元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慢性肝炎と漢方薬①

皆さん、こんにちは。

小島薬局漢方堂でお渡ししている「疾患別漢方解説」の第12回テーマは、「慢性肝炎と漢方薬」です。

1、慢性肝炎とは
慢性肝炎は、何らかの理由で肝臓の炎症が6か月以上続いている状態をいいます。症状としては、疲れやすい、食欲不振などの軽い症状のことが多く、黄疸を示すことはきわめて稀です。無症状の場合も少なくありません。しかし、血液検査をすると肝機能に障害があります。このように、慢性肝炎の自覚症状は軽いことが多いのですが、この状態が数年から数十年続くと肝硬変に進み、さらに肝臓ガンになることがあるので、注意が必要です。

2、慢性肝炎の原因
慢性肝炎のほとんどはB型・C型肝炎ウイルスの感染が原因となっています。C型肝炎ウイルスは輸血をはじめ血液を媒介とした接触で感染し、C型肝炎にかかった人の3分の2が慢性肝炎へと進みます。B型肝炎ウイルスは輸血や性行為・出産時の母子感染などで感染し、B型肝炎ウイルスのキャリア(ウィルス保持者)の一部の方が慢性肝炎に進みます。しかし、肝炎ウイルス以外にも慢性肝炎の原因となる疾患は様々あり、脂肪肝・アルコール性肝炎・薬物性肝炎・自己免疫性肝炎・原発性胆汁性肝硬変などがあげられます。

3、C型肝炎について
ウイルス性肝炎は、ウイルスの型によってA型肝炎・B型肝炎・C型肝炎などに分けられています。このうち、慢性化して肝硬変に移行する可能性が高いのはC型肝炎です。C型肝炎には、肝細胞が次々に壊されていく「活動型」と、進行が緩やかな「非活動型」があります。活動型は肝機能検査でGOTやGPTの値が高くなりますが、非活動型の場合は肝機能検査ではほとんど異常がなく、C型肝炎の抗体が見つかるだけです。非活動型でも数年から数十年続くと肝硬変に進み、さらに肝臓ガンになることがあります。

4、インターフェロンについて
ウイルスに対する抵抗力をつける薬として、インターフェロンが注目されています。インターフェロンは肝細胞に直接働いてウイルスの増殖を防ぐと考えられていますが、血液中のウイルスの量が多い場合はほとんど効果がないことが知られています。C型ウイルスはⅠ型からⅤ型までありますが、日本人に多いⅡ型はウイルス量が多いため、あまり効果が認められていません。また、インターフェロンは副作用が多く、ほとんどの人に全身倦怠感が現れ、インフルエンザのような発熱、脱毛、白血球や血小板の減少、うつ病、間質性肺炎のような重い副作用が出ることもあります。
近年のインターフェロンは改良を重ねて以前よりも副作用は減っていますが、万能ではありませんので、過信することは危険です。

5、西洋薬と漢方薬の違い
西洋医学では、ウイルスの種類によって分類し、ウイルスを減らすことを目的としています。しかし、慢性化した場合に、肝臓を保護して肝機能を維持させる西洋薬は限られています。一方、漢方医学では肝炎の症状の程度や進み方は、ウイルスよりも、体の抵抗力や体質の違いに大きく影響されると考えています。ですから、免疫力を高めて、体質改善することで進行を防止することを得意としています。
ウイルスに感染しても、漢方薬で肝臓のレベルを十分に保っていれば、肝炎の進行を防止することができます。

次回は具体的な漢方治療についてアップします。
スポンサーサイト

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

お客様の声(不妊症)

皆さん、こんにちは。

7月下旬になってから、暑い日が続きますね。
熱中症の予防には「麦味参」や「西洋人参」「松寿仙」などが効果的です。疲労がひどい時には、牛黄清心丸がよく効きます。漢方薬や日常の養生で暑い夏を乗り切りましょう!

さて、今回はO・M様(40歳・女性)の喜びの声を紹介します。

★ご来店されたころの気になる症状

腎炎と反復流産(不育症)

★良くなった・楽になった症状

妊娠が成立して、安定期になりました。

★漢方薬を飲んでいかがでしたか?

