元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掌紋医学について

皆さん、こんにちは。今回は掌紋医学の概略についてお話します。

掌紋医学は名前のとおり手の平の掌紋を見て、診断することです。掌紋というと手相を思い浮かべる方が多いと思いますが、現在中国で行われている掌紋医学は手相とは一線を画しています。手相は運勢を見る占いで、掌紋医学は病気を診断する医学と考えています。
掌紋を見ることは共通していますので、線の名前や解釈も共通しているとことがありますが、手相では仕事運や財運を見る線が掌紋医学では病気を見る線になっているケースもあります。
現在中国で掌紋医学を行っている中医師は増えてきているようですが、王晨霞先生趙理明先生が著書も多く、第一人者と思われます。私は幸運にも今年の5月と9月に両先生から直接教えてもらう機会に恵まれました。教えを受けた中で、掌紋医学と手相の共通点を多く感じましたが、両先生とも手相と掌紋医学が違うことを強調していました。
私が思うに、現在の中国は政府が占いを禁止しているため、占いを迷信として考えている人も多くいます。そのため、占いと掌紋医学が違うことを必要以上に強調しなくては世間に認められないのではないかと感じました。
日本では手相は肯定的に考えている方が多く、手相の本も多く出版されています。手相教室で学んだ知識は掌紋医学を学ぶ際に大いに役立ちましたし、両者のよい部分を融合させた方がよい判断ができると思います。ですから、私は掌紋医学ではなく、手相漢方として広めたいと思っています。

さて、掌紋医学と東洋手相は易や形相学からの発展ですので、源は同じといえます。漢方医学の古典の〈黄帝内経〉にも手と経絡、疾病に関する記載がみられ、宋代には〈麻衣神相〉という掌紋医学の専門書が書かれています。また、清代の名医、葉天士は〈杏林玉掌歌〉という掌紋医学の著書を残しています。(杏林玉掌歌は葉天士の弟子が書いたといわれています)
このように中国での掌紋医学は歴史がありますが、中医学の診断としては脈診や舌診と比べると発展しませんでした。やはり占いと医学の狭間にあって、中医学の診断としては正式に認められなかったのではないかと想像しています。実際に王晨霞先生も趙理明先生もそのようなことを言っていました。両先生とも掌紋医学の診断に誇りを持っていましたし、実際によく当たっています。占いとの狭間で発展が遅れたことを残念に思っているようでした。

私が掌紋医学を学んだ感想は、とても実践的で実用価値が高いということです。中医学の診断でスタンダードの脈診や舌診と比べても、遜色がない(むしろ勝るとも劣らない)診断法だと思います。掌紋医学の特徴は①目で見れること、②臓腑定位ができること、③過去の病歴や将来の予測ができること、などがあります。
舌診は大雑把な臓腑定位と寒熱・虚実の判断はできますが、細かい臓腑定位が難しく、病歴や予後の予測も難しいところがあります。
脈診は名人になりますと、臓腑定位や病歴や予後の予測も正確にできるといわれています。しかし、目で見ることができませんので、優れた師匠についての長い修行と天性の素質が必要になります。

以上のことを考えると、掌紋医学こそ日本の環境に最適で、大きな可能性を秘めていると思っています。私も日々薬局店頭で掌紋医学の研鑽をして、手相漢方として発展させるように努力したいと思っています。今後、少しずつ連載して行きますので、ご期待ください。
スポンサーサイト

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

東洋療法研修セミナー

皆さん、こんにちは。
昨日は静岡県鍼灸マッサージ師会が主催する、東洋療法研修セミナーの講師を勤めました。
昨年・一昨年と浜松鍼灸マッサージ師会が主催する市民講座の講師を勤めさせていただきましたが、今年は静岡県鍼灸マッサージ師会副会長の伊藤悦男先生とのご縁で東洋療法研修セミナーの講師を勤めさせていただきました。
会場は満員で、40人以上の鍼灸師や鍼灸学校の学生の方が参加しました。
演題は「中国医学に学ぶメタボリックシンドローム:気・血・津液の調和と食養生」です。

