元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西安手診研修③

皆さん、こんにちは。

9月21日はタクシーを借り切って、西安の名所を観光しました。
朝8時にホテルを出て、ますは世界遺産の兵馬俑に向かいました。約1時間半で到着しました。入口でチケットを購入して、電気自動車で1号坑に向かいました。

兵馬俑①

電気自動車を降りると、正面に兵馬俑1号坑が見えます。

兵馬俑②

ガイドなどに載っている兵馬俑の写真は、ほとんど1号坑の写真です。いよいよ実物を見れるので、興奮しながら入場しました。

兵馬俑③

大きなドームの中に兵馬俑軍団が見えます。とても大きいです。

兵馬俑④

一体一体の表情が微妙に異なります。当時西安にいた様々な人種が含まれているそうです。
さらに2号坑と3号坑も見ましたが、1号坑に比べると小さくて、変色を防ぐために発掘してないところも多かったです。
せっかく来たので、兵馬俑と同じ土で作ったミニチュア兵馬俑を購入しました。

ミニチュア兵馬俑

十分に満足したので、次の目的地の世界遺産・秦始皇帝陵に向かいました。
秦始皇帝陵は、兵馬俑からすぐに着きます。兵馬俑は始皇帝陵を守る兵隊ですから、当然ですね。入口でチケットを購入して入場すると、小さな山(丘)が正面に見えます。この下に始皇帝が眠っているわけです。なかなか雄大な景色です。

始皇帝陵

時間がなかったので、電気自動車で1周して、次の目的地の華清池に向かいました。
華清池は楊貴妃が唐の玄宗皇帝と休暇を過ごした温泉地として有名です。また、近年では西安事変の舞台としても有名です。

華清池①

入口でチケットを購入して入場すると、楊貴妃のコスプレをした女性が庭を散歩していました。

華清池②

さらに歩いていくと、ガイドで見た楊貴妃の銅像が見えてきました。

華清池③

きれいな銅像ですが、ガイドの写真と違って周りの水が少ないようです・・・

華清池④

実は隣にある、上の写真の池の真ん中に銅像が建っていたそうですが、夜のショーを妨げるということで移動したそうです。中国らしいエピソードです。

午前に観光は華清池で終わり、午後からは西安市内に戻って、青龍寺や大雁塔などの観光です。
午後の観光は次回にアップします。
スポンサーサイト

西安手診研修②

皆さん、こんにちは。

今日は今回の研修のメインである、趙理明先生の講義についてです。
9月21日は朝から夜までみっちりと講義を聞くことができました。
午前中は趙理明先生の勤務先である西安西京整形外科の診察室で講義を受けました。趙理明先生は手の診断(掌紋医学)の名医ですが、一般病院に勤務していました。

西安西京整形外科

この日は他の講演依頼があったそうですが、私たちのために断ってくれたそうです。ですから、外来患者はいなかったのですが、趙理明先生のお弟子さんが2名来ていました。趙理明先生は鋭い眼光が印象的な天才肌の先生です。

趙理明先生

趙理明先生は10冊以上の掌紋医学の著書がありますが、日本で8冊の著書が手に入りましたので、事前に読み込んで行きました。趙理明先生によると、日本で入手できた下記の本が一番基本になるということでした。趙理明先生からも同じ本をサイプ付きでプレゼントしていただきました。

趙理明先生の本

寇華勝先生にお願いして、事前に10項目以上の質問をしていたため、午前中は質疑応答が中心になりました。掌紋医学は中国でも歴史がまだ浅いため、それぞれの先生で経験がやや異なるようです。ですから、著書を読むと王晨霞先生と解釈が異なる部分もありました。この部分も含めて丁寧に教えていただき、疑問だったことが氷解しました。
午後は宿泊したホテルの部屋に移動して、パソコンを使っての講義となりました。数多くの掌紋写真を丁寧に教えていただき、本を読んだだけでは理解しきれない部分や経験を教えてもらいました。
普段から手相を見ていることもあり、中国人の弟子たちよりも飲みこみが早いと褒められて、少し嬉しかったです。最初は5時頃までの予定でしたが、趙理明先生も途中から熱が入って、結局6時過ぎまで全ての写真を解説してもらいました。最後は私も満腹というくらいまで教えてもらいました。趙理明先生の掌紋医学の特徴は、非常に実践的であるということです。
今日は20人以上の漢方相談を行い掌紋も見ましたが、以前よりもポイントがはっきりと見えて、レベルが高まったことを実感できました。そのくらい素晴らしく充実した講義でした。

