元気パンダの漢方日記
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、漢方医学の知見や日々の出来事、趣味のパンダコレクションの紹介をするブログです。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日で年内の営業が終了です。

皆さん、こんにちは。

今年の5月からはじめた「元気パンダの漢方日記」も、おかげさまで最近
はアクセスが増えてきました。皆様のご愛顧に感謝いたします。

本日、年内の営業が終了しました。

来年も有益な漢方情報やパンダコレクションをアップしていきますので、
よろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

バルーンパンダ

皆さん、こんにちは。今年もあとわずかとなりました。
今日はパンダコレクション第24弾です。
12月24日に家族でリゾーピア箱根に泊まりました。リゾーピア箱根では
毎年クリスマスパーティーを企画しています。今回のゲストは、バルーンの
世界チャンピオンのマジカルトムさんでした。各テーブルを回って、即興で
希望のパルーンを作ってくれます。私のテーブルに来たときに、私の娘が
パンダをリクエストしました。(親のコレクションを理解している娘です・・・)
パンダをリクエストされたことはあまりなかったようで、一瞬戸惑っていました
が、さすがは世界チャンピオンです。即興で作ってくれました。

マジカルトム


上の写真は、バルーンで作っているところです。

バルーンパンダ


そして、上の写真のパンダができました。”チョイ悪”のパンダです。

今日はまだ相談コーナーにいますが、少ししぼんで、一回り小さくなって
しまいました。でも、年内は相談コーナーに飾れると思います。

マジカルトムさん、楽しい作品をありがとうございました。

アレルギーの漢方治療(子供のアトピー)

皆さん、こんにちは。マイドゥーコラム第9弾は2001年11月号の「子供のアトピーについて」を加筆訂正したものです。

アトピー治療で有名なある漢方医師は「治るアトピー」「治っても良いアトピー」「治らなくても良いアトピー」があるといっています。このことについて今回と次回の2回に分けて解説してみたいと思います。私は「治るアトピー」は乳幼児のアトピーを指しており、「治っても良いアトピー」は学童~思春期のアトピーを指していると考えています。以下にその理由をお話したいと思います。
まず、乳幼児のアトピーについては漢方薬による体質改善、離乳食の注意、スキンケアや入浴剤などを適切に使うと、ほとんどのケースで改善が見られます。つまり「治るアトピー」といえます。
漢方治療のポイントは胃腸をしっかりさせることにあります。この時期はアトピーと脂漏性湿疹の区別が難しいので、ステロイド軟膏などの副作用がある薬は必要最小限にとどめる方が望ましいと思われます。生後3~4ヶ月くらいから漢方薬は服用することができます。
次に学童~思春期のアトピーについてですが、体質と皮膚症状をきちんと判断して正しい漢方治療を行うと多くのケースで改善が見られます。
漢方治療のポイントは急性期と慢性期に分けて漢方薬を使い分けることにあります。急性期は様々な原因で皮膚に急性の炎症がおきる状態を指しますが、ステロイド軟膏を急に中止してリバウンドが起きたときも急性期の治療に準じます。皮膚の赤みや浸出液の量を見極めて炎症のレベルに合わせて漢方薬を使い分けると通常2週間~1ヶ月でひどい炎症は治まってきます。慢性期は急性期に比べて炎症は少ないですが、乾燥肌が問題になります。胃腸の状態に気を配りながら皮膚を潤す漢方薬を使っていくと徐々にかゆみも改善して、皮膚の状態も良くなっていきます。つまり正しい治療法を行えば「治っても良いアトピー」といえます。正しい食生活とスキンケアを行い、寝不足に気をつけることが大切です。

漢方薬解説「牛黄清心丸」

皆さん、こんにちは。漢方薬解説第12弾は「牛黄清心丸」です。

牛黄清心丸は日本では数社から発売されていますが、当店では日水製薬
から発売されている「日水清心丸」を扱っています。

牛黄清心丸①


日水清心丸の効能効果は「次の場合の滋養強壮:虚弱体質、肉体疲労、
病中病後、胃腸虚弱、食欲不振」です。
日水清心丸は有名な北京同仁堂で作られており、品質管理、信頼性で他
の追随を許さない最高品質の製剤です。また、主成分の牛黄の含有量が
1丸で497.4mgと多いことも特徴です。
牛黄は高貴薬として中国、日本ともに古来より使われてきています。主な
効果は強心作用、鎮静作用、鎮頸作用、解熱作用、降圧作用、利胆作用
などがあります。
気血を補う人参、山薬、当帰、芍薬、阿膠などを配合して、滋養強壮・強心
効果を高めています。さらに、血行を良くする川弓、桂皮と鎮静・鎮頚作用
のある羚羊角を配合しています。
牛黄の品質が良いことやバランスのよい配合で、慢性疾患(特に脳疾患と
心臓疾患)で症状がなかなか改善しない人に、著効を示すことがあります。
慢性疾患では、1日1丸~3丸を1ヶ月を目安に服用すると、良い効果が
得られると思います。また、1丸を頓服すると、一気に疲れが解消します。
疲労回復効果は栄養ドリンクの比ではありません!