東洋療法研修セミナー①

今回はメタボリックシンドロームの定義と中医学での考え方をお話ししました。
特に気・血・水の過不足による六体質分類法の説明と、メタボリックシンドロームは気虚体質、痰湿体質、淤血体質が多いことを重点的に解説しました。

東洋療法研修セミナー②

また、メタボリックシンドロームと肥満の関係から、リンゴ型肥満(内臓脂肪型肥満)と洋ナシ型肥満(皮下脂肪型肥満)の説明と、メタボリックシンドロームはリンゴ型肥満が問題になることを説明し、それそれに効果的な漢方薬食養生の解説をしました。

最後にメタボリックシンドロームと糖尿病についてお話しました。伝統的に漢方医学では糖尿病を「消渇病」と考えてきましたが、実は「消渇病」は1型糖尿病のことを指し、2型糖尿病はメタボリックシンドロームと関係が深いことを説明しました。ですから、「消渇病」の治療では十分な効果を得ることができません。特に2型糖尿病の初期~中期についてはメタボリックシンドロームの治療に準じて、痰湿、湿熱、淤血、気陰両虚の治療が大切であることを詳しく解説しました。

私は漢方薬が専門で鍼灸は専門ではないですが、同じ東洋医学を実践していますので、共通するところが多くあります。講演が終わり、10分くらいの質疑応答の時間をとりましたが、時間が足りなくなるくらいに熱心な多くの質問がありました。できるだけ丁寧にお答えしましたので、皆さん満足していただけたようです。

今年も講演会の機会を与えていただいた、静岡県鍼灸マッサージ師会の皆様に心より感謝いたします。

テーマ:医療従事者になるための勉強 - ジャンル:学校・教育

子宮筋腫について

皆さん、こんにちは。

しばらく西安研修の話しでしたので、久しぶりに婦人科疾患の子宮筋腫についてお話します。
子宮筋腫は成人女性の5人に1人は持っているといわれるほどポピュラーな疾患です。特に30歳代後半から40歳代前半の女性によく見られます。しこりを発見すると「ガンでは」と心配する人もいますが、子宮筋腫はガンと違って良性ですし、将来ガン化する心配はありません。ただ、子宮筋腫のできる場所によっては、出血過多による貧血や不妊症・流産の原因になることがあります。
子宮筋腫が大きくなるのは女性ホルモンや食生活が関係しているといわれます。食生活については、肉や卵、乳製品、洋菓子、加工食品などを多く食べる人は悪化しやすいと考えられています。
子宮筋腫は発生場所により大きく3つに分けられます。最も多い発生場所は筋層内筋腫で、次に漿膜下筋腫、そして粘膜下筋腫の順番です。
漿膜下筋腫は子宮の外側にあるため、症状があまりおこりません。ただ、大きくなると腸や膀胱を圧迫するため、便秘や頻尿などの症状が出ることがあります。小さい場合は特に治療しなくても良いですが、サイズが大きくなると治療が必要になります。
筋層内筋腫は子宮の収縮がうまくいかなくなり、生理痛がひどくなることがあります。また、生理が止まりにくくなることもあります。
粘膜下筋腫は子宮内膜にあるため、漢方治療を行なうと生理とともに排出されてとれてしまうケースがあります。このタイプは一般的に生理の量が多くなります。ひどい場合は、大量に出血して止まらなくなる事もあるようです。出血が多い方は、生理中は止血作用のある漢方薬を使うこともあります。
いずれのタイプでも、あまりにもサイズが大きいときは、手術を考慮する必要があります。一般的には、鶏卵大までなら、漢方薬で子宮筋腫が小さくなったり、無くなるケースがあります。それよりも大きい場合でもサイズが小さくなるケースもあります。