今回の講義と王晨霞先生の講義、それぞれの先生の著書や手相の知識も合わせて、改めてブログで掌紋医学の解説を行っていくことを考えています。乞うご期待ください。

次回は兵馬俑や大雁塔などの西安の名所についてアップします。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

西安手診研修①

皆さん、こんにちは。

昨日、無事に西安から帰ってきました。9月20日に出発して、9月23日に帰国しました。
今回の研修旅行は、掌紋医学(手診)の名医・趙理明先生の講義を受けることが最大の目的です。兵馬俑などの観光にも行きました。3泊4日とタイトなスケジュールでしたが、非常に充実した研修旅行でした。

9月20日は午前10時に成田を出発して、上海経由で午後4時に西安に着きました。空港からタクシーで宿泊先の西安豪華美居人大厦(グランドメルキュールホテル)に着いたのは午後5時半頃でした。少し休んで、西安市内を散策して、夕食をと食べることにしました。

西安豪華美居人大厦

西安は城下町で、城壁がそのまま残っています。城壁内の中心街と城壁外の市街地に分かれます。城壁はとても立派で、東西南北に城門があります。そして中心地には鐘楼と鼓楼があります。鐘楼と鼓楼は夜になるとライトアップされて、とても美しいです。上の写真は鐘楼で下の写真は鼓楼です。

西安鐘楼

西安鼓楼

夕食は西安ダックを食べました。北京ダックに比べると、脂がやや控えめです。好みの違いがあると思いますが、さっぱりとしていてとても美味しかったです。

翌日はメインイベントの趙理明先生の講義ですので、無理をしないで10時頃にはホテルに帰って寝ることにしました。

次回は趙理明先生の講義についてアップします。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

西安手診研修に行ってきます。

皆さん、こんにちは。

今日からシルバーウイークになりましたね。大型連休の方も多いと思います。私の店は今日まで営業して、明日から23日までお休みです。

私はシルバーウイークを利用して、西安に掌紋医学(手による病気診断)の研修に行ってきます。今回は趙理明先生にお会いして指導を受けることが目的です。
趙理明先生は掌紋医学の普及に力を入れており、王晨霞先生と並んで掌紋医学の著作が多い先生です。
今回も王晨霞先生にお会いしたときと同様に、寇華勝先生の人脈で趙理明先生にお会いできることになりました。趙理明先生に直接指導していただく予定ですので、楽しみにしています。

今日はこれから成田に宿泊して、明日に成田国際空港を出発、23日の夜に帰国する予定です。しばらくブログを更新できませんが、ご了承ください。

西安から帰ってきましたら、今回の研修記をアップしようと思っています。
乞うご期待ください!

ホルモン補充療法について

皆さん、こんにちは。今回はホルモン補充療法についてお話しします。

現在は更年期障害による様々な自覚症状の改善や閉経後の骨粗鬆症、心脳血管病の予防にホルモン補充療法が行われています。日本ではホルモン補充療法の普及率は欧米に比べると低いのですが、最近、自律神経失調症、骨粗鬆症に病院でホルモン剤を勧めるケースが多くなってきました。ホルモン剤の副作用について多少聞いたことがある方も、医師の勧めで服用しているケースも少なくありません。ホルモン補充療法はメリットとデメリットがあり専門家の間でも様々な意見がありましたが、最近の研究で様々な問題があることが発表されました。

”2002年7月、アメリカ国立衛生研究所は、エストロゲンとプロゲステロンを併用するホルモン補充療法は、メリットよりデメリットが大きいとして、進行中の臨床研究を中止する事を決定し、対象者にホルモン服用を中止するよう指示しました。今回の研究結果から、平均5.2年間の服用で、脳梗塞が41%増加、心筋梗塞が29%増加、エコノミークラス症候群などの静脈血栓症が2倍に増加、乳癌が26%増加、大腸癌が37%減少、骨折が24%減少することがわかりました”

この研究は、現在まで行われたホルモン補充療法の効果を調べる研究の内で、最も確かな研究といわれています。この報道をみると、ホルモン補充療法は確かに骨粗鬆症に対して効果がありますが、副作用の恐ろしさを改めて考えさせられます。

