元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病と漢方薬①

皆さん、こんにちは。

小島薬局漢方堂でお渡ししている「疾患別漢方解説」の第8回テーマは、「糖尿病と漢方薬」です。

1、糖尿病とは

糖尿病は世界的に増えており、先進国では人口の五%もの患者がいると推定されています。日本でも予備軍を含めれば、国民の十人に一人に当たる千四百万人近くに達すると言われています。糖尿病には1型と2型がありますが、ここでは生活習慣病の2型を中心にお話しします。
糖尿病の典型的な症状は、口渇、多飲、多尿、体重減少などが知られていますが、実は大多数の方はほとんど無症状です。検診で血糖値が高く糖尿病を強く疑われる状態でも、自覚症状があまりないため、およそ半数の方が治療を受けていないと言われています。糖尿病の診断基準は以下になります。

A.①~③のいずれかに該当する場合には『糖尿病型』と判定
  ①:随時血糖値200mg/dL以上が確認された場合
  ②:早朝空腹時血糖126mg/dL以上が確認された場合
  ③:75g糖負荷試験で2時間値200mg/dL以上が確認された場合
B.別の日に検査して①~③の値のいずれかで『糖尿病型』が確認できれば糖尿病と診断
C.糖尿病型を示し、かつ下記のいずれかの条件を満たす場合は1回だけの検査でも糖尿病と診断
  1)糖尿病の典型的症状(口渇・多飲・多尿・体重減少)の存在
  2)HbA1c≧6.5%
  3)糖尿病網膜症の存在
  4)現在『糖尿病型』で過去に高血糖を示したデータがある場合など

2、糖尿病の原因

日本人は欧米人にくらべ、体質的に糖尿病になりやすいといわれていますが、それ以上に食事の欧米化や運動不足、 そしてストレスの強い社会環境が背景となっているようです。
糖尿病はインスリンというホルモンの働きが不足するために、血液中にブドウ糖があふれかえる病気です。インスリンの作用が不足するのには、①インスリンの分泌量が減ること、②インスリンに対する細胞の感受性が悪くなること、という二つの理由があります。

3、なぜ血糖値を下げるのか

糖尿病は徐々に進行し恐ろしい合併症をひきおこします。糖尿病の本当の怖さは、この合併症にあります。
糖尿病は典型的な生活習慣病ですので、食生活を改善し、肥満を防ぎ、予防することが大切です。血糖を下げる薬は効果は早いのですが、血糖値を下げているに過ぎません。血糖値が下がったことに安心して生活習慣の改善という根本治療を怠ると、糖尿病性腎証、糖尿病性神経障害(しびれ、壊疽など)、糖尿病性網膜症などの合併症が発症します。血液が砂糖水のような状態ですから、血管がもろくなり動脈硬化が進行して、脳や心臓の病気にもなりやすくなります。 

4、西洋薬と漢方薬の違い

西洋薬は血糖を下げる力は強いのですが、血液をきれいにして合併症を予防する方面は十分ではないようです。一方、漢方薬は血糖を下げるだけでなく、体質を改善して合併症の予防を行うことも重視しています。
糖尿病は将来の合併症を防ぐことが大切ですので、漢方薬による体質改善が有効なのです。
スポンサーサイト

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

第1回漢方薬膳教室

皆さん、こんにちは。

今日は小島薬局漢方堂の2階で、第1回漢方薬膳教室を行いました。
今回は2回シリーズの1回目で、テーマは「女性ホルモンを活性化する漢方と薬膳」です。
当日に諸事情で2名のキャンセルがあり、5名の参加者となりました。

まずは、私が基本的な漢方の考え方について30分ほどお話させていただきました。

漢方薬膳教室①

その後は、国際薬膳師の三輪百合の指導による薬膳実習になります。

漢方薬膳教室②

でき上がった薬膳レシピです。
レシピは「豚肉と野菜の塩麹蒸し」と「リブレフラワー入り黒米ご飯」です。

漢方薬膳教室③

最後は、試食しながらレシピの解説を行いました。

漢方薬膳教室④

漢方堂では初めての漢方薬膳教室になりましたが、参加者は皆さん満足していただけたと思います。

アンケートの一部を紹介させていただきます。

・薬膳について全く知識がないので大変版今日になりました。日々の生活に密着しているので、シリーズ化されると良いと思いました。

・薬膳料理がこんなに簡単に作れるとは思っていませんでした。身近な野菜や材料で作れるのが良かったです。次回も楽しみにしています。

・薬膳の意味が良くわかりました。食材の効能を知ってい食べるのは良いと思います。来月も楽しみにしています。


次回のテーマは「体脂肪を燃焼させる漢方と薬膳」です。
参加していただく皆様に喜んでいただけるように、いろいろ工夫したいと思っています。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