さて、子宮筋腫は痛む、しこる黒ずむという淤血の特徴がはっきり現われています。ですから、子宮筋腫の治療には淤血を改善する活血化淤薬を基本薬として使います。子宮筋腫によく使われる活血化淤薬としては、桂枝茯苓丸血府逐淤丸弓帰調血飲第一加減爽月宝水快宝などがあります。
体質が弱く貧血気味の方は、気血を補う婦宝当帰膠十全大補湯などを併用します。
胃腸が弱く疲れやすい方は、胃腸を丈夫にする六君子湯参苓白朮散、晶三仙などを併用します。
ストレスが多く生理前にお腹や胸の張りが強い方は、肝気の巡りを良くする加味逍遥散星火逍遥丸、四逆散などを併用します。
肥満があり、内臓脂肪が多い方は、痰湿がたまって子宮筋腫を悪化させていると考えて、温胆湯や五積散、防風通聖散などを併用します。
生理の時に出血過多の方は、止血作用がある弓帰膠艾湯帰脾湯二至丹などを併用します。田七は淤血の改善と同時に止血作用もあるため、出血が多いタイプの子宮筋腫には非常に効果的です。
不妊症で子宮筋腫がある方は、子宮筋腫が妊娠に悪影響を与えないときは、活血化淤薬を使いながら周期療法を行います。子宮筋腫があっても妊娠している方も多くいます。
一方、子宮筋腫が大きかったり、粘膜下筋腫で出血がひどいときは、上記の方法による子宮筋腫の治療を優先します。

また、子宮筋腫は年齢でも治療方針が変わります。40代後半になって閉経が近い方は、閉経後はホルモン刺激がなくなるため自然に萎縮しますので、子宮筋腫を悪化させないことを優先します。若い方は子宮筋腫のサイズや部位、自覚症状、妊娠希望の有無によって治療方針が変わってきます。

いずれにしても手術を避けたい方にとっては、漢方薬はとても効果的な治療方法です。子宮筋腫でお困りの方は、ぜひ漢方薬をお試しください。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

手相漢方を始めた理由

皆さん、こんにちは。

今日は私の42歳の誕生日です。25歳でイスクラ中医薬研修塾で漢方を始めて17年が経ちました。
臨床的には、不妊症を中心とした婦人科疾患、アトピーや花粉症を中心としたアレルギー疾患、癌の免疫療法などには特に力を入れて、多くの経験をしてきました。
学術的には、国際中医師試験を通して中医学の基礎を学び、寇華勝先生にご指導をいただいたことで、中医学の奥深さを学ぶこともできました。また、一貫堂医学を通じて日本伝統漢方の良さを学び、周期療法を通じて中西医結合の有効性を学ぶことが出来ました。
そうした経験の中で、中医学の臨床が西洋医学のように目に見えるものだけを追いかけているのではなく、「気」という目に見えないものを重視していることを感しました。中国には気功治療があり、鍼灸も経絡という目に見えない流れにあるツボを治療します。
私自身は気功や鍼灸は行いませんし、気を感じる力もあまりないようです。それでも見えない世界を探求しているうちにスピリチュアルに興味を持ち、様々な書籍を読み漁りました。スピリチュアルを通じて多くのことを学びましたが、目に見えない世界ですので、なかなか実感が湧かないでいました。何か実感できるものがないかと日々探求していましたが、ある日お客さんの脈を見ているときに掌も見ていることに気づきました。それで、手相を学ぶことを思いついたのです!
今にして思えば、なぜもっと早く気づかなかったのだろうと思うのですが、それまではスピリチュアルには興味があったのですが、占いにはあまり興味がなかったのです。
思い立ったら吉日がモットーの私ですので、早速手相の本を買い込み、読み始めました。そうすると、「掌の線(掌紋)はシワではなく、意味がある」「掌には過去や未来も含めた多くの情報が現れる」ということを知りました。そうです、掌は4次元の世界を2次元に投影したものだったのです!
手相は奥が深く、書籍だけでは限界がありました。そこで、去年の8月からインターネットで知った仙乙恵美花先生の仙習院で手相を学ぶことにしました。手相教室で学ぶことはとても新鮮で、新しい知識を知る喜びがありました。
ところが、手相は恋愛運や仕事運、金運などの運勢を読むとは長けていますが、健康運については十分でない印象がありました。私は薬局で漢方相談を行っていますので、健康運や中医学との関連性を学びたくなりました。
そこで、中国に手相や掌紋による診断法がないか調べていると、掌紋医学というものがあり、昆明の王晨霞先生と西安の趙理明先生が第一人者であることも知りました。幸い亜東書店で両先生の中国語の本を7~8冊入手でき、日本語に翻訳された王晨霞先生の本も入手できました。とても興味深い内容なのですが、手相の知識と異なる部分もあり、どうしても直接会って学びたいと思うようになりました。
ここでも幸運なことに、寇華勝先生の人脈で両先生と連絡をとることができました。そして、今年の5月の連休に雲南の王晨霞先生に、9月の連休に西安の趙理明先生に会いに行くことができました。やはり直接学ぶと、書籍ではわからないことを知ることができます。本当に有意義な研修になりました。
何かに導かれるように掌紋医学にたどり着きましたが、掌紋医学を理解するために手相を学んでいたことがとても役に立ちました。両先生とも掌紋医学は手相と異なるといっていましたが、掌を読むことは同じですのでかなり共通した部分もあったのです!
掌紋は誰でも見ることができますし、掌紋で病気や体質を知ることができれば、予防することもできます。特に薬局では血液検査やエコーなどはできませんので、掌紋医学を実践することは大きな意味があります。
現在は掌紋医学と手相の知識を合わせて、手相漢方に深めていくことを大きなテーマとしています。
今後は、ブログで少しずつアップしていきたいと思っています。興味をお持ちの方は、ぜひご感想をお聞かせください。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

