇 華勝先生インタビュー

皆さん、こんにちは。

10月のDMのために、寇 華勝先生にインタビューを行いました。

テーマは「秋を健康に楽しく過ごす養生法」です。

今回は隔週木曜日の漢方相談でご活躍されている寇 華勝(こう かしょう)先生に実りの秋をより健康で快適に過ごす養生法をお聞きしました。

http://kanpodou.com/modules/top/kenkou.html

Q1:これから本格的な秋になりますが、何か気をつける事はありますか?

A1:秋と言えば「食欲の秋」「スポーツの秋」など、いずれも健康状態の良い季節を指しています。しかし、中国最古典の「素問」には「秋は万物が実を結ぶ時で、全てが引き締まり、収納される時期である。あれもこれもやりたい等とイライラして活動的になってはいけない。この時期に活動しすぎて汗をかき過ぎると、肺が弱まり冬になって下痢になる。」
とありますので、あまり無理しすぎず、肺や呼吸器系やお肌の乾燥に気をつけたほうがいいですね。

Q2:その予防として普段からできる事はありますか?

A2:秋は夏の疲れがまだ残っている時でもあるので、今のうちに胃腸や呼吸器を丈夫にしておき、冬に風邪を引かない体づくりをしておくのが大切です。
中国ではスープに百合根や木くらげ、なつめ等を入れて頻繁に食べるようにします。百合根や木くらげは体に潤いを、なつめは体に元気を与えてくれます。他にも梨は最も肺を潤してくれる食材の1つですので積極的に摂るように心がけましょう。
また食欲の秋と言いますが美味しいところだけ食べるのではなく「全体食」を心がけて下さい。他にもできるだけ国産の物を食べる「身土不二」を意識するといいと思います。そして「腹八分目に医者いらず」と言われるように腹八分目に食べることで胃腸を労ってあげましょう。

Q3:先程「食欲の秋」とおっしゃっていましたが、この秋に食べ過ぎた方や太ってしまった方にいい漢方薬はありますか?

A3:食べ過ぎてしまった方には『晶三仙』がいいですね。山査子、麦芽、神曲の3つの生薬からできており、中国では昔から漢方の消化薬として用いられてきました。ついつい美味しい物を食べ過ぎた時や飲み会等食べ過ぎた時に頓服されるといいですよ。
太ってしまった方には『三爽茶』がすごくいいですね!柳茶、蓮の葉、すぎな、シベリア人参からできており、健康的に以前の体重に戻すサポートをしてくれますよ。

古典や中医学に詳しい寇先生ならではのお話でしたね。
もっと詳しいお話を聞きたい方は隔週の木曜日に是非薬局へお越しください!!
スポンサーサイト

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

お客様の声(不妊症)

皆さん、こんにちは。

今週になって朝夕はだいぶ涼しくなってきましたね。
不妊症の相談は今年も比較的多く、今年に入ってから33人の方から妊娠の報告をいただききました。今月も今日までに4人の方から喜びの声をいただいています。

さて、今回はM・T様(40代前半・女性)の喜びの声を紹介します。

★ご来店されたころの気になる症状

不妊症

★良くなった・楽になった症状

飲み始めて4ヶ月後に、初めての体外受精にて妊娠できました。

★漢方薬を飲んでいかがでしたか?

味も気にならずに1日も欠かさずに飲むことができました。
また、少し便秘気味でしたが、松寿仙を飲み始めて1週間後に改善しました。
本当にありがとうございました。

〔薬局から一言〕
M・T様は生理周期の乱れは少なかったので、年齢を考慮して卵巣機能を高める婦宝当帰膠と補腎薬を中心とした周期療法を行いました。途中から松寿仙も追加したところ、便通や体調がよりよくなりました。
最初の体外受精で妊娠することができ、とても喜んでいただくことができました。


テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

生茶パンダ・業務用

皆さん、こんにちは。

今回はパンダコレクション101弾「生茶パンダ・業務用」を紹介します。

生茶パンダシリーズはすでに終了して、インターネットでも生茶の食玩としても手に入らなくなっています。
私も一通りコレクションしましたが、生茶パンダの愛らしい表情と都道府県シリーズなど企画力が素晴らしかったと思います。
さて、今回お客様から見たことのない巨大な生茶パンダをいただきました。展示会などで使用している業務用ということです。これはレアもの!素晴らしいです。

生茶パンダ・業務用

早速お店に飾っていますので、ご来店の際はぜひご覧ください。

テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

日本中医薬研究会全国大会

皆さん、こんにちは。

一昨日は日本中医薬研究会の全国大会でした。
私は日本中医薬研究会の学術委員長の仕事もしているため、前日から宿泊して大会のお手伝いをしました。

今回のメイン講師は、淤血研究の第一人者である王階先生の講演でしたが、日中関係の悪化もあり急遽来日中止というハプニングがありました。しかし、講演資料は全て送っていただきましたので、イスクラ産業の中医学講師が代行して講演を行いました。淤血については、私も昨年の学術シンポジウムで発表をしたのですが、王階先生の講演内容と共通する部分も多く、改めて淤血認識について自信を深めることができました。

全国大会①

さて、今回の会場は、ザ・プリンスパークタワー東京で、東京タワーのすぐ隣のホテルです。宿泊した部屋から、東京タワーがきれいに見えました (^-^)/

全国大会②

全国から集まった多くの先生方と有意義な交流ができ、とても収穫の多い全国大会でした。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

排尿障害と漢方薬②

皆さん、こんにちは。

今回は「排尿障害と漢方薬」の続きです。

4、排尿障害の漢方治療
腎機能の低下や抗利尿ホルモンの異常、前立腺肥大症、尿失禁、過活動膀胱などの排尿障害は、すべて老化現象と関係がありますので、漢方医学では腎虚と考えています。腎を補うことが排尿障害を改善する基本といえます。ただし、前立腺肥大は腎虚の上に瘀血や痰湿が前立腺に溜まっていると考えます。
一部の尿失禁は筋力不足により中気が下陥している方もいます。また、心因性の排尿困難は肝気の鬱滞や心腎のバランスの乱れが関係しています。
腎虚には、腎陰虚、腎陽虚、陰陽両虚の3つのタイプがあります。
腎陰虚:老化によって体内の水分が減って、乾燥するタイプです。やせ気味の方が多く、頬に赤みがあります。排尿障害でも尿量は少なく、尿の色は黄色で濃いことが多いです。六味丸、杞菊地黄丸、瀉火補腎丸などが効果的です。
腎陽虚:老化によって体内の陽気が消耗して、冷え性になるタイプです。やせ気味の方も太り気味の方もいますが、色白の方が多いです。排尿障害でも尿量が多く、尿の色は透明で薄いことが多いです。八味地黄丸や牛車腎気丸、参馬補腎丸などが効果的です。
陰陽両虚:腎陰虚や腎陽虚が進行したもので、腎陰虚と腎陽虚の症状が混ざって現れます。ですから、腎陰を補う漢方薬と腎陽を補う漢方薬を併用します。ただし、腎陰虚と腎陽虚の症状の度合いや舌の色などを診て、補腎陰と補腎陽の漢方薬の比率を調整する必要があります。
さて、前立腺肥大は上記の腎虚の上に淤血や痰湿が溜まっています。体質に合った補腎薬に、淤血を改善して痰湿を除く桂枝茯苓丸水快宝を併用すると効果的です。また、ノコギリヤシは前立腺を小さくする効果があります。
筋力不足による尿失禁は、腎虚の上に中気下陥もありますので、体質に合った補腎薬に、中気下陥を改善する補中益気湯を併用すると効果的です。
心因性の排尿障害は、肝気の鬱滞や心腎の不交が関係します。肝気鬱滞には四逆散柴胡桂枝干姜湯が効果的です。心腎不交には清心蓮子飲天王補心丹が効果的です。
体質や原因に合わせて漢方薬を服用すると、排尿障害が徐々に改善していくと同時に、様々な老化現象も同時に改善していきます。