腎炎は落ち着いており、お医者様より妊娠の許可をいただきました。流産を経験しているので、周期療法を始めたところ、短期間で妊娠できました。
その後、腎臓を強くする漢方薬と流産を予防する漢方薬を飲み続け、妊娠週数にに合わせて漢方薬を変えながら飲み続けたところ、安定期まで来ることができました。
妊娠初期より「赤ちゃんはすごく元気だ」とお医者様から言われています。元気な子を産みたいと思います。
本当にありがとうございました。

〔薬局から一言〕
O・M様はIgA腎症で、2回の流産経験がありました。幸い腎機能はそれほど悪くなかったので、補腎を中心とした周期療法を行いました。基礎体温も良くなってきたと思っていたら、3ヶ月の服用で妊娠することができました。その後は、参馬補腎丸や衛益顆粒、田七人参、六君子湯などを随時配合して、流産を予防しました。間もなく出産の予定です。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ホームページのプチ改良

皆さん、こんにちは。

小島薬局漢方堂のホームページをプチ改良しました。


http://kanpodou.com/

・特集ページ「不妊症周期療法」と「美痩研式ダイエット」を作りました。

・小島薬局漢方堂動画のバナーを作成しました。

・少し遅くなりましたが、4月入社の漢方スタッフ、田中友也くんの紹介をアップしました。



久しぶりのプチ改良ですので、お時間がありましたらぜひお読みください!

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

元気パンダの商標登録

皆さん、こんにちは。

本日、今年1月に申請していた「元気パンダ」のロゴマークと文字が商標登録されたとの通知が届きました!

元気パンダ①

元気パンダ②

「元気パンダ」を使って商品を開発する予定はないのですが、「元気パンダ」のロゴは小島薬局オリジナルで、象徴でもありますので、商標登録して残しておきたかったのです。
申請から認可まで約半年かかりましたが、無事に認可されて安心しました。

ところで、パンダ神社のご神体も「元気パンダ」を彫刻師さんに一刀彫で作っていただきました。

元気パンダ③

今後も「元気パンダ」と「パンダ神社」でお客さまをお迎えして、漢方薬で健康になっていただけるように研鑽していきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

脳卒中と漢方薬②

皆さん、こんにちは。

今回は「脳卒中と漢方薬」の続きです。

4、脳卒中の漢方治療

漢方医学では脳梗塞は中風といわれ、軽いものを中経絡、重いものを中臓腑と呼んでいます。現在では中臓腑のような重いものは入院治療をするため、漢方治療の対象になるものは、脳卒中の前兆や軽い脳卒中にあたる中経絡及び脳卒中後遺症になると思われます。漢方医学では、脳卒中の予防は高血圧の治療に準じます。
脳卒中の前兆は、肝陽上亢型(かんようじょうこうがた)、肝腎陰虚型(かんじんいんきょがた)、気滞淤血型(きたいおけつがた)、痰淤互阻型(たんおごそがた)の4つのタイプが多く見られます。
肝陽上亢型はイライラしてのぼせやめまい、頭痛を伴うことが多く、中年以降の方に多く見られます。釣藤散や降圧丸、柴胡加竜骨牡蠣湯などが効果的です。
肝腎陰虚型は慢性に経過した高齢者に多く見られます。杞菊地黄丸に降圧丸を併用すると効果的です。
気滞淤血型は血流が悪く、血液ドロドロの方で、多くの高血圧の方に見られます。冠元顆粒や血府逐淤丸、通導散などが効果的です。淤血を改善する漢方薬は動脈硬化の予防にも最適です。
痰淤互阻型は肥満で血液ドロドロの方で典型的なメタボリックの方に多く見られます。大柴胡湯や防風通聖散に淤血を改善する冠元顆粒や血府逐淤丸を併用すると効果的です。
脳卒中は血液の汚れ(淤血体質)がベースにある方が多いので、冠元顆粒など淤血を改善して血液をサラサラにする漢方薬を常に併用すると良い効果が得られます。
軽い脳卒中にあたる中経絡は、高血圧がベースにあり、突然発作が起きます。漢方薬では、牛黄製剤が良い効果があります。軽い発作の場合は、すぐに服用すれば症状が改善することもあります。脳卒中が心配な方は、牛黄清心丸や牛黄末を常備薬として手元に置いておくことをお勧めします。
脳卒中後遺症は一人一人重さが異なりますが、半身不随や言語障害が多くみられます。脳卒中により気が消耗されて、気が不足して血液を運行することができず気虚淤血となり発症すると考えています。
中国の漢方薬では補陽還五湯が有名です。この製剤は日本にはないため、黄耆の入った衛益顆粒と冠元顆粒を併用します。血圧が高い人は釣藤散、降圧丸、杞菊地黄丸などと冠元顆粒を併用します。蟻製剤や水蛭製剤などの昆虫の入った製剤を併用すると更に効果的です。
体質や原因に合わせて漢方薬を服用すると、血圧を安定させ、将来の合併症を予防することができます。