牛黄清心丸は金箔で包まれた、直径約2cmの黄金の丸薬です。

牛黄清心丸②


口の中で噛んで、食べるととても良い効果があります。
日水清心丸は、今まで何をやっても何を飲んでもダメだった方にお勧めです!

テディーベアのパンダ

皆さん、こんにちは。今日はパンダコレクション第23弾です。

小島薬局にテディーベア作りの教室に通っているスタッフがいます。私のパンダ
コレクションを知っていて、テディーベアのパンダぬいぐるみを作ってくれました。

テディーベアのパンダ①


親子のサイズが絶妙で、とてもかわいくできています。笹も手作りです。
親パンダの作りもしっかりしています。

テディーベアのパンダ②


完全に手作りのオリジナルで、世界に一つだけのぬいぐるみです。
作者の愛情がこもったテディーベアのパンダも、お客様の回復を願っています。

アレルギーの漢方治療(治療経験)

皆さん、こんにちは。マイドゥーコラム第8弾は2003年11月号の「中国漢方とアレルギー③」を加筆訂正したものです。

前回のコラムで一貫堂医学と中国医学を融合させるとアレルギー疾患の治療によい効果があることをお話しました。一貫堂医学の毒素を排泄する方法と中国医学の五臓を調節して気血の流れを調節する方法をうまく組み合わせると、症状の改善と同時に体質改善を行うことができます。一貫堂医学では体質を解毒証体質、臓毒証体質、血証体質の3つに分けていますが、特に解毒証体質と臓毒証体質がアレルギー疾患に深く関係しています。
解毒証体質は小児の頃からアレルギーを繰り返す体質です。従来は成人になると丈夫になり治っていたのですが、近年は成人になっても治らないケースが増えています。
一方、臓毒証体質は食生活の乱れとの関係があり、肉食や甘いものなどの食べ過ぎて食毒が体内に蓄積している体質です。従来は美食を好む大人に多かったのですが、近年は子供にも見られるようになりました。

それでは、一貫堂処方を使って症状が改善した例を一部紹介します。
5歳のM君は生後6ヶ月からのアトピーです。ステロイド軟膏を使っていましたが、だんだん効かなくなってきました。解毒証体質と判断して荊芥連翹湯に瀉火利湿顆粒をあわせて2ヶ月の服用で症状がかなり改善しました。
20歳のI君はかなりがっちりとした体型です。以前より首~背中にかけて湿疹を繰り返します。臓毒証体質と判断して防風通聖散と瀉火利湿顆粒をあわせて半月の服用でほぼきれいになりました。
20歳のTさんは子供の頃からアトピーです。断続的にステロイド軟膏を使いましたが治りませんでした。最近半年ステロイド軟膏を中止したため顔~上半身がかなり赤いです。解毒証体質と判断して荊芥連翹湯に涼血清営顆粒をあわせて2ヶ月の服用で症状がかなり改善しました。

このように一貫堂医学と中国医学を融合して体質診断をしっかり行い、適切に漢方薬を組み合わせると各種のアレルギー疾患に大変良い効果が得られます。

漢方薬解説「麦味散顆粒」

皆さん、こんにちは。漢方薬解説第11弾は「麦味参顆粒」です。
麦味参顆粒は商品名で、正式な名称は「生脈散」といいます。名前のとおり、心肺機能
を高めて、脈を生じる効果があります。

麦味参顆粒


麦味参顆粒の効能効果は「次の場合の滋養強壮:虚弱体質、肉体疲労、病中病後、
胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え性、発育期」です。
麦味参顆粒は、滋養強壮(補気)の効果に優れる人参を主薬に、麦門冬と五味子を
配合した、シンプルな処方です。麦門冬は心肺の陰液(体液)を潤して補い、五味子
は陰液を収斂して漏らさないようにします。
以上の配合により、麦味参顆粒は心肺の気と陰液を補います。よって、慢性疲労、
動悸、不整脈、心不全、慢性気管支炎、慢性の咳などに効果があります。
また、糖尿病は慢性化すると気陰両虚の体質になる方が多いので、麦味参顆粒は
体質改善に効果的です。
麦味参顆粒は心肺機能が低下している方には幅広く使うことができます。特に暑い
季節やスポーツの後は、汗と一緒に気と陰液(体液)が消耗されます。このような時
はあらかじめ麦味参顆粒を飲むと、脱水や熱射病、心臓病の予防になります。
夏場のゴルフや激しいスポーツの前に、麦味参顆粒を水やポカリスエットなどに溶か
して、少しずつ補給することをお勧めします。