5、排尿障害の予防に効果的な漢方製剤
排尿障害の予防は、老化による腎機能の低下を防止することにあります。ですから、補腎薬によるアンチエイジングがとても効果的です。排尿障害は「予防に勝る治療はなし」といえます。
補腎薬は上記の漢方治療と共通するところがあります。補腎薬は予防にも治療にも使うことができます。

6、日常生活の注意
・良く噛んで腹八分目:ゆっくり噛んで食べることで過食を防止して、腹八分目で肥満を予防します。
・ストレスをためずによく笑う:「笑う門には福来る」、つまらないことに腹を立てないようにしましょう。
・適度の運動を心がける:適度な運動で血行を良くして、イキイキとした血液を作りましょう!

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

排尿障害と漢方薬①

皆さん、こんにちは。

小島薬局漢方堂でお渡ししている「疾患別漢方解説」の第14回テーマは、「排尿障害と漢方薬」です。

1、排尿障害とは
排尿障害とは、なんらかの原因で排尿の困難を認めるものをいいます。排尿障害は排尿困難や残尿感などの排出障害と、頻尿や尿失禁などの蓄尿障害、感染症の3つに分けられます。
その中でも頻尿、尿失禁、排尿困難が排尿障害の3大症状といわれています。頻尿とは一般におしっこが近いといわれる症状です。成人の平均排尿回数は日中4~6回ですが、日中に8回以上あれば昼間頻尿といい、就寝後に1回以上トイレに起きれば夜間頻尿といいます。尿失禁とは、排尿を我慢できなかったり、本人の意思に反して尿が漏れてしまうことです。 排尿困難とは尿が出にくい状態で、1回の排尿に50秒以上かかる、 尿に勢いがなく途中で止まってしまう、力まないと尿が出にくい、残尿があるなどの症状があります。

2、排尿障害の原因
排尿障害の原因としては、腎機能の低下、抗利尿ホルモンの異常、前立腺肥大症、尿失禁、過活動膀胱などが知られています。
腎機能低下:多くは老化によって尿の製造や貯蔵、排出のコントロール力が低下し、様々なおしっこのトラブルを招きます。
抗利尿ホルモン異常:尿管内の水分を体内に再吸収させる抗利尿ホルモン・バソプレシンは、通常は睡眠中に多量に分泌されるため、睡眠中に水分が体内に吸収され、夜間の尿意が少なくなります。しかし、加齢などの原因でバソプレシン分泌が乱れると、睡眠中に水分が再吸収されず、膀胱に尿がどんどん蓄積され、夜間に頻繁な尿意を感じることになります。
前立腺肥大症:男性の尿管の周囲を取り巻くように存在する前立腺が、加齢とともに機能が低下して、低下した機能を補うために体積が肥大化します。この肥大することで起きる排尿障害を前立腺肥大症と呼びます。一般的に80歳までに80%の男性が前立腺肥大症になるといわれています。
尿失禁:尿失禁は不随意に尿が漏れる状態で、高齢者や女性の方に多く見られます。膀胱の粘膜や括約筋が委縮するために、くしゃみや咳、しゃがんだ時など腹圧が高まった時に尿が漏れてしまいます。女性の尿失禁の80%はこの腹圧性尿失禁です。また、常時尿が漏れるような真性尿失禁。尿意を抑制する神経の働きが低下して起きる切迫性尿失禁があります。
過活動膀胱:過活動膀胱は「急に我慢できないような尿意が起こる」「トイレが近い」「急にトイレに行きたくなり、我慢ができず尿が漏れてしまうことがある」などの症状を示す疾患です。過活動膀胱には、脳と膀胱を結ぶ神経のトラブルで起こる「神経因性」のものと、それ以外の原因で起こる「非神経因性」のものがあります。しかし、何らかの原因で膀胱の神経が過敏にはたらいてしまう場合や、原因が特定できない場合もあります。この原因の特定できないものや加齢によるものが、実際には最も多く存在しています。