漢方薬解説「ミンハオ」

皆さん、こんにちは。

漢方薬解説第69弾は「ミンハオ(好)」です。
「ミンハオ」はイスクラ産業が開発したオリジナル配合の漢方製剤(保健食品)です。
非常にユニークな製品で、宝石でも使われている琥珀や真珠が配合されています。
漢方医学では鉱石類を使うことがあり、竜骨(古代大型脊椎動物の化石)、牡蠣(カキの殻)、磁石(天然磁鉄鉱)、紫石英(紫水晶)なども安神薬(不安感やイライラ、不眠を改善する)として使われています。

ミンハオ

主薬は中国東北地方特産で、安神作用がある短梗五加果(ウコギ科の植物の実)です。さらに前述の琥珀や珍珠母(真珠)が配合されています。

バランスの良い配合で、不眠、不安感、イライラ、動悸、のぼせなどに幅広く使うことができます。
ユニークな効果としては、不妊症などでFSHが高い方を下げる効果があります。漢方医学からみると心を安定させる効果がありますので、心-腎-子宮の生殖軸を調整してFSHを下げていると思われます。ミンハオだけでなく、補腎薬を適宜配合することがポイントになると思います。

ミンハオは「安神鎮静に優れた飲む宝石」です。


テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

お客様の声(湿疹・高血圧)

皆さん、こんにちは。

来週の木曜日に小島薬局漢方堂で初めての「漢方薬膳教室」を開催するので、準備に追われているところです。
管理栄養士で国際薬膳師の資格を持つ三輪百合がレシピを考えて、私が漢方薬の話をする教室です。おかげ様で満員になり、あとは開催を待つばかりとなりました。

さて、今回はO・S様(70代後半・女性)の喜びの声を紹介します。

★ご来店されたころの気になる症状

湿疹。高血圧、腹痛で

★良くなった・楽になった症状

腹痛は少しずつ安定してきた。
それそれが徐々に軽くなってきたよう。

★漢方薬を飲んでいかがでしたか?

少しずつ改善してきた。これからも漢方薬を続けて元気でいたい。

〔薬局から一言〕
O・S様は12年近く漢方薬を服用していただいている、漢方ファンです。いつも長男様と一緒にご来店され、親子で漢方薬を服用していただいています。今でも現役で農作業をしているくらいしっかりされています。
漢方薬はその時々の体調に合わせて調合しています。夏場には湿疹が出やすいのですが、最近は酷い湿疹が出ることはなくなりました。血圧も安定しています。
今後も元気でいることができるように、良い漢方薬を調相したいと思います。


テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

メタボリックシンドロームと漢方薬②

皆さん、こんにちは。

今回は「メタボリックシンドロームと漢方薬」の続きです。

5、メタボリックシンドロームの漢方治療

メタボリックシンドロームは漢方医学では臓毒証体質といわれ、内臓に湿熱や淤血という老廃物が溜まっている状態と考えています。漢方治療としては、新陳代謝を高めて、大便や尿、汗などから老廃物を排泄して、体質から改善していきます。
メタボリックシンドロームは湿熱型(しつねつがた)、痰湿型(たんしつがた)、痰淤阻滞型(たんおそたいがた)、気滞淤血型(きたいおけつがた)、気虚淤血型(ききょおけつがた)の5つのタイプが多く見られます。

湿熱型は動物性食品や辛い物、アルコールを多くとり、内臓脂肪が溜まるタイプです。防風通聖散や竜胆瀉肝湯が効果的です。
痰湿型は油脂類、甘い物、果物、アルコールを多くとり、内臓脂肪が溜まるタイプです。温胆湯や加味平胃散が効果的です。
痰淤阻滞型は動物性食品や油脂類、甘い物、アルコールを取りすぎて、内臓脂肪が溜まり、血液がドロドロになるタイプです。温胆湯に水快宝、田七を併用すると効果的です。
気滞淤血型はストレスによって過食になり、内臓脂肪が溜まり、血液がドロドロになるタイプです。大柴胡湯に水快宝、田七を併用すると効果的です。
気虚淤血型は過労により新陳代謝が低下して、内臓脂肪が溜まり、血液がドロドロになるタイプです。防己黄耆湯に水快宝、田七を併用すると効果的です。

体質や原因に合わせて漢方薬を服用すると、血圧を安定させ、将来の合併症を予防することができます。

6、メタボリックシンドロームの予防に効果的な漢方製剤

健康食品はメタボリックシンドロームの予防と合併症の予防に使われます。「予防に勝る治療はなし」ということです。メタボリックシンドロームの予防は何といっても内臓脂肪の減少と血液の浄化です。
内臓脂肪の減少には三爽茶や小島薬局オリジナル大益湯(ダイエットウ)、イサゴールなどが効果的です。血液の浄化には松寿仙、田七人参が効果的です。

7、日常生活の注意

・良く噛んで腹八分目:ゆっくり噛んで食べることで過食を防止して、腹八分目で肥満を予防します。
・玄米や雑穀を主食にした和食にする:日本人には和食が合っています。主食は未精白の穀物にしましょう!
・体を温める:体温が1℃下がると基礎代謝は約12%減少するといわれています。体を温めましょう!
・適度の運動を心がける:適度な運動で血行を良くして、新陳代謝を高めましょう!