このようなことを考えると、更年期障害には副作用の少ない漢方療法が最も適しているといえます。漢方医学では個々の体質や症状にあわせて、補腎薬、疎肝薬、活血剤などを上手に組み合わせます。よく使われる漢方薬としては、婦宝当帰膠加味逍遥散桂枝茯苓丸二至丹杞菊地黄丸瀉火補腎丸天王補心丹参馬補腎丸ビタエックスなどがあります。
更年期障害には上記の漢方薬を体質に合わせて服用すると大変効果的ですが、現在ホルモン剤を服用している人は、急に中止すると、リバウンド症状が出る恐れがありますので、いきなり中止するのではなく、しばらく漢方薬と併用し、徐々に減らして中止していくようにしましょう。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

漢方薬解説「板藍根」

皆さん、こんにちは。漢方薬解説第61弾は「板藍根」です。

板藍根はアブラナ科ホソバタイセイの根を乾燥した薬草です。性質は寒性で苦味があります。清熱涼血解毒の効果があり、中国では瘟疫(インフルエンザや日本脳炎などの伝染病)の高熱や猩紅熱、咽喉炎などに使われてきました。
現代の薬理研究では、抗ウイルス作用・抗菌作用・解熱消炎作用・免疫増強作用などが認められています。
日本では飲みやすい顆粒タイプの「板藍茶」や「板藍のど飴」が発売されており、大変好評です。

板藍茶

板藍のど飴

板藍根の薬理作用で面白いことは、抗菌・抗ウイルス・解熱消炎という作用がありながら、免疫を増強するという双方向の作用があることです。実際、私の店では板藍根を飲み続けたら風邪を引きにくくなったという方がいます。板藍根は免疫双方向性作用があり、体質に合えば長期使用しても大きな心配がありません。ですから、中国の家庭や学校では、風邪やインフルエンザが流行する時期に板藍根を煎じて飲んだり、うがいをすることが常識になっています。まさに昔の人が経験で発見した「天然の抗ウイルス薬」といえます。

さて、ご存知のように先月から新型インフルエンザが流行しており、多くの方が心配されていると思います。インフルエンザは空気感染ですので、学校や公共機関、スーパーやデパートなど人が多く集まるところでは常に感染の可能性があります。国立感染症研究所の調べでは、10月上旬にピークが訪れ12月上旬には終息すると予想しています。
新型インフルエンザの毒性はそれほど強くないといわれていますが、死亡例も出ています。健康な方はあまり心配することはないのですが、子供や高齢者、糖尿病や腎臓病などの持病をお持ちの方は注意が必要です。
厚生省ではインフルエンザに対して予防を呼びかけています。インフルエンザワクチンが話題になっていますが、有効性に疑問がもたれており、少なからず副作用もありますので、過度の期待は禁物です。
まずは十分に休養をとり、食養生を行い、過労やストレスを避けて、体力や免疫力を高めることを心がけましょう。インフルエンザは鼻や咽喉などから飛沫感染しますので、外出時はマスクをして、できるだけ人ごみを避けるようにします。帰宅後はしっかりと手洗い、うがいを行うことが大切です。
さらに「板藍茶」を内服やうがいに使い、「板藍のど飴」を時々舐めるとかなり効果が上がります。「板藍茶」は60包入で4830円、120包入で6930円になります。「板藍のど飴」は12粒入で378円、80粒入で1890円になります。

もしインフルエンザにかかってしまったときは、天津感冒片或は涼解楽+板藍茶+白花蛇舌草の組み合わせを飲むと大変効果的です。

新型インフルエンザの流行が終わっても、12月になれば季節性のインフルエンザが流行する可能性もあります。板藍茶や板藍のど飴」、涼解楽などを常備薬として薬箱に入れておくことをお勧めします。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

Yonda?パンダ・ぬいぐるみ

皆さん、こんにちは。

パンダコレクション72弾は、「Yonda?パンダ・ぬいぐるみ」です。

Yonda?パンダは新潮社のキャラクターグッズです。すっかり定着して、書店ではお馴染みになりました。キリン生茶パンダやアジパンダ、Yonda?パンダなど大手企業もパンダをキャラクターにするようになりました。パンダファンとしては嬉しい傾向です。

Yonda?パンダ・ぬいぐるみ

今回紹介するぬいぐるみはテディーベア風で手足が動きます。
Yonda?パンダのシリーズは新潮社の本を読んで、懸賞を応募するともれなくもらえます。懸賞には申し込まなかったのですが、いつものようにYahoo!オークションで落札しました。