5、脳卒中の予防に効果的な漢方製剤

脳卒中の予防は、高血圧の予防と共通しています。脳卒中は、「予防に勝る治療はなし」といえます。
脳卒中の予防は何といっても血管を丈夫にして血液をサラサラにすることです。血管を丈夫にして血液をサラサラにするためには、松寿仙や冠元顆粒が最適です。

6、日常生活の注意

・良く噛んで腹八分目:ゆっくり噛んで食べることで過食を防止して、腹八分目で肥満を予防します。
・玄米や雑穀を主食にした和食にする:日本人には和食が合っています。主食は未精白の穀物にしましょう!
・ストレスをためずによく笑う:「笑う門には福来る」、つまらないことに腹を立てないようにしましょう。
・適度の運動を心がける:適度な運動で血行を良くして、イキイキとした血液を作りましょう!

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

脳卒中と漢方薬①

皆さん、こんにちは。

小島薬局漢方堂でお渡ししている「疾患別漢方解説」の第11回テーマは、「脳卒中と漢方薬」です。

1、脳卒中とは

脳卒中は、正式には脳血管障害とよばれる病気です。脳卒中はいくつかの種類がありますが、大きくは脳の血管がつまる脳梗塞と、脳の血管が破れて出血する脳出血、くも膜下出血に分けられます。脳卒中の患者数は現在約150万人といわれ、毎年25万人以上が新たに発症していると推測されています。
脳卒中はがん・心臓病に次いで日本における死因の第3位となっています。また、寝たきりになる原因の3割近くが脳卒中などの脳血管疾患です。

脳梗塞:脳の血管が細くなったり、血管に血栓が詰まったりして、脳に酸素や栄養が送られなくなるために、脳の細胞が障害を受ける病気です。脳梗塞は詰まる血管の太さやその詰まり方によって、ラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症3つのタイプに分けられます
脳出血:脳内の血管が何らかの原因で破れ、脳の中に出血した状態をいいます。そのために意識障害、運動麻痺、感覚障害などの症状が現れます。
くも膜下出血:脳の血管の枝分かれしたところにできたこぶが破れ、脳の表面に出血を起こす病気です。動脈瘤には高血圧でできるものや生まれつきの血管の形状によりできるものなどがあります。

2、脳卒中の原因

脳卒中の危険因子とされているのは、高血圧、糖尿病、動脈硬化などですが、中でも最も恐れられているのが高血圧です。血圧が高くても自覚症状がないことも多く見られますが、血圧の高い状態が長く続くと、知らないうちに脳の血管が次第に蝕まれてしまい、脳の血管が破れて脳出血したり、脳梗塞が進行することになります。なお、クモ膜下出血は脳動脈瘤が原因となりますが、脳動脈瘤は先天的なものに加え、高血圧や動脈硬化などが加わって発生すると考えられています。

3、脳卒中と後遺症

脳卒中には後遺症の問題があります。症状としては、手足のマヒ、言語障害や視覚障害、感覚障害などがあります。また、脳卒中は発作を繰り返すことで後遺症が悪化して、認知証を合併することもあります。リハビリに励むことは大切ですが、漢方薬を使うことで再発を防止して、後遺症の回復を早めることができます。

次回は具体的な漢方治療についてアップします。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

横浜薬科大学訪問

皆さん、こんにちは。

昨日は、会社の求人活動で横浜薬科大学を訪問しました。2006年開校の新設薬科大学ですが、臨床薬剤師の教育に力を入れており、漢方薬学科、健康薬学科、臨床薬学科の3学科があります。
神奈川県戸塚市にあり、沼津からは一番近い私立薬学部になります。静岡からの学生も多いということですので、求人活動を目的にキャリアセンターを訪問しました。