平成21年・マイドゥー講演会

皆さん、こんにちは。

昨日の10月14日(水)に、マイドゥーを発行している(株)リック本社にてお客様講演会を行いました。テーマは昨年と同様に「月経のしくみと基礎体温」です。
マイドゥーのお客様講演会は毎年秋に行っています。今年で9回目になり、すっかり恒例となりました。今年は5人の方が参加してくれました。講演会は10時半~12時の1時間半です。今回の参加者には私の著書「女性の悩みは漢方で治す」を進呈させていただきました。

平成21年マイドゥー講演会

最初は西洋医学の{視床下部-脳下垂体-卵巣-子宮}の生殖軸と漢方医学の{心-腎-子宮}の相関関係による月経のしくみを話しました。その後、基礎体温による体質診断、生理周期ごとの漢方薬の配合の特徴について話しました。さらに、西洋薬と周期療法の併用、西洋薬の副作用について詳しく話しました。最初は少し難しい話なのですが、皆さんメモを取りながら熱心に聴いてくれました。
一通り基本的な話が終わったところで、婦宝当帰膠の試飲会を行い、漢方スタッフの峯崎純が食養生と薬膳の話をしました。婦宝当帰膠は味が美味しいと好評でした。

最後に手診(掌紋医学)と婦人病のお話をしました。今回の西安で趙理明先生から教わったことと手相の知識をあわせてお話ししたら、とても好評でした。時間がなくて、皆さんの手を見ることができなかったことが残念でした。ご来店しての漢方相談を希望される方も多かったので、漢方相談の際に手診を行うことを約束しました。

今回は少人数でしたが、和やかな雰囲気で楽しい講演会でした。

掌紋医学のポスター

皆さん、こんにちは。

先日、漢方の杏村の深谷彰先生から北京のお土産として、趙理明先生の掌紋医学ポスターをいただきました。深谷先生は北京の書店で偶然見つけたそうです。このポスターは遼寧科学技術出版社で製作されており、趙理明先生の診察室にも飾っていました。