麦味参顆粒は30包入(15日分)で4788円、60包入(30日分)で8663円になります。

麦味参顆粒は「心肺機能を高め、予防から治療まで幅広く使える漢方薬」です。

Yonda?君

皆さん、こんにちは。今日はパンダコレクション第22弾です。
Yonda?君は新潮社のマスコットパンダです。

20071206164759.jpg


このパンダマスコットは非売品で、書店に販促品として配られるグッズ
だそうです。ある書店で見つけて、顔なじみの店員さんを拝み倒して
譲ってもらいました。

今でも週に2~3冊は本を読みますが、今後も興味が向くままに様々な
本を読んで生きたいと思います。
最近は漢方医学の本も読みますが、スピリチュアリズムやチャネリング、
超古代文明、アセンション、宇宙論などの本を読むことが多いです。
一見すると漢方医学とは関係ないようですが、見えないもの(気やオーラ、
霊体など)を大切にするということが共通しています。世の中は見える
ものよりも、見えないもののほうが大切なようです。

パンダコレクションとは違う話になってしまいましたが、Yonda?君は
とても愛らしい顔立ちで、癒してくれます。


アレルギーの漢方治療(総論)

皆さん、こんにちは。マイドゥーコラム第7弾は2003年9月号、10月号の「中国漢方とアレルギー①、②」を加筆訂正したものです。

私たちの身のまわりには、体に合わない食品や環境ホルモン、ダニ,ほこり、花粉などアレルギーの原因になる物質が数多く存在しています。体内の免疫細胞のバランスが取れているときにはアレルギー症状はおきませんが、ストレスや不摂生などにより免疫のバランスが崩れると、過剰な反応が起きてアレルギー疾患になると考えられています。アレルギー疾患は数多くありますが、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、喘息、花粉症などが広く知られています。
アレルギー疾患は皮膚粘膜の抵抗力、腸管や胸腺の状態、自律神経のバランスが関係が深いと考えられています。
漢方医学(中医学)で考えると、皮膚粘膜の抵抗力は衛気、腸管の状態は脾気、胸腺の状態は腎精、自律神経のバランスは肝気と関係があります。また、漢方医学では「血液が良く流れると風(アレルギー)は自然に消滅する」という考え方があります。つまり五臓の働きが健全で血液がサラサラであれば免疫のひずみが起きにくく、アレルギー疾患になりにくいと考えられます。
ところで、アレルギー体質の改善という観点からみると、日本で独自に発展した一貫堂(いっかんどう)医学の治療法は大変効果的です。
一貫堂医学ではアレルギー物質が体内で何らかの毒(熱)になり、気血の流れを乱して発病すると考えています。そして患者の体質を①解毒証体質(げどくしょうたいしつ)②臓毒証体質(ぞうどくしょうたいしつ)③淤血証体質(おけつしょうたいしつ)の3つのタイプに分けています。
解毒証体質は、小児期、青年期、壮年期の各年代別に分けて、それぞれ柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)、竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)を使います。臓毒証体質は防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)を使い、淤血証体質は通導散(つうどうさん)を使います。
一貫堂医学では、外見や症状から、解毒証体質、臓毒証体質、淤血証体質のいずれか(混合型もある)を判断して、上記の5つの漢方薬を自在に組み合わせて、排毒(デトックス)を主とした治療をします。
私のアレルギー疾患の漢方治療は、一貫堂医学と中医学を融合させて体質診断を行っています。一貫堂医学の5処方で排毒して、中医学の考え方で五臓のバランスを整えると、大変良い効果があります。
西洋医学ではアトピー性皮膚炎は皮膚の病気としてステロイドなどの外用剤で治療することが多いですが、慢性に経過すると効果がないばかりか副作用が出ることもあります。
アトピー性皮膚炎やアレルギー疾患は体質の異常による病気と考えて、正しい食生活と上記のような漢方治療による体質改善を行うことをお薦めします。


閲覧パンダ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Author:元気パンダ
国際中医師の資格を持つ薬剤師が、日々の漢方相談で感じたことを通じて、正しい漢方医学の知識の普及を目指しています。また、趣味で集めているパンダコレクションも紹介する、楽しいブログです。
■ご感想・お問合せはこちら
 panda@kojima-y.com

最近の記事

最近のコメント

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

その他の言語 Ver.2

携帯でもパンダ!

QRコード

ランキング!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。