初めて訪問したのですが、立派なキャンパスとホテルのような高いビルに驚きました。比較的静かな地域で、勉強環境も良い立地です。

横浜薬科大学

キャリアセンターの担当者がとても親切な方で、詳しく説明していただきました。もともと横浜でリームランドの跡地を使っているので、高層ビルは当時のホテルをそのまま使っているということでした。
横浜薬科大学は学部長の辻先生、漢方薬学課長の石毛先生が静岡県立大学で教鞭を取られていたということで、紹介していただくことができました。
石毛先生の研究室では、学生さんが研修中でしたが、わざわざお時間を取っていただき漢方の話をいろいろさせていただきました。静岡にいた頃に漢方講座を行っていたことや漢方医師と交流していたことなどをお聞きして、話が盛り上げりました。ご著書も見せていただいたのですが、イラストを使って漢方薬を解説した素晴らしい書籍だと思います。

漢方処方と方意

求人活動で訪問したのですが、キャリアセンターの担当者の方のおかげでいろいろ漢方の交流もでき、有意義な一日でした。できれば一人でも採用できるようにアプローチしていきたいと思っています。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

お客様の声(大人のニキビ)

皆さん、こんにちは。

梅雨に入り蒸し暑い日が続きますね。この時期からはだんだん皮膚病の相談が多くなってきます。
皮膚病ではやはりアトピー性皮膚炎の相談が多いのですが、大人のニキビの相談も多くなっています。
大人のニキビは漢方薬の効果がとても良いため、口コミの相談も増えています。

さて、今回はN・Y様(20代・女性)の喜びの声を紹介します。

★ご来店されたころの気になる症状

ニキビ

★良くなった・楽になった症状

ニキビができにくくなった!!
ニキビの跡がうすくなったり、良くなってきている。
お腹の調子も良い。

★漢方薬を飲んでいかがでしたか?

苦くて少し飲みにくく、なかなか良くならないなぁと思っていたけど、続けていたら少しずつ、でも確実に良くなっていることを実感しました!!”これからも飲み続けよう”と思います。

〔薬局から一言〕
N・Y様は少し程度が重いニキビでした。あごや頬、背中に赤く大きなニキビが散在して、背中はケロイド状になっているところもありました。荊芥連翹湯、五涼華、桂枝茯苓丸加ヨクイニンを中心に2年以上漢方薬を続けていますが、現在は背中はきれいになって、あごにニキビ跡が残る程度まで良くなりました。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

心臓病と漢方薬②

皆さん、こんにちは。

今回は「心臓病と漢方薬」の続きです。

4、心臓病の漢方治療
漢方医学では狭心症や心筋梗塞のような心臓の痛みを胸痺、不整脈を心悸とよんでいます。漢方医学では心臓は大切な臓器なので、心包で守られており、病邪を直接受けないと考えられています。ですから、慢性病といえる心臓病は心の気血陰陽の不足がベースにあると考えます。一方、漢方医学では、痛みは「不通則痛」と考えており、瘀血や痰濁が心に停滞して痛みが起きると考えます。つまり、体質や症状によって虚証と実証があると考えています。

心臓病は、実証は気滞淤血型(きたいおけつがた)、痰淤互阻型(たんおごそがた)が多く見られ、虚証は気血不足型(きけつふそくがた)、気陰両虚型(きいんりょうきょがた)、心陽不振型(しんようふしんがた)が多く見られます。
気滞淤血型は長年のストレスなどで血液がドロドロになり、気の停滞が淤血に及び、狭心症や心筋梗塞、心臓弁膜症、心臓神経症に多く見られます。冠元顆粒血府逐淤丸などが効果的です。
痰淤互阻型は美食や肥満などで動脈硬化が進み、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患に多く見られます。痰濁を改善する温胆湯牛黄製剤に淤血を改善する冠元顆粒血府逐淤丸などを併用すると効果的です。
気血不足型は慢性に経過することで心の気血が消耗し、狭心症や不整脈、軽度の心不全などに多く見られます。帰脾湯炙甘草湯保元黄などが効果的です。
気陰両虚型は慢性に経過することで心気と心陰が消耗し、狭心症や心筋梗塞、不整脈、心不全など様々な心臓病に見られます。生脈散炙甘草湯などが効果的です。
心陽不振型は気血不足型や気陰両虚型が進行して冷えを生じ、心筋梗塞や心不全、重度の不整脈などで見られます。参茸補血丸真武湯附子人参湯などが効果的です。
心臓病は血液の汚れ(淤血体質)がベースにある方が多いので、冠元顆粒など淤血を改善して血液をサラサラにする漢方薬を常に併用すると良い効果が得られます。
体質や原因に合わせて漢方薬を服用すると、心臓病の予防や再発防止に良い効果があります。