掌紋診病挂図

趙理明先生の話では、最初に掌紋医学の著書を書いたときに遼寧の出版社と縁があって契約したそうです。そのときにポスターも2つ作ったようで、もう一つのポスターは、亜東書店に趙理明先生の本を注文したときにおまけでいただきました。
両方とも良く出来ていますが、今回深谷先生からいただいたポスターのほうが実践的で使いやすいです。現在は相談コーナーに飾って、漢方相談のお客様にも見えるようにしています。
さらに素晴らしいには、解説書です。前回のポスターはおまけでもらったため解説書がなかったのですが、今回のポスターには付いていました。趙理明先生の書籍を簡単にまとめたものなのですが、なかなか良く出来ています。

掌紋挂図説明書

掌紋医学については、趙理明の講義王晨霞先生の講義、それぞれの先生の著書、手相教室の知識を合わせて、だいぶ深まってきました。

今後、少しずつ掌紋医学の知識や経験をアップします。乞うご期待ください。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

五糧液のパンダボトル

皆さん、こんにちは。

パンダコレクション73弾は、西安で購入した「五糧液のパンダボトル」です。
五糧液(ごりょうえき)は四川省で作られている白酒で、貴州省で作られている茅台酒(マオタイ)と並ぶ人気の白酒ブランドです。
五糧液は五つの穀物(高粱・トウモロコシ・粳米・糯米・小麦)から作られた蒸留酒です。酸味のある甘い香り、いつまでも残る口あたりのよさなどが特徴です。

さて、この五糧液にはパンダのボトルがあります。去年に南京研修に行った際にホテルの近くの百貨店で見つけたのですが、そのときは他のパンダグッズを購入していて満足していたため、購入を見送っていました。
ところが、帰ってきてから購入を見送ったことを後悔していたため、今回見つけたら購入しようと思っていました。それで、鐘楼の正面にある百貨店のお酒売り場で見つけることができました。南京で見たものと同じデザインです。今回は小さいサイズも見つけることができ、親子パンダで購入しました。

五糧液のパンダボトル

透明な瓶と金箔のバランスが良く、実に美しいパンダボトルです。パンダの表情も絶妙で、惚れ惚れします。さすがパンダの原産地・四川省のお酒です。

さて、漢方の杏村の深谷彰先生が以前に五糧液を絶賛していたことを思い出し、小瓶のパンダボトルをお土産に購入してきました。深谷先生とは最近は毎年一緒に中国に研修に行っており、今年の5月にも雲南に一緒に行きました。今回の西安には一緒に行けませんでしたが、同じ時期に北京に行っていました。

それで、深谷先生からも趙理明先生の掌紋医学のポスターをお土産をいただきました。北京の書店で偶然見つけたそうです。このポスターは、趙理明先生の診察室に掛けてあったポスターと同じものです。現在は相談コーナーに掛けて使っていますが、実に素晴らしいポスターです。深谷先生、いつもありがとうございます。

次回に掌紋医学のポスターを紹介いたします。

テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

西安手診研修⑤

皆さん、こんにちは。

今回は、今回の旅で食べた西安の料理について紹介します。西安といえば、餃子、麺、羊肉、烤鴨などが有名です。また、回族の屋台なども有名です。今回は時間の関係もあり屋台は行けませんでしたが、いろいろ名物料理を食べてきました。

まず初日の夕食は西安ダック(烤鴨)です。烤鴨といえば北京ダックが有名ですが、西安にも西安ダックがあります。今回は鐘楼のすぐ傍にある「西安烤鴨店」で食べました。

西安烤鴨店

西安ダックは北京ダックよりも脂がやや少ないようです。食べ方は北京ダックと同じで、皮にダックとネギ、キュウリなどを特性のタレと一緒に包みます。西安ダックはさっぱりしていて、とても美味しかったです。

西安烤鴨

2日目の朝はホテルで朝食です。私の泊まった西安豪華美居人大厦は、陝西省の役所の隣で、5つ星のホテルでした。朝食には麺を打つ専門の料理人がいましたので、3日間とも打ち立ての麺を食べることができました。