3、西洋薬と漢方薬
排尿障害は様々な原因がありますが、加齢による機能低下など原因が不明のものもあります。感染症や前立腺肥大のように原因がはっきりとしていて、抗生物質や手術などが有効な場合は、西洋薬は良い効果があります。一方、腎機能低下や過活動膀胱、尿失禁のように加齢によるものや原因が不明のものは漢方薬が得意とします。腎機能を高め、アンチエイジングをすることは漢方薬の得意分野の一つです。

次回は具体的な漢方治療についてアップします。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

小島薬局漢方堂1周年

皆さん、こんにちは。

小島薬局漢方堂は、本日1周年を迎えることができました。
日頃のご愛顧に心より感謝申し上げます。
本日より1周年記念キャンペーンを行っています。
なんといっても目玉は「パンダくじ」です!

漢方堂1周年①

1等賞は ”巨大パンダぬいぐるみ”です。
午前中にさっそく1等賞が出ました!

漢方堂1周年②

さて、小島薬局漢方堂では、体質を客観的に判断するために、パラマテック血流測定計、体成分分析装置 ”InBody”、指先血流スコープ”Bscan-pro”の3種類の測定機器を揃えています。

漢方堂1周年④
〈パラマテック血流測定計と体成分分析装置〉

漢方堂1周年⑤
〈指先血流スコープ”Bscan-pro”〉

血流測定計と指先血流スコープで、血圧や末梢血流、末梢血管の状態を測定して、淤血の程度や老廃物の停滞などを客観的に判断できます。
体成分分析装置で肥満度や体脂肪、骨量、筋肉量などを測定して、ダイエット指導、メタボリック予防のアドバイスができます。

漢方医学の弁証論治は長年の経験で得意分野ですが、上記の測定機器と合わせることで、より正確な体質判断ができるようになりました。よって、現在は正しい漢方薬や健康食品の選択が以前よりも自信を持ってできています。
おかげさまで、お客様からの喜びの声もたくさん寄せられています。

漢方堂1周年③

小島薬局漢方堂は、〈女性の悩みや病気〉〈慢性病や難病〉(病気の予防や健康促進〉という3つの柱があります。どのようなお悩みにも対応できる体制を整えておりますので、お気軽にご来店ください。
皆様のご来店をお待ちしております (^-^)/

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

美容痩身研究会のダイエット研修会

皆さん、こんにちは。

一昨日から一泊で、美容痩身研究会の研修会に参加しました。美容痩身研究会はダイエットを専門に研鑽していますが、ダイエット商品だけでなく、食事法、運動法、カウンセリング法(考え方)などを重視してることが特長です。

美容痩身研究会

小島薬局漢方堂は入会して3ヶ月半になりますが、おかげさまでダイエットの成功者が以前よりも劇的に増えました。
美容痩身研究会のダイエットの理論は漢方医学とは異なる考え方も多いのですが、ことダイエットに関しては美容痩身研究会の方法がより効果が上がりやすいことを実感しています。
今回の一泊研修ではダイエットの理論や成功例、リバウンドの防止、体重変化の個人差などについて学ぶことができました。

小島薬局漢方堂は、ダイエットを中心とした予防医療への貢献、不妊症を中心とした女性の悩みの解消、アトピーやアレルギー、自律神経失調症、癌などの慢性疾患の改善という、3つの柱があります。
今回の研修で、柱の1つであるダイエットにより確信を持つことができるようになりました。美容痩身研究会に入会して良かったと思っています。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。