さわり心地もよく、とても良く出来ています。表情もかわいいです。
レジ横のパンダコーナーでお客様をお迎えしています。

テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

不妊症と年齢⑥

皆さん、こんにちは。

漢方薬は体を傷めることなく自然治癒力を促し、卵巣、子宮、全身の細胞を活性化する自然療法です。社会環境が悪化して、様々な有害物質に囲まれている私たち現代人にとって、漢方薬は最適な治療法の一つといえると思います。前回のコラムで卵巣機能の低下にビタエックス海精宝参馬補腎丸などの補腎薬が効果的なことをお話しました。年齢が上がると卵巣機能が低下してくることは避けられないことですが、漢方薬を適切に使うと卵巣機能が回復して、年齢以上に若返ることがあります。漢方医学の古代からの最大のテーマは「抗老防衰」であり、現代の言葉では「アンチエイジング」といえます。ビタエックスや海精宝、参馬補腎丸などの補腎薬は「アンチエイジング」の代表的な漢方薬で、とてもよい効果があります。

さて、「アンチエイジング」の漢方サプリメントとして「紅沙棘(ホンサージ)」が効果的です。紅沙棘はチベットの秘薬「沙棘」から取れる、良質なオイルです。紅沙棘にはビタミンE、ビタミンA,Dそして野菜の数倍に達するβーカロチン、さらに抗酸化作用の強いパルミトオレイン酸やミネラルが豊富に含まれています。漢方医学では赤いものは血を養うという考えがありますので、赤いカプセルの紅沙棘は良質の血液を養うこともできます。同時に良質の沙棘オイルは、体内の悪い脂を除く「デトックス」効果も期待できます。つまり、全身の陰血を養う(滋陰養血)と同時に悪い脂を除く(化痰降濁)、双方向性の効果が期待できるわけです。
不妊症に対しては、子宮や卵巣の機能を高めて良質の卵子や子宮内膜を作る目的で使っています。また、抗酸化作用が強いので、免疫不妊の方には流産防止のために使うこともあります。

漢方医学には「望診」という考えがあります。外見から内臓の状態を予想する方法です。お肌が若い方、考え方が前向きな方は、子宮や卵巣の状態も良いことが多いようです。紅沙棘は「美肌オイル」とも言われており、美容効果にも優れています。まさに女性のための製品といえます。

私は周期療法を行う際には、体質や生理周期を考慮して、補腎薬や紅沙棘を適宜配合しています。病院の検査でエストロゲンやプロゲステロンの分泌が良くなったり、FSHが下がることもあります。また、体外受精を行う方に補腎薬や紅沙棘を使うと採卵数が増えたり、卵子の質が良くなることもあります。つまり、補腎薬や紅沙棘などのアンチエイジングの漢方薬によって、卵巣機能が改善しているといえます。
漢方薬が多くの方の福音となることを願っています。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

漢方薬解説「蘇子降気湯」

皆さん、こんにちは。漢方薬解説第60弾は「蘇子降気湯」です。

蘇子降気湯は宋の時代の代表的な方剤集である「和剤局方」を出典とする漢方薬です。
日本では「平喘顆粒」という名前でイスクラ産業より発売されています。

平喘顆粒

平喘顆粒の効能効果は「足冷えのある人の慢性気管支炎で多少呼吸困難の傾向のあるもの」です。

平喘顆粒は降気化痰、止咳平喘の紫蘇子・半夏を主薬として、前胡・厚朴・陳皮が主薬を補助します。さらに温腎納気の肉桂、養血補肝の当帰で下虚を補います。生姜・大棗・甘草で調和します。
以上の配合で上実(寒痰壅肺)下虚(腎陽不足)の病態を改善することができます。

平喘顆粒は降気化痰、止咳平喘の力に優れていますので、慢性気管支炎、喘息、肺気腫、気管支拡張症などで白或は透明の痰が多い方によい効果があります。ただ、痰が少ない方や痰が黄色い方には証が合いませんので、注意が必要です。
また、腎陽を補う効果もありますので、足が冷える高齢者により効果的です。ただ、年齢に関係なく下肢が冷えて白い痰が多いタイプでたら、良い効果が期待できます。

漢方医学には脾は生痰の源、肺は貯痰の器」という言葉があります。つまり痰が多いかたは胃腸の働きが弱っていることが原因(源)であるという考えです。上記の証で食欲不振や下痢・軟便がある方は、六君子湯参苓白朮散補中益気湯などを併用すると効果的です。
また、下肢が冷えて頻尿、夜間尿、腰痛などの腎陽虚がひどい方は、八味地黄丸牛車腎気丸双料参茸丸参馬補腎丸などを併用すると効果的です。

平喘顆粒は90包入で9240円になります。
平喘顆粒は「下肢が冷えて白い痰が多い方の気管支炎、喘息に効果的な漢方薬」です。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。