5、心臓病の予防に効果的な漢方製剤
心臓病の予防は、高血圧や動脈硬化の予防と共通しています。心臓病は「予防に勝る治療はなし」といえます。心臓病の予防は何といっても血管を丈夫にして血液をサラサラにすることです。血管を丈夫にして血液をサラサラにするためには、松寿仙、冠元顆粒、心沙棘などが最適です。

6、日常生活の注意
・良く噛んで腹八分目:ゆっくり噛んで食べることで過食を防止して、腹八分目で肥満を予防します。
・玄米や雑穀を主食にした和食にする:日本人には和食が合っています。主食は未精白の穀物にしましょう!
・ストレスをためずによく笑う:「笑う門には福来る」、つまらないことに腹を立てないようにしましょう。
・適度の運動を心がける:適度な運動で血行を良くして、イキイキとした血液を作りましょう!

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

心臓病と漢方薬①

皆さん、こんにちは。

小島薬局漢方堂でお渡ししている「疾患別漢方解説」の第10回テーマは、「心臓病と漢方薬」です。


1、心臓病とは

心臓病とは、狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈、心臓弁膜症、心臓神経症などの病気の総称で、心臓に栄養を補給する冠動脈が狭くなったり、 詰まったり、心臓自身の力が弱まったり、心臓の鼓動が不規則になる病気のことです。心臓病は、日本人の全死亡順位としては、がんについて第2位 を占めており、特に狭心症や心筋梗塞のような動脈硬化が原因の虚血性心疾患が増えています。
心臓を養う血管(冠動脈)が動脈硬化によって細くなり、心臓の筋肉(心筋)に血流が届かなくなって、
運動をしたときなどに酸素不足から胸が苦しくなるのが狭心症です。冠動脈がさらにつまると血流がとだえ、その先の心筋細胞が死ぬと心筋梗塞となり、激烈な痛みが起きます。狭心症と心筋梗塞をあわせて虚血性心疾患とよびます。
心血性心疾患や、他の心臓病によって心臓の機能が低下すると、心臓はポンプとしての役割を十分果たせなくなり、心不全になります。心不全の状態になって心臓が送り出す血液の量(心拍出量)が低下すると、だるい、疲れやすい、呼吸が苦しい、息切れ、むくみ、などの症状が起こります。
虚血性心疾患や他の心臓の病気、自律神経の興奮などにより心筋の電気系統に異常が生じ、脈が乱れるのが不整脈で、動悸がする、胸苦しい、脈が飛ぶなどの症状が出ます。不整脈が原因で心臓のポンプ活動に影響を及ぼし、心不全の原因ともなることもあります。

2、心臓病の原因

心臓病の危険因子とされているのは、高血圧、糖尿病、高脂血症、ストレス、喫煙などです。心臓病の危険因子は、単独であればすぐに発症するわけではありませんが、数が増えることにリスクが高まります。それも「2つだから2倍になる」という単純計算ではなく、2乗、3乗になることもあります。心臓病というのは突然発病するのではなく、発症する以前に長期間にわたり隠れた時期がありますので、重大な結果を避けるためにも、予防を行うことが必大切です。

3、西洋薬と漢方薬の違い

西洋医学は心臓病の診断と救急方面に優れており、狭心症や心筋梗塞をカテーテル手術などで救命しています。しかし、西洋薬は副作用がありますし、血液をきれいにして動脈硬化を予防したり、心臓病の再発防止をすることは十分でないようです。一方、漢方薬は血液をサラサラにして動脈硬化を防止し、体質改善によって予防や再発防止をすることを重視しています。

次回は具体的な漢方治療についてアップします。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。