体質に合わせた漢方薬や健康食品を適切に服用すると、内臓脂肪は確実に減少していきます。ぜひ漢方ダイエットをお試しください。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

メタボリックシンドロームと漢方薬①

皆さん、こんにちは。

小島薬局漢方堂でお渡ししている「疾患別漢方解説」の第7回テーマは、「メタボリックシンドロームと漢方薬」です。

1、メタボリックシンドロームとは
「肥満、高脂血症、高血糖、高血圧」といった動脈硬化の危険因子をいくつも併せもった状態のことをメタボリックシンドロームと呼びます。メタボリックシンドロームの人は、糖尿病を発症するリスクは通常の7~9倍。心筋梗塞や脳卒中を発症するリスクは約3倍にもなるといわれています。
日本におけるメタボリックシンドロームの診断基準は、以下になります。

必須項目
ウエスト周囲径 男性85cm以上、女性90cm以上

上記に加えて以下の3項目のうち2つ以上
・中性脂肪≧150mg/dl かつ/または HDLコレステロール<40mg/dl
・収縮期血圧≧130 mmHg かつ/または 拡張期血圧≧85 mmHg
・空腹時血糖≧110mg/dl


つまり、必須項目に加えて、脂質代謝・血圧・血糖の3項目のうち2つ以上あてはまれば、メタボリックシンドロームということになります。

2、メタボリックシンドロームの原因
メタボリックシンドロームの原因は、偏食や食べ過ぎ、お酒の飲み過ぎ、運動不足などの生活習慣にあります。
食生活の乱れや運動不足の生活を送っていると次第に肥満になり、中性脂肪などの血中脂質や血圧、血糖値が上がり動脈硬化になるわけです。この動脈硬化の行き着く先は、脳卒中や心臓病といった疾患です。まさに、現代の豊かで便利な生活環境や飽食、そして不規則な生活習慣などからおきた現代病の代表といえます。

3、メタボリックシンドロームと肥満
メタボリックシンドロームは皮下脂肪よりも内臓脂肪の蓄積が問題であり、内臓脂肪症候群ともいわれています。
肥満は体のどの部分に脂肪がつくかによって、2つのタイプに分かれます。
下腹部、腰のまわり、太もも、おしりのまわりの皮下に脂肪が蓄積するタイプを洋ナシ型肥満(皮下脂肪型肥満)、内臓のまわりに脂肪が蓄積するタイプをリンゴ型肥満(内臓脂肪型肥満)とよびます。
メタボリックシンドロームは内臓脂肪が問題になりますので、メタボリックシンドロームと関係が深いのはリンゴ型肥満ということになります。ウエストが男性では85cm以上、女性では90cm以上であるとリンゴ型肥満が疑われます。また、ウエスト÷ヒップが女性では0.8以上、男性では1.0以上あるとリンゴ型肥満が疑われます。
なお、リンゴ型肥満は外見では分からない隠れ内臓脂肪型もありますので、注意が必要です。

4、西洋薬と漢方薬の違い
メタボリックシンドロームのような症候群は、西洋医学は苦手とします。肥満、高脂血症、高血糖、高血圧の4つの疾患に別々の西洋薬を使いますので、対症療法になってしまいます。一方、漢方薬は内臓脂肪を減少して、体質から改善してメタボリックシンドロームの進行を防止します。
メタボリックシンドロームは、進行すると糖尿病や高血圧のリスクが高まり、その先は心臓病や脳梗塞になる恐れがあります。内臓肥満を解消して、将来の合併症を防ぐことが非常に大切ですので、漢方薬による体質改善が有効なのです。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ゴールデンウィーク

皆さん、こんにちは。

世間では大型連休に入っていますが、私の店は暦通りの営業です。
昨日、本日と元気に営業しています。

昨日は不妊症のお客様を紹介させていただいている、地元の婦人科の医師と食事をしながら情報交流をしました。
私よりもお若い先生ですが、非常に臨床経験が豊富で、不妊症や子宮脱のメッシュ手術など素晴らしい実績を上げられています。

手術については私の専門分野ではないのですが、不妊症に関してはとても有益な話を聞くことができました。

特にPCOSを食事療法で高確率で妊娠させた話や加藤レディースとセントマザー病院の違い、ヤーズを使った最新の体外受精事情などとても勉強になりました。

その中で漢方薬が生かせる分野について情報交流しました。
クロミッドやhMGの使用を好まない先生で、排卵障害を根本から改善すること、卵管の通りを良くすること、卵子の質を上げること、内膜の環境を整える事などに漢方薬が薬に立つ可能性があることを話し合いました。

今後も引き続きお客様の紹介をさせていただき、より深い交流をしていきたいと思っています。

さて、明日5月3日~5月6日まではお休みをいただきます。
5月7日から営業を再開しますので、よろしくお願い申し上げます。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。