西安麺打ち

2日目の夜は鐘楼のすぐ傍にある「徳発長」で餃子を食べました。趙理明先生もお誘いしたのですが、胃腸の調子が悪いということで、ご一緒できなかったことが残念でした。
14種類の餃子のコースを食べましたが、セイロで蒸した蒸し餃子です。豚肉、鶏肉、貝、白菜、青菜などの具材に、皮の色や形にもそれぞれ細工が施され、きれいに包み上げられていました。甘味の餃子もあり、バラエティーに富んでいて、味も見た目も素晴らしい餃子でした。
3日目の夜も歌劇を見ながら餃子を食べましたが、「徳発長」と同じような細工を施した美味しい蒸し餃子でした。

西安餃子①

西安餃子②

3日目の昼は青龍寺の近くの大衆食堂で、西安名物の「羊肉泡莫」を食べました。本格の店では、硬いパンが別に出てきて、これをお好みの大きさにちぎってスープに浸してたべるそうですが、今回は大衆食堂ですので、最初から入れられていました。羊ダシの効いたスープに、春雨、香菜、キクラゲなどの具財、そして上にのった大きな羊肉が特徴です。自分でパンをちぎれなかったことが少し残念でしたが、ピリ辛でとても美味しい料理でした。

羊肉泡莫

今回は3泊4日と短期間の研修旅行でしたが、寇華勝先生の案内で西安名物の料理をいろいろ食べることができました。中国の旅行は美味しい料理も楽しみの一つですね。

西安手診研修④

皆さん、こんにちは。

9月21日は午前中に兵馬俑、始皇帝陵、華清池を観光したあと、午後は西安市内に向かいました。
まず最初に青龍寺に行きました。青龍寺は弘法大師・空海が修行した寺として有名です。唐の首都・長安に渡り、恵果阿闍梨から1年間という短期間で密教を学び取り、帰国後に真言宗を興しました。その歴史ある青龍寺に行くことができるのは楽しみでした。
青龍寺に入ると、日本語ができるガイドさんがいて、説明を受けながら歩いていきました。しばらく歩くと、ガイドブックでも見た空海記念碑が見えてきました。

青龍寺①

その正面に本堂があり、恵果阿闍梨と空海を祭っています。

青龍寺②

お祈りを済ますと、ガイドさんが隣の部屋に案内してくれました。そこには空海グッズがたくさんあって、びっくりしました。その中でもご朱印帳は魅力的でした。300元かかりましたが、ガイドさんによると、あくまでも寄付ということです。

青龍寺③

よく見ると「第0番礼所」と記載されています。ガイドさんによると、空海が真言密教の教えを受けた始まりの場所ということで、四国八十八箇所めぐりのスタートということです。うーん、本当だろうか・・・ それはさておき、このご朱印帳はとてもきれいで、すばらしいです。

青龍寺の次は、三蔵法師玄奘ゆかりの大雁塔の行きました。大雁塔は三蔵法師がインドから持ち帰った仏教の経典を中国語に翻訳して保存した場所として有名です。とても雄大で立派な塔です。

大雁塔①

せっかくですから、大雁塔を上ることにしました。少し疲れましたが、頂上からの眺めはなかなかよかったです。

大雁塔②

大雁塔に続いて、薦福寺の境内にある小雁塔を見に行きました。小雁塔は大雁塔が建立された半世紀後の707年に建立され、大雁塔より小ぶりなことから小雁塔と呼ばれています。小雁塔も唐の名僧・義浄がインドから持ち帰った仏教の経典を中国語に翻訳して保存した場所になります。

小雁塔

小雁塔を見終わると、もう午後5時を過ぎていました。最後の夕食は、「陝西歌舞大劇院」で演劇を見ながら食べることにしました。10種類の舞台があり、演奏や踊り、演劇などを織り交ぜた、優雅な舞台でした。食事は西安名物の数種類の餃子です。

演劇①

演劇②
演劇③

今回は3泊4日の短期間の研修旅行でしたが、趙理明先生の掌紋医学、西安の名所観光ととても充実して楽しい旅行となりました。
パンダグッズもしっかり購入してきました。パンダグッズは改めてアップします。

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

元気パンダ

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。